大雪が 予報通りに 降ってきた2018年01月22日 23時56分00秒

今日は数日前から関東全域を含む広い範囲での降雪が予報されていた月曜日で、今回はどうにも騒がれた通りになりそうで肩透かしに終わる事のなさそうな雰囲気だった。
そうなると路面状態の把握できない夜道を帰ってくる事になるので、自転車が荷物にしかならないので自宅から駅まで歩いて行く事にした。
こうなると自宅から駅まで、駅から会社までの2回も歩く事になり、2つを合わせたら片道で1時間近く歩き通しの通勤となる予定だった。
歩く事を苦にする性格でもないから問題ないのだけど、行きだけでなく帰りも同じ事になると考えたら、小学生の遠足か何かのような日程になるわけで、平日にこれほど歩く日も珍しいなどと楽観的な思いに耽っていた。

朝の身支度が調って歩き出してみると、雪と呼ぶに硬すぎて、雹と言うには小さい粒が路面を濡らしていた。
雪の類いであれば傘を使わなくても溶ける前に落ちるので濡れないからと、傘を小脇に抱えたまま駅まで歩いて行ったのだが、途中で降ってくる量が急激に増えて硬い雨音を立て始めた時は、大きな雹に変わらないかと少し心配になった。
行きに関しては自宅からも、会社へ向かう道も似たり寄ったりの雰囲気で難なく踏破できたので、大雪と言っても積雪2cmほどに終わるかも知れないと思っていた。

東京都心では積雪2cmでも交通網へ影響するので十分な大雪なのだが、両親の実家が山と海の雪国で雪の歩き方を知っている身としては花で笑える程度の雪でしかない。
しかし、昼食の食べ終わった頃から言い知れぬ不安を感じて、外を見に行ってみれば僅か60分足らずの間に路面が真っ白に染め上げられて、靄も掛かって遠くを見通せない状況となっていた。
その光景だけなら雪国で目にする景色そのもので、どうにも嫌な予感が現実味を帯びてきた印象が強かった事から、明るい内に帰宅しないと危険だと判断して在宅作業へ切り替えるとして会社を出た。

帰り道は軽く吹雪いているような状況で歩く羽目となり、早めに帰宅する人が多いのか電車で鮨詰めにされて、地元へ戻ってくると目の前の景色が雪国のそれだったので驚愕した。
積雪量は俺の地元では過去最高を記録していそうな雰囲気で、靴が雪に埋もれるほどの積雪をかき分ける場面もあったりと、何処か現実離れしているような気分さえあった。
会社を早めに出たおかげで明るい内に帰宅できたけれど、今日は歩く距離がかなり長かったので久々に足腰へ響いている。

今日もまた 眠気に負けて ダラダラと2018年01月21日 23時33分22秒

昨日も遅くまで寝ていて十分に休まったと思っていたけれど、今日も寝起きから気怠さと眠気の抜けない状態となっていて、トイレへ行ったついでにスマフォとタブレットを持って寝床へ戻ったら、何もしないまま二度寝している有り様だった。
日射しで室温の上昇する頃まで布団をこたつの代わりにする積もりだったのに、横へなって体制を整えている間に意識が飛んでいた。
最初の寝落ちからは30分ほどで目覚めたのだけど、その後も午前中にやっておきたい作業的なプレイで力尽きて、布団へしっかりと潜り込んで再び眠りこけていた。

そんな調子だったので昼前11時まで寝ていて、カーテン越しの暖かい日射しに誘われるまで起床する気になれず、休日の半分を惰眠に費やすという贅沢とも無駄とも言える時間を過ごしていた。
リフォームのために通勤先が変わっている影響もありそうで、あまり経験のないタイプの疲労感に苛まれている事は確かにある。
似たような空気として真っ先に思い浮かぶのは母親の他界した直後、転職する事になって会社を興してからの半年ほどもそうだし、T社員が抜けた直後もこんな事になった覚えがある。

要するに、精神的な弱さが原因なのだろう。
それに生活リズムも乱れていて、就寝時刻が何時の間に深夜2時過ぎになっている傾向もあるし、単純な疲れもありそうなので注意するべきなんだろう。

そんな事を考えながら散髪と買い物へ出掛けた以外に何もしてない。

MMD やってる人は ただの人2018年01月20日 23時09分56秒

ここ最近にMMD界隈へ対する外野からの印象を意識させられる場面が多くて、散見しながら自分なりの言葉をTwitterへ流したりしていた。
そんな流れの中で見えてくる物の多くは、MMDへ対する過大評価にまつわる誤解であり、一言で言ってしまえば思い込みであった。

まず最初に言わねばならない事として、MMD関係のオフ会へ初めて参加した時に「MMDerなんてただのオッサンだからね。そこらに居るオッサンだよ」という言葉を何度も聞かされた。
MMDerとはMMDで動画作成を行う人のことであり、彼等は動画投稿を介して視聴者から特別な技能のある超人と見られる事へ不安を抱いており、その誤解を解くために視聴者なのにオフ会へ参加した俺へ言い聞かせてきた言葉だ。

つまり、MMDerは趣味として動画を投稿しているだけの一般人であって、そこにプロ意識など存在しないし、プロ級の動画を作っている認識もない。
普通のオッサンである自分にできて、作業環境もフリーソフトで全て揃えられるのだから何も難しい事などなくて、誰にだって作れると思っているから完成した作品がプロ級だなどと自己評価しないし、言われても信じない。
しかし、MMD界隈の外からはプロも顔負けする技能者集団の如くに見えていて、プロに匹敵する技能を持つのにMMDへ固執する事で才能を腐らせていると思われている節がある。
こういった誤解はMMDが知られ始める初期の頃からあって、どうやら未だに続いている根の深い思い込みらしい。

MMDを用いた動画作成で何が行われているのか知りもせず、知ろうともしないままに時代遅れのツールに固執していると言い切られると不快でならない。
それは「アニメを見ると頭が悪くなる」や「オタクは犯罪者予備軍だ」と決め付けて、好き勝手な事を言っている奴等と同じような行為であって、どうしようもなく愚かな事だ。

開かなくて 乗りたい電車が 過ぎていく2018年01月19日 23時39分25秒

今日は会社が仮住まいへ引っ越してから最初の金曜日、毎週の恒例となっている買い物に続いてToda氏との夕食会が予定されている。
買い物のために自宅と反対方向になる電車へ乗って池袋へ向かい、そこから取って返して地元へ帰っての夕食会というスケジュールなのだが、思うように電車へ乗れずに夕食会を中止する羽目となった。

池袋で買い物するまでは順調だったのだけど、池袋から地元へ向かおうとした時に待つべきホームを間違えして、気が付けば30分もの時間を無駄にしてしまった。
しかも、乗り換え時にも長々と待たされて、電車に揺られている時間よりも待ち時間の方が多いという有り様で、電車へ対する苦手意識を更に高める結果となった。

帰りの電車は急行を使うつもりでいたのだけど、登るべきホームを間違えていた1つ目の間違えであった。
さらにホームへ上がると乗る集った急行電車が止まっていたので、目の前の電車へ乗り込めば万事解決だと思っていたら、何時まで待ってもドアの開く気配がない。
妙だと思った時には構内アナウンスで目の前で扉を閉ざしている急行電車の出発を報せていて、俺を待たずに出発して行った。

電車を乗り損ねて初めて理解したのだけど、急行と快速に準急、そして各駅停車のそれぞれが別のホームに別れていて、俺は準急用フォームへ上がっていたようだ。
そして、開くはずと思っていた急行は向かいのホームから乗車できなくなっていたので、ドアが開かないまま乗り損ねてしまったわけだ。

忘れ物 またもやらかし 呆れ顔2018年01月18日 23時16分44秒

駅から会社までの歩行ルートを模索している今日この頃、今朝は夜でも比較的に歩きやすそうな道を通れたので、帰り道も同じルートを歩いて確認してみようと考えていた。
しかし、現状はまだ歩行ルートが確定していないために方向と距離を意識しているけれど、基本的には思い付きで歩いている同じ道を歩くのも一苦労だったりする。

それ故に帰り支度を整えながら来た道を思い返していたら、持ち物の確認が疎かになっていたらしくスマフォを会社へ置き去りにしてしまった。
仮住まいでなければ取りに帰る選択肢もあったのだけど、今は明るい時間帯でも片道20分ほど掛かっている状況なので、夜道だと倍近く掛かる恐れがある上に鍵を貰っていないから回収できない事さえ考えられる。
そして、スマフォでしか遊べないゲームはイベントの開催期間でないため、無理をしてまで取りに戻る理由が見つからないので、普通に諦めて帰宅する選択肢を取った。

ここ最近は眠りの浅さが気になっていたので、そこへ余計な考え事が重なってきた結果のミスなのだろうが、何とも情けない失敗をしたもんだと呆れている。

最短を 踏破できずに 不安有り2018年01月17日 23時54分28秒

会社が間借りしていたG社長の自宅をリフォームする事になり、工事期間中の仮住まいへ移って今日で3日目となるのだが、駅からの道順を未だに覚え切れていない。
方角と距離さえ把握していれば辿り着ける方向感覚を持っているので、迷子になるような事こそないのだけど、最短コースを歩けていないのでタイムロスが発生している。
会社へ辿り着けているので基本的に問題ないのだけど。帰り道を万全にしようと思うのなら行きの順路を正確に覚える必要があって、同じ道を歩けていない時点で不安要素となってしまう。

この3日間はG社長が飼い犬の散歩がてらに送ってくれているけど、このまま延々と見送りに来てもらう訳にも行かないので、早く道順を覚えたいと考えている。
しかしながら、方向と距離だけで歩く事へ慣れている上に、傾斜の激しい土地柄なので一直線の道が殆どなくて、どういも感覚を掴みづらくて迷走してしまう状況らしい。
どうやら迂回となるルートを先に見覚えてしまい、間違った順路だと記憶の訂正に時間が掛かっているので、一度でも予定のコースを歩けたら劇的に改善すると予想している。

何にしても最短ルートをしっかりと踏破する事から始めよう。
特に行きと帰りで同じ道なのに印象の大きく変わるY字路もおおいので、本当に厄介だと溜め息が漏れてくる。

考える 頭を持たぬ 愚者の声2018年01月16日 22時26分03秒

先ほどにTwitterを眺めていると、牛乳パックが最近になってキャップ式の紙パックへ切り替わり始めたようなのだが、握力の定価によって開封できないとして老人にとって改悪であると喚いている発言を目撃した。
俺は馬鹿な事を言い出す輩が出たものだと呆れながら眺めていると、共感や賛同の返信ばかりが続いていて、Twitterの性質上に似たような意見が連続しやすいと理解しつつも寒気すら感じた。

老人にとってキャップの開けづらさを否定するつもりはないけれど、そこまで握力が低下しているのなら紙パックの片側を注ぎ口として開けるのか強い疑問を感じる。
それに飲料水ばかりか調味料でさえ液体であればキャップ式の容器に入っている場合が多くて、何故に紙パックだけが非難の対象となっているのか分からない。
それに何よりキャップの開封を補助する器具が発売されていて、百円ショップでも見掛けるほど安価に購入のできるので買ってこれば、様々な場面で重宝するに違いない。
もしも、牛乳パックのキャップだけが特別に開けづらいとしても、一度でも開けてしまえば苦労しないだから、購入時にレジで封切りを頼むだけで解決するのに、文句ばかり並べている様子が不快でならなかった。

何よりも不快だと感じた理由は、キャップ方式への切り替えが老人の事を考えての変更だと考えられるのに、最初が開けづらい事を非難している浅はかさにある。
開けづらさは最初に1回だけのデメリットであるのに対して、キャップ式にする事で冷蔵庫から出す際に落としたとしても、中身をぶちまけずに済むという大きなメリットが存在する。

旧来の紙パックの片側を注ぎ口として開いた場合、口を完全に閉じられないので落下させると中身が吹き出す上に、横倒しでは流出し続けるので早く拾い上げる必要があるが、屈めない老人だった場合は相当量を零す事になる。
拾い上げた後は床掃除が必要となるので、文字通りの一大事となってしまうところがキャップ方式だと零れないため、屈めない老人でも安心して取り扱えるメリットの大草に比べたら、開けづらさなんてデメリットに入らないと思える。

欲張って 通院したら 大慌て2018年01月15日 23時05分18秒

今日は会社の仮住まいへ通勤する初日なのだが、眼科の定期検診で国立病院へ通院する日だった上に、耳鼻科への通院も一緒に済ませようと欲張ったので慌ただしい日となった。
出勤に関しては引っ越し先の環境作りを目的としていて、仕事が止まっている状態なので極端な話をすれば、明日へ回してもよかったので特に時間を意識する必要がなかった。
しかし、通院は国立病院が10時30分の予約となっていて、10分ほどソシャゲのイベントに使いたいので、耳鼻科は移動に5分ほど掛かるとして10時15分までに終わってほしかった。

このスケジュールを達成するためには、耳鼻科が混雑するよりも早く診察券を出しておきたいのだが、早い時刻に家を出るほどに冷たい風との闘いが激化するので辛かった。
しかも、ここ数日の冷え込みは大きな寒波の到来している影響で一段と厳しくて、呼吸する先から体温の下がっていく気さえする寒さとなっていて、ペダルを回す足の鈍りようが予想以上に酷くて、予定より10分も遅れて耳鼻科へ到着する羽目となる。

幸いにして平日の朝一番という時間帯のおかげで患者が少なくて、10時前に診察室へ入れたまではよかったのだが、空いている事から聴力検査をやろうと言われて普段の倍以上も診察に時間が掛かった。
そのため、診察室を出た時点で10時を回っていて、病院と薬局の会計を済ませて時計を見てみれば、まるで計ったかのように10時15分となっていたか大慌てだった。
大急ぎで国立病院まで自転車を飛ばそうとするも信号へ引っ掛かり、時間の短縮のできないまま10時15分に到着して、フリースペースで10分間のゲームをやってからの通院となった。

眼科の診察では白内障の片鱗が発見されて、現状では問題とする必要のない小さな濁りだけど、要観察という事になったので定期通院の理由が1つ追加になった。
元より黄斑円孔の手術を受ける際に受ける説明の中でも、術後に白内障を発症する場合が多いと聞いていたので驚かないし、視界が少し白んでいる印象もあったので納得さえしていた。

選択の 余地は端から ありもせず2018年01月14日 22時50分46秒

会社として間借りしているG社長の自宅がリフォーム工事を行う事になり、明日から数ヶ月の仮住まいへの通勤となる。
明日は午前中に通院の予定が入っていたりと慌ただしいので、定期券の切り替えを今日中に済ませておこうと出掛けてきた。

経路の選択肢としては池袋経由で遠回りするルートか、普段に使わない路線で池袋を経由しない最短ルートの2つがある。
池袋経由で行く場合は普段と同じ駅から乗車して、乗り換える路線が変わる程度の違いなので大雑把に変わりなく通勤できるけれど、やはり運賃が高くなる。
池袋を経由しない最短ルートは普段に使わない駅からの乗車となるのだが、この駅の周辺が街灯の少なさから夜盲症の俺としては避けたい事情があったり、駐輪場を確保できるか疑問だったりと不安要素の多さが目立つ、

そのため遠回りなっても池袋経由のルートを選択しようと思っていたのだが、切り替えを申請してみると乗車から降車までJRの路線を1つも使っていないため、Suicaで定期券を発行できずに解約する形式しか取れないとの事だった。
言われてみれば私鉄から私鉄への乗り換えになっていて、JRを使っていない。
不都合の多い最短ルートはJRから私鉄への乗り換えとなるのでSuica定期券が使えて、解約でなくルート変更という形式を取れるとの事なので、悩むまでもなく最短ルートでの通勤する他になかった。

Suica定期券の解約とルート変更では余剰日数分の払い戻しに大きな差額があって、今回だと約1万円の差が生じる計算になると去年に相談した窓口で教えられていた。
リフォームが終わって元の通勤ルートへ戻る際も同様の状況が発生する可能性を考えると、その差額が2万円を超えてきて色々と考えさせる金額となってくる。
Suica定期券を解約した上で私鉄の駅まで移動して、そこで新規に交通系ICカードを契約する必要があったりと面倒も増える上に、この手間も戻す時に再び降りかかってくるので厄介な事この上ない。

というわけで、本当なら避けたかった最短ルートでの通勤を強要される事になって、何とも重苦しい気分での帰宅となってしまった。

気が付けば 今日は一日 寝てばかり2018年01月13日 22時52分56秒

今朝は平日の起床用に仕掛けているアラームを切り忘れて意味もなく早朝に起こされる羽目となり、そのまま二度寝すればよい所でトイレへ行ったりと動いたせいで目が冴えてきてしまう。
そして、無意味な早起きに意味を持たせようとゲームを起動してしまい、体だが冷え始めた時点を一区切りとして布団へ戻ると、そこから3時間ほど熟睡して昼近くに起床する寝坊となった、

それから土曜の日程を寝惚け眼で済ませて、Toda氏との昼食会へ出掛けて帰宅すると、寒気を感じ始めるなど体調不良の影が忍び寄ってきた事もあり、日射しの温もりのあるロフトで過ごしていた。
しかし、暖かくしても寒気が抜けないばかりは悪化する一方だったので、布団を敷いて横になっていたら、念のためイベント開始時刻に仕掛けたアラームで起こされるまで眠っていた。
そこからゲームのイベントをプレイして、一段落した所で今度は夕方まで眠りこけて、次は寝汗の不快感で目覚めるという有り様だった。

しかし、寝汗を描くほどの発熱で体調不良の影を振り払えたらしく、そこから回復傾向だったのだけど、結局のところは朝から夕方まで大半の時間を寝ていた事になり、何とも言えない休日となってしまった。