災害の 被害を誇張 死者さえも・・・?2019年09月18日 22時17分22秒

先週の台風で送電塔や電柱が倒壊した影響で千葉県の一部地域で停電が続いていて、良いネタが転がり込んできたと喜び勇んだ報道各社による偏向報道が横行している。
そんな様子を見ていると日本の報道が如何に腐り切っているか再認識させられて、できる事なら全て潰して作り直すべきだと考えてしまう。

今回で言えば被害の大きさを誇張したいがために、陸の孤島という単語を多用していて報道しているのだけど、道路が寸断されている訳でもなければ、鉄道が全面運休しているわけでもない。
現に報道各社が車で乗り付けて取材していて、陸の孤島と呼ぶのならヘリコプターによる上空からの取材しかできない状況であるべきだ。
彼等の報道活動が既に陸の孤島となっていない事を示しているのに、被害の重さを誇張したいが為に重々しく聞こえる単語を多用している。
被害を必要以上に大きく見せる事は真実の報道と逆行する行為なのに、平然と歪んだ内容を伝えている腐敗した精神に呆れて言葉が出ない。

状況を見ていると一時的に都内へ避難しても良さそうなのに、熱中症による死者が出る状況にも関わらず停電地域に居座る人がいる。
この辺の判断ミスも報道各位が避難している人の話や、被災者の優遇処置に関する情報を流さない影響であるように思える。
そうなると現状の報道期間は被害状況を誇張するだけに留まらず、避難する発想を奪うことで被害者の増加という結果まで生んでいて、文字通りの命を出汁に使っていると言えよう。

災害の起こる度に思うのだけど、日本の報道機関を作り直したら災害被害者が半減するのでなかろうか。

近海で 台風発生 冷や汗が・・・2019年06月27日 22時22分17秒

今日と明日の天候に関して、令和初となる台風が発生するかどうかが話題となっている。
しかしながら、注目すべきは四国地方まで流れてきた熱帯低気圧が台風へ変わる可能性にある。
発展途上のまま通過していくので、本州の近くで台風へ変わる事に特別な危険性こそないけれど、今後を考えると大きな危機感を覚える。

俺は驚異と感じているのに、報道は台風へ変わった場合の雨風に関する話と令和初ばかり強調している。
熱帯低気圧を台風まで成長させる気象条件が本州近海にあるという事は、太平洋沖で発生した台風が日本へ接近するに従って勢力を増していき、衰えることなく縦断していく可能性も考えられる。
それこそ過去最大と表される勢力の台風が立て続けに上陸する事もあるかも知れず、想像するだけで背筋が冷たくなってくる。

これが素人の安直な考えで有ってくれたら良いのだけど、最近の報道は必要な話をしない傾向があるので全く信用ならない。
コメンテーターの類いが俺と同じ考えを持ち出して、気象予報士が否定してくれるなら多少なり安心だけど、頭の狂った奴等しかいないので期待するだけ損だろう。

ひとまず今日を無事に帰れるのかどうかから心配するとしよう。

廃止論 唱える奴と 関わるな2019年06月26日 23時21分16秒

ここ数日にTwitterを眺めていると、体育の授業で泳げるようになった人を知らないので、不要だから廃止すべきとの主張が流れてくる。
こういった廃止論は色々と形を変えながら定期的に見かけるのだけと、その中身を見てみると随分と自己中心的で視野の狭い理由の場合が多い。
それこそ廃止論を唱えたり賛同したりする連中に対して、頭の狂った輩なのでかかわり合いにならない方が良いと刷り込まれつつある。

そもそもの論議として、授業成果が見られないから廃止すべきとする発想からして間違っている。
むしろ、水泳教室へ応援を求めるなどの対策を講じて授業の向上を図り、生徒全員が100mを泳げる事を義務化すべきと唱えるべきだ。
泳げることに何のデメリットもないし、小学生の水難事故を発端に水泳授業が導入された背景もあるので、不要だの廃止だのと言い出す輩は害悪以外の何者でもない。

廃止論を唱えれ本人は不真面目な姿勢で臨んだために泳げないままに終わり、その事実へ羞恥心を募らせた末に水泳の授業がなければ、恥を掻かずに済んだと逆恨みしているのだろう。
そして、今までの人生で水泳の必要に迫られる場面へ遭遇していないから、日本中の全国民も泳ぐ必要の一生を送ると決めつけて発言している。
ついでに言えば。自分が泳げるようにならなかったのだから誰一人として、授業で水泳を拾得した生徒が居ないはずと決めつけてもいる。

要するに、自分が双なのだから他の人も同じに違いないと決めつける狭い視野の持ち主であり、責任を他者へ押し付ける歪んだ心も併せ持っていると考えられる。
真っ当な思考のできる人間性を感じられないのだから、関わらないに越したことはないと考えるべきだ。

平成の 終わりに際し 振り返り2019年04月30日 23時09分10秒

平成という時代が新しい元号への切り替わりを持って終わりとなる。
昭和に生まれて、平成を生き抜いてきて、次に令和へ生き延びる。

昭和の頃は失明や失聴の恐れを抱えた体であると知られて、夜盲症の件もあったので早々に交通事故で死ぬのだろうと思っていた。
交通事故でなくても、人を殺してみたいと衝動的に行動する輩から見たら、俺の存在は絶好の標的に見えるのでないかと想像しながら、多くの時間を孤独の中で過ごしていた。
小学校では担任が勝手に障害の事をクラス中へ知らせたため、悪戯の対象とされた件もあって周囲へ対する警戒心を飛躍させて、人間嫌いへ到達していた時代でもある。

平成へ入る頃になると、強さの基準が身を守る事でなく、多勢に無勢の状況で相手を確実に壊して生き延びる事になっていると気付いて、ある程度の自信を持ったことで精神的に安定し始める。
同時に、俺の目や耳の障害について、高熱を原因として発症したり進行したりする恐れがあったのだけど、インフルエンザに初めて感染して40度の発熱を経験しても、何も問題なかったので楽観視できた事も精神安定の要因だった。

精神的に安定した事が良い方向へ影響してくれて、高校で1人、大学で9人の友人へ恵まれたし、
どちらかと言えば、人間の何か異物のような存在を認められる余裕が持てて、自分もまた不純物に分類されるのだと気付いて寄ってみれば、本人さえ驚くほどに馴染んだ結果だった。

そこから比較的に平穏のまま流れてきたけれど、母親の死を切っ掛けに再び精神的な不安定を抱えるようになり、左目の手術を経ての障害者認定と続いて、失明や失調ほど重度でないけれど楽観視ばかりでも居られない状況へ移行している。
令和の時代を過ごしている間に失明や失調が現実となる可能性もあると、昭和の頃へ思考や精神状態が巻き戻っている気がしてきた。
元号が変わるというので何の気なしに振り返っていたら、俺の人生という小さな歴史の中でも、時代の繰り返しが起きていると見えてきて、意外と面白い事になったと感嘆している。

何もせず 時にはこれも 善意なり2019年02月27日 23時33分53秒

以前に祖父母の所へ遊びに来ていた幼児が近くの海へ行く途中で愚図り、1人で引き返していったまま行方不明になった事件があった。
大規模な捜索態勢にも関わらず発見されない状況が続く中、1人の老人ボランティアが独自の経験から子供の足で登れないと思われ、捜索範囲外となっていた裏山で幼児を保護した。

この一件で時の人と成った発見者がつい最近になって、東京都から大分県の自宅へ徒歩での帰宅という挑戦に挑んでいた。
何らかのチャリティ活動という訳でもないらしく、思い付きを実行へ移しただけなのに本人の意思と関係なく、SNSを中心に加熱して大勢の人が集まりだしてしまう。
そして、頼んでもいないのに差し入れを押し付ける輩が多数に渡り、最初はキャリーバッグだったのに荷物が増えすぎてリアカーへ変わり、写真や握手に応じていると身動きが取れなくなる事態も発生する、

更に路肩へ駐車して見物する迷惑者や子供から手も目も離す親なども現れ始めて、渋滞や沿道へ人が溢れるなどの危険な状態が目立つようになった。
この状況にボランティア経験の豊富さから危険性を感じて、挑戦の断念を決めたという流れとなったと経緯が報道されていた。

この話を聞いていて思う事はテレビに付きまとわれると碌な事にならず、自己満足の挑戦さえもまともにできなくなるとは可哀想でならない。
何よりも迷惑を考えずに殺到する連中や、善意のつもりか何か知らないけれど物を押し付けていく奴等が気持ち悪くて、話を聞いているだけでも反吐が出る。
特に物を押し付ける連中は挑戦者を貧乏で可哀想な物乞いへ恵みを与える聖人に成ったつもりなのだろうが、その実態は荷物が重くなって体力の消耗を激しくさせる。
文字通りの足枷にしかならないのに、善意を断れない人柄と知りながら押し付けて、足を引っ張っていくのだから酷い話である。

ボランティアとしての素晴らしさを讃えていながら、その姿を見倣おうとしないのだから人間として腐り切っている。
こんな愚行を演じるくらいなら、何もせずに居る方がよほど為になったはずで、挑戦者が何を求めているのか考える余地を何故に持てないのかと呆れるばかりだ。

腹癒せに 告発したと 思えます・・・2019年02月21日 23時42分52秒

先週に女性問題を理由にして自ら離党した議員がいるのだけど、事の詳細が少しばかり報道に載っていた。
要約すると女性から準強制性交で告発されていて、所属する自民党へ矛先が向く前に離党したという流れらしい。
しかし、報道は明らかに「準」の文字を取り払って語られており、被告となる議員が原告の女性を強姦したと印象付ける語り口だった。

ここで本来の用件である準強制性交を念頭に聞いてみると、原告である女性の主張する内容に奇妙な点が幾つもあって、交際を断られた腹癒せに告発したのではないかと思えてくる。
原告の女性も交際していた事を認めているし、肉体関係もあったとの事なのだが、告発している内容は泥酔している際の性的暴行となっている。
交際している相手である事を考えると、酔った勢いで同意した可能性を否定できないはずだ。
それに話の主題が途中から盗撮に切り替わっていたりと支離滅裂に感じられた。

その盗撮に関してもスマフォで撮影されていたらしいのだが、端末の大きさから考えて盗撮向きじゃないし、性交中に撮影された動画に至っては気付かない方が不自然である。
同意の上で撮影された写真や動画を盗撮と主張しているようにしか見えないのに、報道はそういった疑問を全く抱かずに原告の主張を全面的に真実としている辺りも非常に気味悪い。

裁判が始まる前に事の詳細に加えて、被告が悪であるとして発信する行為が正義とも正当とも思えない。
有罪判決を決め付けての報道によって、真偽に関わらず社会的制裁の加えられる状況が既に整っていて、何から何まで気味悪さしか感じられない。

病人を 出汁に使うな 痴れ者が2019年02月13日 23時39分18秒

2020年の東京オリンピックでメダルを狙えると期待される女子競泳選手がいる。
1つの大会で日本新記録を連続して更新するなどの功績もあり、女子競泳へ関心を強める立役者ともなっていて、正しく期待の星と呼ぶに相応しい注目選手となっていた。
そんな若干18歳の選手が白血病を発症したと発表されて、本来とは異なる形での注目を浴びる事となってしまった。

若い注目選手の白血病と話題性の高さもあって、朝から報道メディアが挙って今までの功績を中心に特集を組みながら報道していた。
そんな番組の出演者は病気の克服と復帰を応援すると口々にするけれど、骨髄バンクへドナー登録したり、輸血に協力したりと行くなどの具体的な行動を1人として報告していなかった。
誰もができる具体的な横断だというのに、視聴者へ呼び掛ける事さえもしないという有り様を見ていると、病人を出汁に使いながら美味い所だけ啜っているとしか思えず、醜悪な連中に見えて仕方ない。

野党議員も似たり寄ったりで、五輪担当大臣の言葉尻を拾い上げて不謹慎だの辞任すべきだのと騒ぎ立てている。
野党は大臣が「がっかりしている」との発言を叩いていて、この言葉が駄目なら反意語が正しい事になるわけだが、ガッカリするとは落胆する事であり、落胆の反意語は有頂天である。
野党議員によると、注目選手の入院に対して喜び舞い上がるべきだと文句を付けている事になって、どちらが不謹慎なのかと呆れる以外の感情が持てない。

件の女子選手は白血病なので無菌室へ入っていると思うので、願わくば報道メディアや野党議員のゴミ情報も遮断して、精神的にもクリーンな環境で闘病に励んでもらいたい。

自分等が 気付けぬ不正 咎めるか?2019年02月04日 23時49分25秒

最近の国会では厚生労働省の勤労統計不正問題をやり玉に挙げて、野党が辞任だの責任だのと騒ぎ立てている。
しかしながら、統計値の不正は何年も前から延々と続けられていた事が分かっていて、現在の野党が政権を取っていた民主党政権下の3年間も含まれている。
つまり、辞任だの責任だのと騒いでいる当人は不正に気付かないまま過ごしていて、その頃に是正されていたら現状で問題になっていないはずであり、自分の事を棚に上げての間抜けな責任追及と言える。

それに何より敢えて不正を行っていたというよりも、無理なコスト削減による弊害であるとの指摘も出ているので、必要な経費まで削ったと言えば民主と政権であり、現在の野党にも責任の一貫があるだろう。
そもそもに現政権に関する見方としては、今まで何年も見逃されてきた不正を暴いたとして、称賛されても良いくらいで与党単独の責任問題として議論すべき話ではない。
それなのに揚げ足取りしか考えていない野党のゴミが無駄に騒いでて、呆れる以外の感想が出てこない。

それに「消えた給付金」とセンセーショナルな見出しを付けているけれど、数年が経過した今でも尾を引いている年金問題に比べたら、大した問題ではないように思えてしまう。
何にしても国会で騒いだところで何にもならない話なので、責任追及よりも再発防止策について議論するか、再集計が終わるまで他の重大議案を処理しておくなりすべきだ。
何も分かっていない状況で質問しても応えられる話でもないし、時艦の無駄を省いて使うべき時間を捻出する発想へ持ってほしい。

金銭の 話題どうにも 好きでない2019年01月23日 23時05分39秒

父親の金銭に関わる報道へ対する反応が好きでない。
金銭の貸し借りに関する話が出る度に関係者を金の亡者として蔑む発言が目立つのだけど、その対象が明らかな被害者にまで向かうから嫌悪感を覚える。

今回の報道では借用書の交わされない資金援助を受けていたけれど、婚約破棄の際に取り交わした約束では返却不要との事だったのに、後になって借金返済を求められたとの事例だった。
第一に借用書を交わしていない時点で借金と呼ぶ事に無理があり、その資金援助の使い道が息子の留学に関わる保証金との事で、義理の息子になる見込みの相手へ投資したようにしか見えない。
婚約破棄となった段階で返却の申し出を行う流れに納得できるし、逆に言えば時を経てから借金返済と言い出す方がよほど不自然である。

借り手の家庭が週刊誌の注目を集める存在となったので、騒ぎを起こせば何か得するのでないかと邪な事を考えたように見える。
俺から見れば借り手の方が耳障りな虫に集られているとしか見えないのだが、父親は借り手が金の亡者で詐欺紛いの資金援助を求めていたのだと、婚約破棄の理由も金目当ての婚約だと感じたからに違いないと言い出したりと不愉快だった。

何よりも最初の会話が貸し手側への不信感で固まっていたのに、いつの間に借り手側への非難めいた発言へ変わっていて、結局は相手を見下したいだけに思えて呆れるばかりだった。

増えたのに 鯨を捕れぬ 理不尽さ2018年12月27日 23時20分33秒

日本が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退して、商業捕鯨を再開するとの発表された。
このニュースに関する解説を聞いている中で、IWCは鯨資源の保存しながら捕鯨を行う為に設立された組織であった事を思い出した。
調査捕鯨が禁止とされた時点で本来の目的と反する組織になったと呆れて以来、長い月日が流れていく間にすっかりと忘れていた。

捕鯨へ反対する国が捕鯨しようとする委員会へ加盟している時点で矛盾しており、本来なら反捕鯨委員会を別途に立ち上げて協議していくべきだったはずなのだ。
鯨を好んで食べている国が少ないからと、捕鯨の様子を衝撃的に見せ付けて反対する国を増やして、数の暴力による感情論で禁止へ追い込んでいる状況が現状である。
捕鯨の際に流血する様子が悲壮だというのなら、家畜の屠畜も手際が良すぎて残忍に思えるはずなのに、どうして鯨だけ禁止する対象となるのか理解できない。

個人的には何が何でも鯨を食べたいというわけでないけれど、理不尽な理屈で文化が否定される事へ対する憤りを感じる。
そもそも捕鯨に反対する国の中には増えすぎて邪魔になったからと、観光資源としていた動物を虐殺しておいて、素知らぬ顔をしている一方で捕鯨が残忍だと言っているのだから呆れるばかりだ。

鯨の頭数が増えてきた現状であれば、IWCの本来あるべき方向としては捕鯨を行っていくべきである。
それにも関わらず、捕鯨の禁止のみ訴える本来の目的を見失った組織など、それこそ存在意義のない烏合の衆なので解体すべきだし、加盟する理由もないという判断に同意する。