陰口を 叩く輩は 醜いよ2014年10月01日 23時29分55秒

帰りの電車で大きな声で話している女性二人組が居るのだけど、会話の内容が馬鹿げていて聞いているだけで少し苛ついてくる。
話の内容は相手によって態度を変える人が気に入らないらしく、計算高いだの何だのと文句を付けているのだけど、耳障りなこと極まりなくて苛々とさせられた。
相手によって態度を変えるというのは当たり前の事であって、貶されるべきは陰口を叩いている奴等の方だろう。

見た目や何かで贔屓する輩も実在するので一概に言えないけれど、俺は件の陰口を叩いていた連中に何も任せたいと思えないし、仕事を一緒にしたいとも考えられなかった。
何よりも「○○さんを信用しているから、こんな話をするんですよ」との言葉を聞いた瞬間に関わりたくないと強く感じた。
この発言は要するに他人を出汁に使って取り入っているわけで、相手によって露骨に態度を変える人は一個人として動いているのに対して、他者を利用する卑しさの分だけ質の悪い行為に思える。

相手に寄って態度を変えるという行為も露骨すぎれば褒められた行為でないけれど、周囲から非難の目を向けられる事を覚悟してやっているのだから少なからず好感を持てる。
他人からよく見られたいと思う事は何ら間違った発想でもないし、極論を言うなら服装や化粧に拘るのも良く思われたいが故の行動となるわけで、毛嫌いするというのはどうにも納得できない。
結局のところ、ただ嫉妬しているだけなのでないかとさえ思えてきて、とにかく聞こえてくる会話から滲み出る卑しさが気持ち悪かった。

回復の 兆しに掛かる 不安かな2014年10月02日 23時58分11秒

体調不良で作業の遅れが目立ってきている影響もあり、今日は焦りが良い刺激となったのか集中力が持続してくれた。
それでも積み重なった遅れは易々と挽回できるほど軽くなくて、明日も今日と同じくらいに頑張りたいのだけど、車内に隻を繰り返している乗客が目立っているので不安になる。
ただでさえ体力が落ちている影響から免疫力も低下していると予想されて、口元をハンカチで覆う程度の気遣いも出来ない連中は公共交通機関へ乗らないでほしい。

そんな小言を漏らしながらの通勤電車は蒸し暑くて、淀んだ感じになっているので窓開けしているけれど改善された気がしない。
それどころか頭が痛くなるなど、悪化しているようにすら思えるから困りもので、天気と同様に体調も安定することを知らない様子だ。
せめて、今週中に大雑把な動作まで完成させてしまいたいので、明日だけでもどうにか持ちこたえてほしい。

欲を言うなら週末にサイクリングへ出掛けての気分転換と体力作りへ出掛けたいし、季節としても紅葉の始まっている頃合いとなるので出掛けてみたいとも思う。
現状で言えば頭痛やら何やらと問題点が多すぎるので難しいだろうけど、ひとまず仕事が終わらなければ休みさえ危うくなるのだから頑張っていきたい。

暑い上 腹の不調で 干涸らびる2014年10月03日 23時41分18秒

先週に肌寒さを感じる日も多かったはずなのに、今日は気温が急激に上昇しての夏日となってくれて、予想以上の暑さに脱水症状を起こしたのかと心配になるほどだった。
暑さに加えて先週から延々と続いている腹痛がさらに悪化して、便通が殆ど液体に変わっているなど胃腸の調子が極限まで悪くなっており、2時間に1回ほど腹痛へ襲われていた。
胃腸の調子が悪かった影響で水分の吸収効率が落ちていたのか、下痢によって余計な水分が消費されてしまったのか、その両方という可能性もあるのだろうが、暑さと腹痛の合わせ技はかなり辛かった。

今週中に一区切りを付けたかった作業も思うように進まず、最後の大詰めへ取り掛かろうかとした辺りから脱水症状を起こし始めて、目が霞んで見えづらくなって回復させようと目を閉じていると寝てしまう。
そんな調子で集中するどころか意識を保つ事さえ難しい状態へ陥ってしまい、予定した作業を完了させられないままでの帰宅となっていた。
本来なら少し残って先へ進めるという選択肢も検討すべきなのだけど、意識さえ保てない状態で居残っても意味が無いので退勤してきたものの、腹痛で順調に帰宅できなくて散々だった。

Toda氏との夕食会では食事を控えめにしようと考えていたはずなのに、そこまでの道のりなどで疲労感が割り増しとなっていたので食べ過ぎてしまい、帰宅後も事ある毎に意識が遠退いてしまう有様で大変だった。
今の現在も居眠りから目覚めてから記事を打ち込んでいるのだけど、既に4回ほど中断して眠っていたりと病的な眠気となっている。

良くないと 分かっているが 食べ過ぎる2014年10月04日 22時54分41秒

先週から崩していた胃腸の調子が昨日に悪化して、便通が固形を保たないほどに緩くなっていた事から不安がっていたけど、今朝は何も出てこない状態となった。
発熱を伴うようなら食中毒など疑うべき症状であったのだけど、今日の時点では腹痛も起きていないので休眠状態へ入っているものと推測される。
この後に便通が戻ってきてくれたら一応の回復となるものと期待したいのだが、その場合に切れ痔を悪化させる危険性があるので警戒態勢となっている。

胃腸が休眠状態にあると理解しながら、消化不良で栄養失調にでもなっているのか普段よりも食欲が強くて、食べ過ぎるくらいになっている事も不安要素の1つとなっているから困る。
明日の食料調達へ向かった際は胃腸の事を気遣ってみたけれど、その直前でToda氏との昼食会で食べ過ぎているから本末転倒で、まずは昼食から気遣いべきだったと呆れるばかりだ。
これで腹痛が再燃してたり回復が遅れるという可能性があると分かっているのに、どうして正しい対処ができないのかと情けなくなる。

体調不良が延々と続いている影響で何事にもやる気が出なくて、何かと理由を付けて怠けようとする傾向が強まっているのが気になる。
ブログの記事を書いている時などは客観視できているのに、実際の活動時間になると動こうという気合いが全て抜けてしまうから困る。
何処かで人格の切り替えスイッチが走っているのでないかと心配になるほどだ。

転た寝で 風邪を引いては また寝てる2014年10月05日 23時11分02秒

今年の最強勢力となる台風の影響を受けたのか、昨夜は予想していた以上に冷え込んだらしいのだが、室温の低下に気付かないまま転た寝していたために、風邪による寒気で目覚める面白くない朝を迎える羽目となった。
今日は台風の影響で天候が良くないと聞いていたので出掛ける予定もなく、腹の調子を気遣っての食料調達も風邪の時に食べたい食材と被っていたので、風邪薬を服用せずに治せるだろうと思ったのだけど甘かったようだ。
考えてみれば、胃腸の不調が数日間に続いている状態で免疫力の低下を心配していたはずで、風邪を簡単に引いてしまった事も弱っている証拠であると考えられたはずだ。
こういった冷静な判断力を失うほどに根の深い風邪だったようで、今日は一日中に寒気と戦いながら時間を潰す無駄ばかりの休日となった。

台風は今日から大きく影響が出ると聞いていたのだけど、当初の予定よりも速度が上がっていないらしくて、明日の朝に上陸する可能性が高くて通勤ラッシュへの影響が懸念されている。
午前中が全般的に悪天候となって交通機関へ影響するなら午後から出勤するのだが、どうやら朝10時頃までに通過していくという予報も出ているから困ってしまう。
つまり、少し遅れる程度で出勤できる可能性が出てくるので、午前の時間を簡単に投げ捨てるわけにも行かなければ、行こうと無理をしても足止めを食らって何もできないまま昼になる危険性もある。
そうならない可能性も十分にあるのだから、無駄足になるかも知れないと言いながら出掛けざる終えない状況に溜息しか出ない。

ただでさえ風邪で憂鬱だというのに、明日の天気を心配して気が滅入ってくるとか勘弁してほしいものだ。

朝夕の 緊迫感が まるで逆2014年10月06日 23時00分56秒

昨日の時点では台風の猛威が朝9時頃から始まるの予測だったのに、朝は雨音を聞いても台風を思わせる力強さが感じられなかった。
夜中に雨足が強まった時間帯を知っていたが、台風の上陸を思わせる勢いもなければタイミング的にも有り得なかった。
そうとなれば予測よりも台風の到達が遅れているとしか思えず、テレビを見てみれると予想より遙か西を進行していて、東京都内が暴風圏内に入るのに猶予まであった。
当然のように空の便と沿岸を除いた鉄道の殆どは動いていて、頑張って通勤せざる終えない状況となっていた。

仕方ないので雨の弱まる時を待ってから自転車で走り出して、ズボンをずぶ濡れにしながらも予想よりも少ない被害で駅まで辿り着いた。
雨足の弱まる時間帯を捕まえられた事に加えて、突風に吹かれる事も殆ど無かった故だろう。
ホームの混雑や電車の遅延を心配していたのに、一般通勤客は早めに行動したらしく普段よりも空いていて。電車も一部の直通電車に行き先変更があるものの時刻表通りに運行していた。
そんなわけで出勤時はズボンが濡れた程度の被害だけで済んで、台風が接近している状況下と考えれば楽な移動だった。

会社へ到着して濡れたズボンを穿き干ししながら作業をしていた正午頃、雨足と共に突風が吹き始めたので台風がきたのだと思ったのも束の間で1時間と経たずに沈静化していた。
俺の周囲に関して言えば、前宣伝が派手だった割に猛威を殆ど感じられないままに終わっていて、ズボンや靴が濡れていなければ台風の直撃が危惧されていた事さえ忘れてしまいそうだった。

秋なのに 2匹も湧いた 蚊の始末2014年10月07日 23時19分38秒

昨夜は肌寒いくらいの室温だったのにも関わらず、日付の変わった時刻になってから蚊が湧いて、耳障りな羽音を立てながら近付いてきた。
今年は早々と虫除け対策を始めていた事もあって、自室で蚊に遭遇していなかったのに秋の気配が色濃い夜に襲われるとは思いもしなかった。

室温が低いだけに長袖を着ていたので首から上しか食い付けないらしく、肌に触れる感触と羽音から狙いを定める俺にとしては狙いやすい相手だった。
そのため、羽音を聞こえてから1分も経たない内に叩き潰して、これで耳元を煩わされる事もなく寝付けると就寝した。
しかし、この時季外れに湧いた蚊は2匹目がいたらしくて、寝付けないともがいている間に腕や手の甲を3ヶ所も食われてしまう。
この2匹目は寝ようとしていた所で襲ってきたから反応が追い付かず、追い回すのも面倒になったので窓を全開にして冷たい夜風を室内へ流し込み、動きが鈍るの待ってから叩き落とした。

元より寝付けないのに煩わしい羽音が飛び交っている状況では、眠れるはずもないと開き直っていたので、蚊の動きが落ちたのか打撃速度が上がった故なのか不明だった。
それに寝付けなかった原因も軽い脱水症状による火照りであると判明したので、水分を補給すると同時に喚起で室温を下げてから就寝した。

この時は深夜3時を過ぎていたので嫌な予感がしたけど、今朝は当然のように寝不足で頭痛の起きる一歩手前と状態だった。

あれこれと 出費が嵩み 限界か?2014年10月08日 21時22分09秒

ここ数日の朝晩は肌寒く感じられるようになってきたので、サイクリングウェアも冬用を用意しようか否かと迷っていた。
そんな時に欲しかったフィギュアがセールで値下げされていて、思わず食指が伸びたついでにウェアも購入した。
実際にどれほどの頻度で走れるのか不明だけど、気分の向いた時に寒さで動けないというのも面白くないので、ひとまず準備だけでもしておこうと決断しての購入だった。

サイクリングウェアは発汗性など性能の優れた素材を使っている故に高くて、夏用の半袖と重ね着するタイプで節約しよう考えたけど思うような品が少なくて、品選びに四苦八苦する羽目となった。。
タイツは夏用との重ね着を前提としたバッド無しがあったけど、ジャージは思うような品がなかったので諦めて普通にジャージを追加した。
性格には重ね着する用のインナーもあったけど安くなくて、普通に冬用で1着を用意する方がよいと判断した。

そんなこんなで2万円ほど出費する事となったのだけど、今日は朝方に定期券の更新手続きで9万円ほど支払っているため、クレジットカードの利用限度額が心配になってきた。
現金の持ち合わせもなくて困るなんて場面には遭遇しないけど、レジで利用できないと恥ずかしい上に怪しまれるので、そういう状況を避けたいものである。

あれこれと 出費が嵩み 限界か?2014年10月09日 01時16分15秒

ここ数日の朝晩は肌寒く感じられるようになってきたので、サイクリングウェアも冬用を用意しようか否かと迷っていた。
そんな時に欲しかったフィギュアがセールで値下げされていて、思わず食指が伸びたついでにウェアも購入した。
実際にどれほどの頻度で走れるのか不明だけど、気分の向いた時に寒さで動けないというのも面白くないので、ひとまず準備だけでもしておこうと決断しての購入だった。

サイクリングウェアは発汗性など性能の優れた素材を使っている故に高くて、夏用の半袖と重ね着するタイプで節約しよう考えたけど思うような品が少なくて、品選びに四苦八苦する羽目となった。。
タイツは夏用との重ね着を前提としたバッド無しがあったけど、ジャージは思うような品がなかったので諦めて普通にジャージを追加した。
性格には重ね着する用のインナーもあったけど安くなくて、普通に冬用で1着を用意する方がよいと判断した。

そんなこんなで2万円ほど出費する事となったのだけど、今日は朝方に定期券の更新手続きで9万円ほど支払っているため、クレジットカードの利用限度額が心配になってきた。
現金の持ち合わせもなくて困るなんて場面には遭遇しないけど、レジで利用できないと恥ずかしい上に怪しまれるので、そういう状況を避けたいものである。

好き好きは 人それぞれに 色々と2014年10月09日 23時19分22秒

オタク文化に関してのみ可愛いモノを愛でる事が異常と見なされて、犯罪者予備軍と言われるのは何故なのだろうか。
空想の産物へ向けられる愛情は実ることがなく、満たされない故に暴走する危険があるとか言い出すのだろうか。
実る事がないと言えば、テレビに出演している俳優やアイドルへ熱狂しても、その想いは届いたとしても大勢の内にいる1人でしかなくて自己満足しか得ないわけで、同じレベルでしか幸福感に留まるはずだ。
それなのに二次元へ向けられる感情のみ危険視されるのは何故なのだろうか。

俺に言わせれば、アイドルや何かに熱狂している人達の気持ちも理解できるけど、気持ち悪いと感じる部分も少なからずある。
その感情を表に出すつもりもなければ、そこから軽蔑したりする事はないと断言できる。
全ての趣味や趣向を理解できるなんて思っていないし、蓼食う虫も好き好きという諺もあるように、人それぞれに色々な好き嫌いがあるのだと納得している故だ。
趣味から外れてしまうが、恋人もできそうもない人が結婚していたりするわけで、色々な形の好みがこの世はに存在する。 

結婚できて当然の完成された人間なんて殆ど居なくて、大抵が特殊な好みで結び付いたのだろうと推測される。
つまり、殆どの人が何らかの特殊な好みを持っている事になるわけで、人様の趣味を毛嫌いする行為は自分を棚に上げている愚かしい事だと感じる。
変わった趣味が研究に結び付いて、有用な発明を生む事だってあるのだがら、人の好き好きに文句を付けてくれる行為は実に無意味だと感じる。
それに何よりも満足できずに欲求不満を募らせると決めつけてほしくない。

今の有り得る範囲で満足できないと言い出す輩はオタクでないし、欲求を満たすために動く奴等も似て非なる者である。
アイドルを見ているだけで満足できなくなったり、欲求を満たすために近付くなんて輩の至る先はストーカーか強姦といった犯罪者で、犯罪者予備軍がオタク趣味に多いとする事も盲目的な発想だ。
結局は何となく目に付いたから叩きたい、そういう対象としてオタク趣味がやり玉に挙がってしまっただけなのだろう。