感覚が 狂い通しで 間も悪い2017年11月24日 23時16分44秒

昨日が祝日だった影響で曜日の感覚に狂いが生じていて、どうにも日曜や月曜と勘違いしている瞬間があった、
休日と平日のどちらにも勘違いしている瞬間があったので、未だかつてないと表現しても良いくらいに混乱していた。
睡眠時間が影響しているように思えて、軽く転た寝した直後など会社に居るのに自室と勘違いするなど混乱の極みだった。

左手首の状態はテーピングで動かないようにしてから就寝したので、多少なりと良くなっている気がするけれど、動かしたりしない方が良さそうな痛み方をしている。
そのために作業効率が著しく低下していたせいで眠たくて、曜日の混乱へ拍車を掛けていたように感じられる。

現状も左手の動きを制限する目的でオルをギブスの代わりに縛り上げているのでキーボードが打ちづらい事この上ない。

問うたけど 変わらぬままに 待ち惚け2017年11月23日 23時55分17秒

通販の荷物が届かない件について問い合わせてみたところ、業者から「中国にある倉庫から発送している上に繁忙期なのだから気長に待て」との返信があった。
国産と表記されていた記憶は間違えだったようで、中国の運送業が繁忙期に入っているらしいとの予測も当たっていたらしい。
返信の中で来週中に届くはずと信用ならない一文があったけれど、発送済みである状況から考えるとキャンセルできると思えなくて、とっくに待ちくたびれているのに待つ他になさそうだ。

今回の通販では色々と見落としていた事項が多すぎて、それ故に苛立つ場面を幾つも経験する羽目となっているので、ちゃんと確認するよう心掛けたいものだ。
しかも、今回は退っ引きならない肩凝りの酷さから欲している商品だけあって、遅延に対する苛立ちの程度がかなり割増しとなっているように感じられる。
現状は何とか誤魔化せているけれど、手間も掛かる上に痛めている左手首の犠牲があっての事なので、早く届いてほしいと願わずにいられない状況である。

先日に自転車で転倒した際に痛めた左手首だけど、動かしすぎているようで痺れるような痛みが出始めているので、仕方なくテーピングで固めてみたけれど何処まで効果があるのか疑問である。

まだ来ない 荷物が未だ 届かない2017年11月22日 22時45分03秒

質の悪い肩凝りを解消するための処置として、接骨院で受けられる首を牽引するストレッチがやりたくて、代用品としてチューブを膨らませてジャッキアップさせる器具を通販で注文したのだが、今月8日に発注して未だに届いていない。
注文した当初から20日到着と目を疑うような日付だったのに、そこからさらに2日が経過した今日になっても届いていない。

ここまで来るとさすがに変だと確認してみれば、配送業者に「China Post」と表示されていて中国からの配送されていると判明して驚いている。
何故なら注文する時に日本産と書かれていたはずの商品を選んでいたつもりで、何故に中国からの配送となっているのか理解できなかった。
しかし、改めて注文した商品を見てみると、書いていったはずの国産の文字が消えていて、狐に化かされて中国製品を買わされたような気分になっている現状だ。

しかしながら、中国からの配送でも2週間も掛かって届かない状況はさすがに遅すぎる気がして、面倒だと言いながら通販サイトから状況を確認するためのメッセージを送信しておいた。
そのメッセージを送信した後になって思い出したのだが、中国国内にある通販サイトが大きなセールを開催した影響で、中国の配送網が荷物の多さに稼働できない状況にあるとのニュースを見た覚えがある。
もしかしたら、俺の荷物もこの混雑に巻き込まれて行方不明担っているのでなかろうか。
そんな気がしてきて他人事として見ていたニュースの被害者に連なっている可能性が出てきて、非常に面白くない状況だと落胆するばかりだ。

先走る 寒さの中で 試す事2017年11月21日 23時26分03秒

昨日から季節を1ヶ月ほど先取りした寒波に覆われていたけれど、既に寒さの底を打ったとの予報が的中したようで少しだけ過ごしやすかった。
それでも夜風は手袋を着用すべきかと迷うほど冷たくて、昨日に至っては自宅へ到着するまでに指先の感覚が痺れて薄くなっており、あかぎれをしていたようで指の皺が裂けて小さく出血していた。
今日の夜道はあかぎれするほど寒くなかったけれど、暖房の効いていない玄関ですら暖かいと感じられるほど温度差があって、真冬並みの寒さだった事を実感させられた。

室温は外気と違って真冬を連想させるほど強烈な寒さを感じなくて、新調した膝掛けと去年から使っている着る毛布だけで凌げて、給油したストーブへ火を入れないまま乗りきってしまった。
新しい膝掛けで指先まで防寒できていなければ、室温を上げないと堪えられなかったかも知れないのだが、大判で下半身をしっかりと包めるサイズを見つけたので何とか乗り切れた。
帰宅が遅くなって自室で過ごしている時間が短かった事も大きな要因ではあるけれど、新しい防寒具の性能を試すのにちょうど良い寒さだったとも言える。

以前は足下だけは大した防寒をしなくても過ごしていたのに、ここ最近は足から冷えてくる場面が増えている気がして、年齢と運動不足から体質が変わってきているように感じられる。

自転車の 傷を数えて 事を知る2017年11月20日 23時06分08秒

昨日に自転車で転倒した件が精神的な負荷として膨れていて、怪我は左手首の捻挫だけで済んでいるのに相当なダメージとなっている。
転倒した際に車体へ乗り上げる体勢となったおかげで軽傷なのだが、代わりに自転車の損傷が細々と刻まれていて、明るい場所で見ると身に染みてくる。

今回は買い物を目的とした遠出だったのでシティサイクルを使っていて、車体も丈夫なので身代わりとなってくれた。
しかし、クロスバイクやロードレーサーだったら速度も出るので、どんなことになっていたか想像するだけでも恐ろしい。

左目の視覚障害が残っている間の遠出を控えた方が良さそうで、当然ながら新車の購入も先送りとせざる終えない。
新車の慣らし運転で転倒するなどあったら絶望感から立ち上がれなくなりそうだ。
何にしても障害者なので自重する他にないわけで、早く完治してくれる事を願わずに居られない。

辿り着き そこから更に 迷いつ2017年11月19日 23時39分01秒

先週は求める靴のブランド専門店が出店しているショッピングモールを目指すも、予想外の外観だった故に目の前を何度も通り過ぎて迷ってしまい、夕暮れ時が近付いて時間切れとなっていた。
今日は先週のリベンジという事で再び出掛けてきたのだけど、正確な座標が分かっていて経路を最適化できていると言っても遠く感じられて、体力の低下を改めて実感させられる道中となった。

天気は青空だったのだけど太陽をピンポイントで隠す分厚い雲が出ていたため、見た目に反して薄暗く感じられる奇妙な天候だった。
基本は吹く風の涼しさが秋らしさを思わせるのだけど、暖かさもあったので自転車を走らせていると汗だくになってしまった。
体力が落ちている影響で必要以上に息切れや体温上昇が起きていたのだけど、幸いにして冷えた汗で体の芯まで冷える事もなったので風邪を引かずに済みそうではあった。

そんなわけで背中を汗で湿らせながら座標を確認済みのモールへ侵入すると、外観からは想像できないほど奥行きがあったので再び驚愕する事となる。
どうして国道から大きさを把握できるような構成としなかったのか謎だけど、モール内で再び駐輪場を探して彷徨う羽目となったり、広すぎて目的のテナントを発見するまで時間が掛かったりと再び迷っていた。
逆にテナントを見つけてからは欲しいシリーズが決まっているだけに早くて、明らかにテナントを探している時間の方が長かった。

ようやっと新しい靴を手に入れて満足したのだけど、モール内で予想以上に時間を使っていたために日が陰り始めていて、自転車を自宅へ向かって焦りながら走らせている途中、僅かな段差を見落として車体を横滑りさせてしまう。
車体が斜めへ傾いた瞬間に前輪を段差へ乗せての何とかしようと試みるも失敗して、随分と奇妙な格好で転んだ上に滑ってしまった。
俺自身の外傷は殆どない反面で自転車の損傷が随分と酷くて、前カゴやサドル、テールランプに損傷が見られた。
テールランプは完全に壊れていたので帰宅途中に自転車屋へ立ち寄って交換したので2千円の出費となった。

薄暗くなって焦っていた事も原因だけど、やはり左側が良く見えていない状態が最大の原因であり、この左目が完治しない限りは速度を出したり遠出したりは控えた方が良さそうだ。
今回は左手首の捻挫だけで済んでいるけれど、点灯の仕方によっては相当に酷い怪我になっていた転び方をしたので、同じ過ちを繰り返さないよう注意したい。

尿意から 二度も起こされ 考える2017年11月18日 21時47分25秒

今日は朝から急激に冷え込んで真冬の気配を垣間見せて、空気が凍てつく感触を久しぶりに味わっていた。
この冷え込みに影響されたのか早朝5時に尿意で目覚める羽目となり、起きたついでにソシャゲを軽く遊んでから布団へ戻ったのだけど、2時間後に再びトイレへ行きたくて起こされた。

日に2回も乳胃で起こされる事態など経験した事がなかったけれど、羽毛布団へ切り替えているおかげで室温の低い割に寒いと感じていなくて、布団へ潜り込む前に足を冷やしていた事に起因しているように思える。
考えてみれば、尿意で起こされる日は就寝前に足だけ冷たくなっている事が多かったように感じる。
部屋をストーブで室温を上昇させても机の下にある足下まで温まっていない事が多くて、足を冷やしすぎると尿意で起こされる事態を招きやすいのかも知れない。
会社でも昼食の時などに立ち上がると暫くしてトイレへ行きたくなる場面が多いのだが、もしかすると膝掛けを外したことで足が冷えた事で尿意を促進したのではなかろうか。

そんなことを考え始めていると、もう少し足回りの防寒具を充実させても良いのではないかと思えてくる。
今は膝掛けくらいしか使っていないので、寒さの厳しい日に凍えて痛みさえ覚える事が多々あるので、もう少し足下の防寒を固めた方が良いのかも知れない。

冷え込みの 厳しい朝も 着込むだけ2017年11月17日 23時05分21秒

今日は朝から冷え込みが厳しくて身震いしながらの起床となった。
それでも暖房の給油を行っていないので重ね着だけで凌ぎながら日課を熟していたら、さすがに寒かったのか鼻水が垂れ始めてそのまま終日に風邪っぽい症状に襲われる羽目となった。
風邪と呼ぶほど悪化しなかったものの、水っ洟が終日に続いたので随分と厄介だったけれど、暖かくしていれば止まらないまでも落ち着いてくれたので、業務へ支障を来すこともなく済んでくれた。

水っ洟に加えて足下の冷え方が酷くて、寒気が眠気を振り払うような状態となっていた。
足下の冷えが取れない日は後々になって体調が悪化するのだけど、今日は朝方の調子が最も酷くて悪化も改善も見られない半端な一日となった。

そして、体調が中途半端なままで過ぎていった影響でブログの記事が全く思い浮かばなくて、軽く苛々としている現状にある。
仕方ないので適当な事だけ書き殴って寝ることにする。

左目の 回復具合 また少し2017年11月16日 23時07分49秒

手術した左目の見え方がここ1ヶ月ほど煩わしい状態となっており、その影響から見るのでなく眺める方が多くなって悪い癖が付いてしまっている。
しかし、見る事を意識しようにも左目の邪魔があるので安定しなくて、どうしたものかと困り始めている今日この頃である。

そんな左目だけど煩わしい見え方で困らされる一方で、視界の中央にある見えない範囲が小さくなっている事が確認できた。
街灯を左目だけで見た時に、原型が把握できるようになる距離が3歩ほど長くなっていて、障子の格子も辛うじて繋がって見えるようになっている。
まだカレンダーの文字を読めるほど回復していないけれど、曲線でなく直線に限れば見えるようになってきたと実感できる。

もっとも術後1年半も経過しての現状である事を考えると、正常に見えるまで術後3年くらい考えておいた方が良さそうな。
今更に何を言っても回復を信じて待つ他にないので気長に構えるけれど、一日でも早く完治してほしいと願わずにいられない。

最初から 求心力は 有りもせず2017年11月15日 22時37分04秒

決められない都知事は自身が結党して衆議院選挙へ挑むも、都議選の勢いを失っていて大敗した。
そして、党内へ報せる事もないままに代表辞任を表明して、本来の責務である都政へ専念すると語った。
その都政では都議選で協調していた公明党から三行半を突きつけられて、都議選のために立ち上げた地方政党の足並みも乱れており、近く孤立無援となりそうな様相を見せている。

マスコミはこの状況を求心力の低下と報じているのだけど、民主党出身で都知事選の公示された時分に自民党へ所属しただけの渡り鳥だと、都内の有権者が知らないから勝てたに過ぎない。
都知事選の出馬を党の執行部が認めなかった事も、票の分散を嫌っての対応なので何ら間違っていないのに、虐められた可哀想な女性議員との印象づけも大勝に拍車を掛けた。

この決められない都知事の台頭する原因はいずれもマスメディアの偏向報道に端を発しており、その証拠に衆議院選挙ではマスコミが非難する側に回っていて、結果の落差はまさに裏表だった。
要するにマスメディアの民心操作を決められない都知事の動向が証明しており、現在の日本では情報テロリストがジャーナリストを名乗っている状況と言える。
偏向報道に対する罰則と取り締まりの必要性を強く感じるのだが、国家権力が動きそうになくて呆れるばかりだ。