夜更かしで 疲労が抜けず 無気力に2014年10月26日 22時09分48秒

昨日に行われた主催者の自宅で行われるオフ会へ参加して、その帰り道では強烈な眠気に襲われて意識を保つのも辛く感じながら帰宅した後、必要最低限の日課を熟そうとPCの前に座ったはずが、色々とあって深夜3時近くまで起きていた。
宅オフへ参加メンバーの一人が終電を逃してそのまま泊まる事になり、俺が帰宅した時点でもまだオフ会の継続状態にあったため、ネットを通じて話し掛けていたら就寝するタイミングを逃しての夜更かしだった。

今日は派手な夜更かしの影響を受けて昼近くまで寝ているかと思えば、どういう訳か朝8時で目覚めてしまった上に二度寝もできず、明らかな睡眠不足の状態で起床せざる終えない状況となる。
この寝付けない状態が気分の良い目覚めであったなら文句もないのだが、残念というか当然というか頭の重さや腹痛などの小さな症状が折り重なっており、幾度となく居眠りを繰り返しながら過ごしていたら日が暮れていた。

不幸中の幸いはずっと治しきれずに迷惑していた風邪が落ち着いていた事で、このまま再発しないまま月曜を迎えられたら良いのだけど、夕食後に部屋を軽く掃除していたら汗を掻いたし、風呂上がりも汗が止まらずに難儀していた嫌な予感がする。