ワイヤーで 絡めて剥がす 耳掃除?2019年10月07日 21時47分38秒

俺の耳は耳鼻科医に診せると酷い状態らしくて驚かれるのだけど、続いて聴力検査を行うと聴力が維持されている事を不思議がられる。
口に出して言ってくる医者は居ないけれど、今よりも聴力が半分ほどに低下していても不思議じゃないそうで、悪い状態ながら奇妙なバランスで安定している。

この奇妙なバランスを崩さないために耳への刺激が厳禁とされていて、耳掃除も粘膜を傷付けるからと禁止されている。
しかし、耳垢が出るし、痒くなる時もあるので禁止令を完全に守れているわけでない。
それでもできる限り負担を掛けないよう心掛けてるのだけど、主治医に弄らないようにと指摘されてしまう。
もっとも痒くなるのだから仕方ないと言われるけれど、できる限りに我慢するよう言い渡されている。

せめて、耳への負担が軽そうな柔らかい綿棒を探してみようと思い立って、ドラッグストアを巡っていた時に一風変わった耳掻きを見つけた。
耳掻きの匙となる部分が3本のワイヤーで作られていて、耳垢に絡むようなしなり方をする事から、少ない力で粘膜へ負担を掛けずに掃除できるという。
価格が千円弱と耳掻きとして高い部類だったけれど、気になったので購入してみたら予想よりも良い品かも知れない。

まだ主治医へ診せていないので実際の良し悪しを断言できないけれど、本人の感触としては確かに少ない力で綺麗にできている。
初めての耳掻きなので長さや角度など掴めずに、位置合わせのつもりで耳へ入れてみたらパリパリと聞き慣れない音が聞こえて、怖くなって見てみると大物の耳垢が確保されていた。
耳掻きをしている意識すらない力加減だったのに、過去最高クラスが取れたのだから驚くなと言う方が無理な話だ。

先述の通りに耳掃除を殆どしない、というかできない人なので取るべきゴミもたくさんあるから、健常者がここまでの体験をすると妖しいけれど、確かに少ない力で大量に耳垢を取ってくれた。
しかし、まだ取れるの出ないかと余計に頑張ってしまった気もするけれど、綿棒に汚れの着かない程度まで掃除できたので頑張る必要がないと確認できた。
これで耳へ負担を掛けずに耳掃除をできるようになったら万々歳だけど、頻度を上げないよう注意する事だけは忘れないようにせねば・・・

被るけど 安く買えれば 悩まない2019年04月16日 23時37分35秒

副業のために必要となるソフトウェアはMicrosoft Wordを購入する事に若干の抵抗感を持っていたのだけど、ポイントカードで安く買える可能性に気付いて寄り道してきた。
結果として3千円の出費で購入できると判明したので、悩むまでもないと判断して購入して帰ってきた。

ワープロソフトなら一太郎の方が好みに合っているし、自宅にインストールしてあるのだけど、発注元がWordを指定しているので致し方なかった。
一太郎にWord形式で保存する機能が実装されているけれど、左目の手術を受けて以降に使用頻度の低下が予想されるからと、最新版への更新を止めていた影響もあってから、互換性が確保されていなかった。
正確には校正作業で書き込んだ情報の一部が欠損してしまい、納品物として不十分な状態へ陥ると確認されたので、諦める他になかった。
最新版へ更新すれば互換性の向上も期待できるのだけど、一太郎を愛用している友人を知らないので実験しようもなく、更新してみても必要な情報が欠落したら無駄な出費となってしまう。

こういった問題をあれやこれやと考えるくらいなら、余計な事を考えずにWordを購入した方が確実だと判断しながらも、出費をできる限りに抑えたい心情も捨てられずに揺れていた。
それがポイントカードで安くなると分かったら悩むまでもなくて、早速に購入してきたという次第だ。

手袋の 防寒性を 強化する2019年01月15日 23時25分49秒

自転車を走らせている時に雪の降る中でも汗を掻く体質なので、春秋物で薄手のコートを冬でも着ているのだけど、手袋も別の理由から比較的に薄手の物を使用している。
手袋に関してはハンドルから伝わってくる振動を読み取れないと、予定の進路を外れた時に気付けない恐れが出てくるため、感触の邪魔にならない厚さに制限して品選びをしている。

その結果が薄手となるのだけど、サイクリング用の手袋として裏と表の厚みを変えて握りやすさを保ちつつも、防寒性能を向上させた品を見つけたおかげで以前より暖かくなっている。
しかし、ここ最近は長く使っている影響で劣化して新品の時ほどの暖かさがなく、以前に探した時は品切れだったインナーグローブを改めて検索してみると、今度は在庫ありと表示されていたので注文してみた。

インナーグローブは手袋の下に着用する薄手の手袋を指して、裏地として使われる素材だけ別売りで追加する感じになる。
これなら新調しなくても防寒性能の向上を図れる上に、使用感も大きく変えずに済むはずと期待するも、ここ2年ほど思い出して探しに行くと品切れとなっていた商品だ。

探していた反面でレビューを見ると微妙な事も書かれていて、若干の不安もあったので過度の期待をしないよう努めて、商品の到着を待ち望んでいた。
そして、今日の帰り道で初めてつ買ってみたのだけど、劇的に暖かくなるほどでないもの、使用感を損ねずに新品時代より一段ほど上の防寒性能を発揮してくれた。
レビューで見た微妙な評価は単純に手袋のサイズが大きすぎて、密着していないせいで本来の性能を発揮できない状況でないかと推測していたのだが、どうやら正しかったようだ。

俺の使用した感じだと、今まで指先から極端に冷たくなる所が広い範囲に冷たさの拡散する感触となって、点でなく面で寒さを受け止めている印象となった。
結局は指先が最も冷えるという状況に変わりないのだけど、痛みを感じるほどの悴まずに済んでいるので十分だった。

それに何よりもインナーグローブを装着すると、手袋へ直接に触れないので、洗濯の回数を減らせて劣化防止にも役立ってくれそうだ。

ストーブを ファンヒーターへ 変えますよ2018年12月18日 23時32分42秒

俺の自室はロフトを増築するために屋根裏が潰されていて、普通よりも天井が高くて斜めという形状であるため、エアコンの効きが良くない。
ロフトは寝床として使っているのでエアコンが要らないため、上手に仕切ってやればエアコンの活用も可能なのだが、そのためには大規模な模様替えが必要となるので実現していない。
この状態のままだとエアコンを使う気にならないので、一点を暖めるのに向いている灯油ストーブが唯一の暖房器具となっている。
その灯油ストーブも熱が基本的に上へ流れるので、扇風機の送風で調整している運用を行っているのだけど、石油ファンヒーターへ変えた方が手っ取り早いのでないかと思い立った。

石油ファンヒーターは親の実家にあった雪国御用達の高出力が印象に強いけれど、一人暮らし用など手頃な省エネ仕様もあるのでないかと調べてみたら、そちらの方がメインとなっていた。
本来ならリビングも石油ファンヒーターにしたいのだが、父親がストーブの上に洗濯物を干したがるので拒否されるだろう。
万が一の事を考えるとやめてほしいのだが、洗濯物が3時間以内に乾かないと気の済まないせっかちな父親なので、言うだけ無駄というか言い聞かせる労力など考えると億劫になる。
干している間に側を離れないので、最低限の安全が確保されていると妥協するしかない。

どちらにしても自室に関しては石油ストーブに拘る理由の無さに気付いたし、オンタイマーを使えば早朝の寝起きも楽なるはずなのでメリットも大きい。
消費電力も着火時に300Wとあるけれど、その後は扇風機に毛の生えた程度で済んでくれるらしく、PCの起動前に点火すればブレーカーが落ちる心配もない。

現行の灯油ストーブは芯が焼け付いて火力の衰えを感じていたし、思い立ったが吉日と帰りに家電量販店で購入してきた。
選択肢がそれほど多くない事もあって早々に品定めも終わって、幾つか店員に質問もして確定した所で会計へ行くと、ちょうど前日に値下げされていたらしく千円ほど表示価格より安く購入できた。
古いストーブの回収を一緒に頼んだら時間指定のできなくなって、若干に面倒な事となったけれど土曜の到着という運びになった。

一手間が 多くの時を 食い潰す2018年10月06日 23時08分47秒

新規購入したブルーレイレコーダーが今日の午前中に到着する予定だったので、朝一番に配送されたなら気温の上昇する前に片付けられると期待していたけど、実際には正午30分前の滑り込みとも呼べる時刻だった。
もっとも同封されていると思っていたLANケーブルが入っていなくて、慌てて自室を探すも5mの無駄に長いケーブルしか見つからず、ケーブル不足から設置できない状況だった。

そのため、Toda氏との昼食会を終えてから買い物へ出掛ける事となった。
電気屋まで足を伸ばすと他の品も欲しくなる性分であり、電源の取り回しに苦労している上にコンセントへ直結している機器もある事を思い出して、雷サージ付きの電源タップも購入した。
何時かにやろうと思っていた配置換えなので後悔などしていないけれど、乱雑に積み上げられたケーブルを手繰りながら、電源タップへ指していく作業は思いの外に大変だった。
それこそレコーダー設置に伴う作業の半分以上が掃除と電源の取り回しに費やされていて、予想を遙かに超えた大事となって苦笑しながら作業していた。

ブルーレイレコーダー設置に関しては6年前に比べたら機器が良くなっていたので、思いの外にスムーズへ進んでくれたらから助かった。
どちらかと言えば、設定や録画予約を行うメニューの背景色が白となっていて、長時間に見ていると目が痛くなるので黒地へ変えたいのだが、そういった設定項目が見当たらなくて愕然としている。
これから長く付き合う事となるだけに、白地のメニューは避けたいので何か方法がないかをネットで調べるなり、メーカーへ要望するなり行動するつもりだ。

唐突に 録画できずに 買い換えへ2018年10月04日 23時20分30秒

食洗機の導入から間もない今日この頃、ここ3日ほどブルーレイレコーダーの調子が悪くて、録画予約が適切に稼働しない致命的な不具合を起こしている。
フリーズしてのか電源を落としての強制的に再起動しないと動かなかったり、番組表を正しく受信できていないように見受けられたりと、状況を見る限りでは物理的に壊れている可能性が高そうだった。

それに何よりも設定の見直し以外に何の処置もできない機器なのに、録画できないという致命的で死活問題となり得る問題を出しているので、悠長に考察している暇も惜しまれた。
そのため、今日の帰りに池袋へ寄ってきて新しいブルーレイレコーダーを発注してきた。

ブルーレイレコーダーに求める機能など録画以外に何もないので、予算と機能を簡単に見比べての衝動買いに近い勢いでの買い物となった。
決して安い値段でないから新調に選ぶべきなのだが、求める機能も時間も無いので早々に決める格好となった。
それでも現行のレコーダーより容量も同時録画数も増やしたので、奮発した方だと言えるけど、以前なら10万円を超えるスペックが7万円で買えたので満足している。

配送が土曜の午前中となっているので、今日と明日の予約を失敗する可能性が極めて高いのだが、G社長に頼んでNetflixで保管できる可能性が高いので我慢する他にない。
それにしても出費というのはどうしてこうも重なってくるのだろうか。

食洗機 購入向けて 動き出す2018年09月09日 22時00分29秒

今日は食洗機の購入へ向けての動きを始めるため、午後から池袋まで出向いての品選びや見積もりの手配など行ってきた。
正午前に自宅を出るつもりでいたのだけど、病み上がりを思わせる気怠さが残っていた事もあり、踏ん切りの付かないまま時を無駄にしてしまった。

今日は快晴と呼ぶに相応しい青空が広がって見た目に快適な空模様なのだが、風が強めに吹いていたので自転車のペダルが非常に重たくて、気温とは別の理由で大量の汗を垂らしながら電車へ乗り込んだ。
幸いにして冷房が控えめだったので体を冷やさずに済んだけれど、ここまで派手に息を切らせると思っていなくて、少しばかり運送不足が過ぎるのかも知れない。

食洗機の商品選びは良くも悪くも主要メーカーが1つしかない上に、我が家では直径25cmの皿を頻繁に使用するため、5人用とされるサイズを選ぶ他になかった。
来月辺りに新商品が出るので待つか否かという話題も出たのだけど、追加機能が一日分の食器をまとめ洗いする家庭向けの殺菌機能などで、今一つ欲しいと思えないので現行品にした。

来週に見積もりを受けて、再来週に設置という流れになったのだけど、新商品の話が出ている事から在庫切れとなる恐れがあるそうで、ひとまず商品代金だけ先に支払う格好となった。
見積もり前であればキャンセル扱いもできるとので深く考えていないのだけど、どちらかと言えば父親が変な拘りから使わずに水道の無駄遣いを続ける恐れの方が大きい。
その危険性を考えると手続きの進むに連れて、どうしようもない不安に駆られて心臓が悲鳴を上げそうになっていた。

ここ最近の体調不良の原因は食洗機に絡む面倒と不安によるストレスなのではないと思えてきた。

暑さから 逃げるついでに 敷き布団2018年08月25日 21時06分28秒

今日は台風の運んできた南の暖気が入ってくる影響で酷暑へ逆戻りする予報となっていて、朝10時頃から急激に温度が上昇し始めたかと思えば、正午に室温36度を今年の最速ペースで越えていった。
昼13時からToda氏との昼食会が予定されていたので、昨日に苦しんだ質の悪い鼻風邪を気にしていたけれど、室温36度まで行くと熱消毒されたように沈静化してくれた。
それはそれで有り難い事なのだが、俺自身へのダメージも大きいので単純に喜べる状況でもないが、酷暑の中で風邪の苦痛まで味わう羽目とならずに済んで良かった。

昼食会を終えて外へ出ると、店内に居た1時間ほどの間にあった明らかな気温上昇を感じられて、自室がどれほどの暑さになっているのか想像すると帰りたくなくなった。
出掛ける際に父親がリビングのエアコンを稼働させていたので、自宅で暑さを凌ぐ術も確かにあるのだが、リビングに居たとしてゲーム以外にする事を思い付かなかった。
それに幾つか先延ばしにしている買い物もあるので、電車と店内の涼を求めつつ遠出する方を選択した。

本来であれば明日の午前中からのんびりと出掛ける方が得策なのだけど、暑い盛りの時刻を確実に飛び越えるなら今日に出掛けた方が堅実に思えた、
明日は図書館で涼を取るなど別の手段もあるし、今夜の寝苦しさから遠出する気力が湧かないと言い出すかも知れないので、思い立ったが吉日なのだと言い聞かせて踏み出してきた。
自宅から駅までの道程だけでも暑さによる頭痛を覚えたり、文字通りの酷暑だと苦笑しながら涼しい駅ビルを通り抜けて、暑苦しいホームから快適な電車へ乗り込んでいった。

買い物は購入して早々に劣化する悲劇に見舞われた敷き布団の買い換えで、色々と苦心した末に同じメーカーながら前回と異なるウレタン素材の敷き布団にした。
試しに寝てみた感触も良かったし、地元で見つからなかった低めの低反発枕もあったので、嬉しさから敷き布団まで一気に購入した。
それに価格も枕の追加があってもなお前回の半値以下なので、嬉しいやら悔しいやら何とも言えない気分だった。

ウレタン素材は蒸れるイメージが強かったのだけど、点で支える構造のために空間が空きやすく湿気を逃がす構造とのことだった。
つまり、劣化して点で支えられなくなったら蒸れる可能性があるという話になるだが、その時は前回の一件も踏まえて交渉してみるとしよう、
さすがに2つも連続して急速な劣化に見舞われたとなれば、それなりの対応を押し付けられると期待する。
それこそ前回の敷き布団が高かった事も踏まえての対応を希望するつもりで、今の時点から既に色々と考えている自分がいる。

垢擦りで 滑らか肌が 戻ったか?2018年07月12日 23時17分55秒

このところ腕を中心に虫刺されのように広くて浅い吹き出物ができていて、痛いとも痒いとも付かない微妙な不快感を出すようになっていた。
最初はダニなどの虫刺されかと思ったのだけど腫れの引かないまま数日が経過したり、不快感も突発的に発生するなどの特徴があって別の原因だろうと推測された。
単純な吹き出物にしても発せられる不快感が独特なので、何が起きているのかと首を傾げていたら、ふと2年ほど垢擦りをしていない事に思い当たった。

垢擦りに使うレーヨンタオルが行方不明となって以降、恐らくは父親が勝手に捨てたのだろうと新調しに行くも、韓国式だの何だのと馴染みの垢擦りが見つからずに忘れ去っていた。
最後に使っていたレーヨンタオルも昔に比べると何か違う感じがしていて、量産の粗悪品と言われたら納得する品だった事もあって、探すにしても今一つ気合いが入らなかった事も忘れた要員の1つだろう。

以前なら探し回るまでもなく入手できた昔ながらの商品ほど、今となっては足で探しても見つけられない事の方が多くなってきた。
その反面でネット通販の方を覗いてみればあっさりと出てくるので、レーヨンタオルと紛失防止のため吸盤式タオル掛けを合わせて購入した。

商品名は「 昔ながらのレーヨンあかすり」と非常に分かり易く、今日に到着されたので早速に引っ張り出してみると、袋から出した時点で分かるほどの違いがあった。
何よりの違いは粗悪品だろうと言いながら使っていたレーヨンに比べて、厚さが半分かそれ以上に薄くなっていて、手触りも滑らかさを感じさせるほどに柔らかかった。

レーヨンは生地を濡らすと縮んで凹凸が増えるので、軽く擦るだけでも垢擦りができるようになる。
粗悪品の時は縮むと折り重なっている生地同士が絡まったりして硬くなり、たわしか何かのような如何にも皮膚を削りそうな素材となる。
それに対して、昔ながらのレーヨンは生地同士が絡む事もなく、多少に硬くなった感触であるけれど滑らかさが残っていて、俺の知っているレーヨンタオルはこれだと思い出した。

粗悪品だと擦った後に削れた皮膚が残っていたけど、昔ながらのレーヨンタオルは生地に巻き込まれるのか削りカスが出なかった。
垢擦りができていないのでないかと不安になるも、肌を触ってみると明らかに感触が違ったし、レーヨンタオルをもみ洗いすると明らかに水が濁ったので、生地に巻き込んでいるのだと判断した。
粗悪品では擦りすぎると痛くなったが、昔ながらのレーヨンタオルはお湯を被った時にヒリヒリとするだけで、刺激を与えないと痛くないので擦りすぎても大丈夫そうだ。

垢擦りの効果は一通り終わった後、普通に石鹸で体を洗う時から肌の滑らかさが感じられて、これで件の痛いとも痒いとも付かない不快感が解消されたら万々歳だ。

試したら 骨伝導も いい漢字2018年04月24日 23時07分11秒

骨伝導ヘッドホン
Bluetooth 骨伝導ヘッドホン TREKZ AIR (AFT-EP-000007)

先日に骨伝導ヘッドホンを視聴させてもらった際に、ヒトトオリの要件を満たしていると感じられた事から購入へ踏み切った。
イヤホンに比べると音量の低さを指摘する意見が多くて、他の音を妨げずに聞ける事を特徴とするので当然と感じつつも、どの程度なのか確認する必要があった。

また耳に掛ける形と耳朶へ引っ掛ける形があるのだが、後者に関しては耳の形が影響しているのか左だけ安定しないので諦めた。
後者は長さ調整のできないU字形なので背もたれに当たって邪魔になる可能性が考えられた。
しかし、接触さえしていればよいので顎に掛ける格好でも使えるのか試して、何の問題もなく聞けたので購入するに至った。

音質に関しては雑音と共に聞く仕様なるのでクリアな音とならず、骨伝導の仕様からも分かる通りに重低音が上手くないらしいのだが、俺が好んで聞く音でないので気にならない。
その他の音も電気屋の店頭で聞ける安めのイヤホンに近い音で、どちらかと言えば耳をスピーカーに近づけている感じの聞き慣れない音になる。
それらを含めて聞いてみた印象で問題なく使 えそうなので、少し高いと感じながら購入してきた。

購入した後に気付いたのだが、マイクが付いているのでヘッドセットとして機能して、耳元のボタンで電話に出たりウォークマンの再生ボタンを操作できたりする。
これらの機能が付いているのならやすい買い物だったと思えた。
Bluetoothのペアリングは登録を済ませた後なら、機器の切り替えもスムーズに行えるのでストレスを感じない。
強いて言えば、切り替える前に端末のBluetooth機能をオフにしておくと必要があるけれど、節電のためにやっている事と変わらないので大した負担にならない。


今のところ、接触させる箇所によって聞こえ方が異なるのだけど、最も聞きやすい場所が骨の境目なので長く圧迫していると疲れてくる。
音を伝える際に振動を骨へ送り込むので、触っていると震える感触がはっきりと分かるほどなので、骨のない場所では衝撃を受け続けるから疲れるらしい。
ちなみに、この振動が空気を振るわせると普通の音となるため、音漏れの原因ともなってくるからしっかりと骨に伝えられる箇所を模索している。