国会で 流行り言葉は 侮辱だろ2016年12月07日 23時13分56秒

蓮舫という国会議員が余りにも程度の低くて見ていると悲しくなってくる。
ただの頭数を揃えるためだけの賑やかし議員であるなら良かったのだけど、どういう訳か民進党代表を勤めているので笑っていられない。
野党議員が全般的に存在意義を感じられない烏合の衆であるため、野党第一党の代表に悲しくなるほど程度の低い人間が就いてしまうのだろう。

過去にも国籍問題を取り出さされたり、必要な護岸工事を無駄と潰したりと前科もあるのだが、今日のニュースで流れていた代表質問の一説には呆れるばかりだった。
カジノ解禁法案に関する質疑の中で審議拒否や的外れな質問を繰り返しておきながら、与党が審議に応じないと非難する馬鹿の一つ覚えだけでも呆れるのに、今年の流行語大賞を無理に捻り込んできたから呆れを通り越して怒りさえ覚えたり。

蓮舫は一連の答弁の中で国会軽視だと与党を非難しているのだが、国会という重要な場面で覚え立てで使ってみたいだけの言葉を発する行為は、軽視どころか侮辱に等しい発言であると感じた。
蓮舫にとって国会は井戸端会議や小学校の学級会と同レベルの場であり、国勢を左右する重要な議会という認識ではないのだろう。
もっとも日本人でないのだから、日本がどうなろうと関係ないと言い出しても不思議でなくて、そんな輩を代表に据えている民進党も何の非難もしない議員に呆れるばかりだ。

その免許 返納しよう 今すぐに2016年12月06日 23時07分04秒

ここ1ヶ月ほど老人の運転する自動車が暴走して死傷者を出す事故が続いていて、運転免許証の返納を呼び掛ける風潮が強まっている。
以前にもブログの記事として取り上げた事があるのだけど、惚けの始まる前から自動車のない生活へ馴染んでおかないと、徘徊の一端として自動車へ乗り込んで暴走する危険が出てくる。それ故に惚けたとしても運転しようと思わないように、元気な内から自動車のない生活へ馴染んでおく必要がある。
それこそ「まだ大丈夫だ」と遠くない未来に自信を持てない時点で返納すべきだと考える。
せめて、60歳以上は毎年に実技試験を含めた試験を実施する必要性を感じる。

危なっかしい運転をしている老人の多くが運転技術に自信を持っていて、自分が何の問題もない優良ドライバーだと思っている事実に呆れさせられる。
恐らくは自分の運転する車が蛇行運転していたり、急停止や急発進など危険な動きをしている状況を把握できていないと推測される。
要するに、諸々の感覚が鈍っていて文字通りにわからなかったり、車が古いせいだと前後や左右に大きく揺れるだけと思い込んだり、どちらにしても判断力が著しく低下している状況にあると言える。
しかし、当の本人は何も理解できないので何の問題もなく運転できていると言って運転し続け、最悪の結果として悲劇が巻き起こされているのだろう。

車を運転する老人の多くが「まだ大丈夫」という発言するのだけど、そもそもに「まだ」と言っている時点で近い将来に不安があると少なからず自覚しているはずなのだ。
それでも車のない生活を不便そうに感じられるから、免罪符として「まだ大丈夫」と言い聞かせているようにしか見えなくて、元より運転免許を取得できない身である俺から言わせれば、さっさと免許を返納しろと言いたい。

検査して 改善具合 ハッキリと2016年12月05日 23時04分08秒

今日は午前中に国立病院で定期検診の予定が入っていて、普段より90分ほど遅く出掛けても間に合うのだけど、父親へ話すと余計な質問やお節介の面倒があるので、寄り道しながら向かうつもりで早めに出てきた。
時間を潰すにしても自宅から10分の距離で何ができるわけでもなく、コンビニで立ち読みしたり公園を歩いたりとしてみたけれど、早々に飽きたので予約より40分ほど早く受付を済ませた。
院内で予約時刻まで待たされると覚悟していたのに、5分ほどで検査が始まって予約よりも随分と早く診察まで辿り着けた。

検査に関しては基本的な視力検査なのだけど、視野の中央が相変わらず歪んで潰れるので四苦八苦させられたが、前回よりは随分と見えるようになっていると実感できた事は良かった。
視界が白く濁ったように見える時があって、その状態では目を閉じても青白い光にうっすらと覆われており、その色が見えづらい原因になっていると医師へ報告した。
聞くところによりと、俺のような症状が報告されているけれど原因不明のままで、人によっては光でなく1つの形が見える症例もあるらしい。

ひとまず遮光眼鏡で改善した事例もあるそうなので、物の試しに作ってみる事になったのだけど、次回の予約が年越しの1月末日となってしまった。
予約の度にかなり待たされているので予想していたけれど、やはり2ヶ月を言い渡されると何か挫けてしまいそうになる。

実物が 使い辛くて 加工する2016年12月04日 22時45分40秒

1ヶ月近くも待たされた新しいスマフォ用の手帳型ケースが届いたのだけど、通販サイトに掲載されている写真で見るだけでは商品の詳細を把握しきれないと、分かり切った事を痛感させられている。
今回のケースに関しては思っていた以上に厚みがあって、持ち運びの面ではスマフォ本体が薄いので許容できるのだが、背面に設けられた諮問センサーが使えるように穴が開けられているものの、指が縁に挟まって届かない状態となっている。

無理矢理に押し込めば機能してくれるのだけど、使い勝手がかなり悪くなるので2度ほど試した時点で既にストレスを感じる状況だったので、問題の部分をナイフで切り落として掘りを浅くなるよう加工してみた。
普段なら商品を加工するよりも返品してしまうのだけど、残念ながら現状だと代わりに使えるケースが見当たらないため、スマフォを裸で持ち歩くより良いと考えて加工してみた。
シリコンの上に手帳が張り付いた構造となっており、指紋センサー周辺をシリコンカバーの際まで削り落とした上にやすりで綺麗に整えて、接着部が白く目立つので適当な油性ペンで色も誤魔化しておいた。

簡単な加工ではあったけれど、それでも指紋センサーへ指が届きやすくなったので使い易くはなったけれど、まだ少し引っ掛かるので再びストレスを感じるようならシリコンへもナイフを入れるつもりだ。
ひとまずストラップを装備できるようになったし、これで取りこぼして落下させる心配も減らせるだろう。
しかし、もっと使い勝手のよいケースがないか度探してみる必要はありそうだ・

夢の後 浮かれたツケで 目が回る2016年12月03日 23時07分06秒

古巣のSNSが期間限定で復活しており、昨夜がその最終日だったので日付の変わる閉幕の瞬間まで張り付いていたのだけど、帰宅した直後は体を動かしていた事や食後だったので温かく感じられた。
しかしながら、時間が経過すると室温の低下や体の火照りも引いた影響で体が冷えてきたのだが、その状態へ気付くのが遅れてしまって今日の差から体調が良くなかった。
昨夜は水筒に入れていたドクダミ茶も切れていたし、1つの事へ集中しすぎて他が疎かになる悪いパターンを真っ向から再現してしまった。

自業自得ではあるのだけど、ドクダミ茶を飲み始めてから久しぶりの体調不良は昼食から戻ってきた辺りから急激に悪化して、艦これのイベント攻略にやる気を出していたのに寝込む羽目となった。
自室へ戻ってから下がりすぎた体温を布団の中で暖めてやると楽になったけれど、軽い頭痛が何時までも残っていたりと調子の戻らないまま間延びした時間の中で、半分ほど転た寝している状態で艦これを攻略していた。
そして、体調の悪い時だけ運気の向上するジンクスが見事に発動して、新キャラでないけれどイベント中にしか手に入らない実用性の高い艦娘がドロップしたりと、攻略も思っていたより順調に進んでくれた。

その反面でBlu-rayレコーダの容量が足りなくなっており、ここ3日ほど録画できていなかった事実が判明したり、頭の痛くなるような事態に見舞われたりもしていた。
今日は浮いたり沈んだり色々と忙しい一日だった。

見えなくて 動き回れず 燃えられず2016年12月02日 23時45分35秒

俺が初めて所属したSNSはVOCALOIDの好きな人等が集まっていて、MMDが誕生したコミュニティであったり、VOCALOID系として最大規模だったりと飛び抜けた場所だった。
当時の俺はVOCALOIDもMMDも好きになり始めてたばがりで、言うほど詳しくもないのにひょんな切っ掛けから招待されて、訳も分からずに徘徊して身の程に余る繋がりを得ていた。
その後に規模の膨らみ過ぎなどの理由から閉鎖となったので、俺の属していた期間は1年と短かったのだけどホームと呼べるほどに親しんでいた。

そんなSNSが閉鎖から数年の時を経て、3ヶ月の期間限定で復活していたのだけど、今日で最終日となってしまった。
本当ならもっと色々な人に絡みたかったのだけど、手術した左目のせいで文字の読みづらい状態が続いていた影響もあって、不完全燃焼どころかエンジンに火さえ入らなかった気分だ。
次の機会があるのならもっとアクティブに行きたいので、まずは休日の出不精から改善していきたいものだ。

寝てすぐに トイレに起きて 寝不足へ2016年12月01日 23時43分09秒

ここ3日ほど早朝や深夜にトイレで起きてしまう夜が繰り返されていて、眠れている機が全くしない。
就寝前にトイレへ行っているにも関わらず、ただでさえ少ない睡眠時間を削ってまで目覚めてしまう。
おかげで頭の回転が悪いというか何事にも集中できなくて、右へ左へと彷徨いながら仕事やゲームを手掛けていて、何時の間に進んでいる時もあれば停滞している時もあって、我ながら奇妙なバランスの中で生活している。

不思議と作業が進んでいる事が不幸中の幸いだけど、こんな不安定なバランスが何時までも維持できると思えないので、何らかの対策を講じたいのだけど良い解決策が思い浮かばない。
摂取する水分量を減らしてしまうと便通の滞りから切れ痔へ派生するので採用できないし、ドクダミ茶を飲み始めてから風邪を引いていない事からも飲み続けたい。
ドクダミ茶のために飲む量を増やしているわけではなくて、普段から飲んでいた水を置き換えているので、目立って水分を多く取っているわけでもない。

有り得るとしたらドクダミ茶に利尿作用があって、それが影響という可能性だけど、感覚として寒さによって膀胱が縮こまっている影響という線画最も当てはまる気がする。

入荷待ち 今日に届くか まだだろか2016年11月30日 23時12分41秒

新しいスマフォへ買い換えた直後の今月初旬にケースを探し求めるも、どれもこれも入荷予定の品しかなくて呆れかえっていたのだけと、結局は入荷待ちの中から選ぶしかなかった。
今日が注文したケースの入荷予定日のはずなのだが、早々に発送されて自宅へ届いていたりしないかと期待したいのだけど、通販サイトの運営から出荷される注文でないので数日後と覚悟している。

スマフォの本体が滑りやすい材質である事に加えて、冬場の乾燥で手も物を掴みにくくなっている事もあって、早くストラップの使えるケースへ納めたい。
ここ数日は寝惚けていると取りこぼしそうになる場面を幾度も経験しており、その内に帰り道でも危ぶまれる場面へ遭遇しそうなので、願わくば今日にでも届いてほしい。

早く帰宅して確認したい反面で、会社を出るときから空腹感を引きずっているので寄り道して食べていきたい衝動もある。
今月はゲームに課金しすぎているので節約すべきなのだけど、普段なら途切れて忘れ去られる空腹感が一向に引かなくて辛くなってきた。
急いで帰宅しても何も届いていなくて落胆するだけだろうし、やはり何かか食べてから帰ろうか悩ましい。

面倒と 聞いているので やる気なし2016年11月29日 23時14分12秒

艦これの秋イベントは全部で5つあるステージの内で第4海域まで突破できた。
今回は第4海域が最難関と評されており、最高難易度での突破を早々に諦めて1つ低いレベルで攻略した。
それでもボスへ辿り着く前に追い返される場面も珍しくなくて、昨日は苦労するのだろうと覚悟していたのだけど、今日は妙な運の良さを発揮してクリアできてしまった。
しかしながら、第4海域での捜し物が見つかっていないので先へ進まずに周回しているのだけど、飽きてきたので第5海域を先に攻略しようかと考え始めた。

第5海域は面倒くささの目立つステージと聞いているし、第4海域の捜し物が残っている事情も踏まえると、最高難易度で遊んでいる余力があるのか疑わしくなってくる。
最も欲しかったクリア報酬も第4海域に設定されており、既に諦めてきているので今更に役立つのか不明瞭なアイテムのために頑張る気になれない。
何よりも面倒臭いと聞かされるとやる気が湧いてこないので、低めの難易度でさっさと終わらせる方が良さそうに感じる。

誰しもが 見えているとは 限らない2016年11月28日 23時55分49秒

会社の最寄り駅前はバスターミナルとなっていて人通りも多い割に街灯が少なくて、夜盲症の発症した状態の俺にとって非常に歩きづらい道となっている。
バス停へ向かう人が目の前を横切っていく際、こちらが見えていて避ける事を前提にして割り込んできた場合に、俺は見えていないので衝突するなんて事も珍しくない。

歩行者であっても厄介な状況なのだけど、これが小回りの利かない自転車になったりすると酷い目に遭う。
そもそもに衝突した時のダメージが面でなく点となる場合が多くて、速度が出ていると怪我の程度が大きくなってくるし、何よりも正面の歩行者が途切れる隙間しか見ていなくて、回避行動を全く取らない事さえある。

つい先ほどにぶつかってきた老婆が正に注意力の欠片も持ち合わせずに割り込んできて、俺の膝にペダルを突き刺してから反対側へ倒れていった。
その際に「痛い」とか言葉を漏らしながらもペダルを回し続けていて、あわよくばそのまま突っ切るつもりでいたようだけど、俺の昭夫居に押されて倒れ込んでいった。

そもそもに自転車は特別に危険な道路に限り、歩行者の邪魔にならないよう歩道を走行する事を許可するとされており、人通りの多い駅前を走行して良いはずがない。
どう言い繕っても道交法違反者である老婆に構っている暇はないので捨て置いてきたけれど、どうもぶつけた膝が内出血にでもなっていそうで苛立ちを隠せない。