何もせず 時にはこれも 善意なり2019年02月27日 23時33分53秒

以前に祖父母の所へ遊びに来ていた幼児が近くの海へ行く途中で愚図り、1人で引き返していったまま行方不明になった事件があった。
大規模な捜索態勢にも関わらず発見されない状況が続く中、1人の老人ボランティアが独自の経験から子供の足で登れないと思われ、捜索範囲外となっていた裏山で幼児を保護した。

この一件で時の人と成った発見者がつい最近になって、東京都から大分県の自宅へ徒歩での帰宅という挑戦に挑んでいた。
何らかのチャリティ活動という訳でもないらしく、思い付きを実行へ移しただけなのに本人の意思と関係なく、SNSを中心に加熱して大勢の人が集まりだしてしまう。
そして、頼んでもいないのに差し入れを押し付ける輩が多数に渡り、最初はキャリーバッグだったのに荷物が増えすぎてリアカーへ変わり、写真や握手に応じていると身動きが取れなくなる事態も発生する、

更に路肩へ駐車して見物する迷惑者や子供から手も目も離す親なども現れ始めて、渋滞や沿道へ人が溢れるなどの危険な状態が目立つようになった。
この状況にボランティア経験の豊富さから危険性を感じて、挑戦の断念を決めたという流れとなったと経緯が報道されていた。

この話を聞いていて思う事はテレビに付きまとわれると碌な事にならず、自己満足の挑戦さえもまともにできなくなるとは可哀想でならない。
何よりも迷惑を考えずに殺到する連中や、善意のつもりか何か知らないけれど物を押し付けていく奴等が気持ち悪くて、話を聞いているだけでも反吐が出る。
特に物を押し付ける連中は挑戦者を貧乏で可哀想な物乞いへ恵みを与える聖人に成ったつもりなのだろうが、その実態は荷物が重くなって体力の消耗を激しくさせる。
文字通りの足枷にしかならないのに、善意を断れない人柄と知りながら押し付けて、足を引っ張っていくのだから酷い話である。

ボランティアとしての素晴らしさを讃えていながら、その姿を見倣おうとしないのだから人間として腐り切っている。
こんな愚行を演じるくらいなら、何もせずに居る方がよほど為になったはずで、挑戦者が何を求めているのか考える余地を何故に持てないのかと呆れるばかりだ。

腹癒せに 告発したと 思えます・・・2019年02月21日 23時42分52秒

先週に女性問題を理由にして自ら離党した議員がいるのだけど、事の詳細が少しばかり報道に載っていた。
要約すると女性から準強制性交で告発されていて、所属する自民党へ矛先が向く前に離党したという流れらしい。
しかし、報道は明らかに「準」の文字を取り払って語られており、被告となる議員が原告の女性を強姦したと印象付ける語り口だった。

ここで本来の用件である準強制性交を念頭に聞いてみると、原告である女性の主張する内容に奇妙な点が幾つもあって、交際を断られた腹癒せに告発したのではないかと思えてくる。
原告の女性も交際していた事を認めているし、肉体関係もあったとの事なのだが、告発している内容は泥酔している際の性的暴行となっている。
交際している相手である事を考えると、酔った勢いで同意した可能性を否定できないはずだ。
それに話の主題が途中から盗撮に切り替わっていたりと支離滅裂に感じられた。

その盗撮に関してもスマフォで撮影されていたらしいのだが、端末の大きさから考えて盗撮向きじゃないし、性交中に撮影された動画に至っては気付かない方が不自然である。
同意の上で撮影された写真や動画を盗撮と主張しているようにしか見えないのに、報道はそういった疑問を全く抱かずに原告の主張を全面的に真実としている辺りも非常に気味悪い。

裁判が始まる前に事の詳細に加えて、被告が悪であるとして発信する行為が正義とも正当とも思えない。
有罪判決を決め付けての報道によって、真偽に関わらず社会的制裁の加えられる状況が既に整っていて、何から何まで気味悪さしか感じられない。

病人を 出汁に使うな 痴れ者が2019年02月13日 23時39分18秒

2020年の東京オリンピックでメダルを狙えると期待される女子競泳選手がいる。
1つの大会で日本新記録を連続して更新するなどの功績もあり、女子競泳へ関心を強める立役者ともなっていて、正しく期待の星と呼ぶに相応しい注目選手となっていた。
そんな若干18歳の選手が白血病を発症したと発表されて、本来とは異なる形での注目を浴びる事となってしまった。

若い注目選手の白血病と話題性の高さもあって、朝から報道メディアが挙って今までの功績を中心に特集を組みながら報道していた。
そんな番組の出演者は病気の克服と復帰を応援すると口々にするけれど、骨髄バンクへドナー登録したり、輸血に協力したりと行くなどの具体的な行動を1人として報告していなかった。
誰もができる具体的な横断だというのに、視聴者へ呼び掛ける事さえもしないという有り様を見ていると、病人を出汁に使いながら美味い所だけ啜っているとしか思えず、醜悪な連中に見えて仕方ない。

野党議員も似たり寄ったりで、五輪担当大臣の言葉尻を拾い上げて不謹慎だの辞任すべきだのと騒ぎ立てている。
野党は大臣が「がっかりしている」との発言を叩いていて、この言葉が駄目なら反意語が正しい事になるわけだが、ガッカリするとは落胆する事であり、落胆の反意語は有頂天である。
野党議員によると、注目選手の入院に対して喜び舞い上がるべきだと文句を付けている事になって、どちらが不謹慎なのかと呆れる以外の感情が持てない。

件の女子選手は白血病なので無菌室へ入っていると思うので、願わくば報道メディアや野党議員のゴミ情報も遮断して、精神的にもクリーンな環境で闘病に励んでもらいたい。

自分等が 気付けぬ不正 咎めるか?2019年02月04日 23時49分25秒

最近の国会では厚生労働省の勤労統計不正問題をやり玉に挙げて、野党が辞任だの責任だのと騒ぎ立てている。
しかしながら、統計値の不正は何年も前から延々と続けられていた事が分かっていて、現在の野党が政権を取っていた民主党政権下の3年間も含まれている。
つまり、辞任だの責任だのと騒いでいる当人は不正に気付かないまま過ごしていて、その頃に是正されていたら現状で問題になっていないはずであり、自分の事を棚に上げての間抜けな責任追及と言える。

それに何より敢えて不正を行っていたというよりも、無理なコスト削減による弊害であるとの指摘も出ているので、必要な経費まで削ったと言えば民主と政権であり、現在の野党にも責任の一貫があるだろう。
そもそもに現政権に関する見方としては、今まで何年も見逃されてきた不正を暴いたとして、称賛されても良いくらいで与党単独の責任問題として議論すべき話ではない。
それなのに揚げ足取りしか考えていない野党のゴミが無駄に騒いでて、呆れる以外の感想が出てこない。

それに「消えた給付金」とセンセーショナルな見出しを付けているけれど、数年が経過した今でも尾を引いている年金問題に比べたら、大した問題ではないように思えてしまう。
何にしても国会で騒いだところで何にもならない話なので、責任追及よりも再発防止策について議論するか、再集計が終わるまで他の重大議案を処理しておくなりすべきだ。
何も分かっていない状況で質問しても応えられる話でもないし、時艦の無駄を省いて使うべき時間を捻出する発想へ持ってほしい。

金銭の 話題どうにも 好きでない2019年01月23日 23時05分39秒

父親の金銭に関わる報道へ対する反応が好きでない。
金銭の貸し借りに関する話が出る度に関係者を金の亡者として蔑む発言が目立つのだけど、その対象が明らかな被害者にまで向かうから嫌悪感を覚える。

今回の報道では借用書の交わされない資金援助を受けていたけれど、婚約破棄の際に取り交わした約束では返却不要との事だったのに、後になって借金返済を求められたとの事例だった。
第一に借用書を交わしていない時点で借金と呼ぶ事に無理があり、その資金援助の使い道が息子の留学に関わる保証金との事で、義理の息子になる見込みの相手へ投資したようにしか見えない。
婚約破棄となった段階で返却の申し出を行う流れに納得できるし、逆に言えば時を経てから借金返済と言い出す方がよほど不自然である。

借り手の家庭が週刊誌の注目を集める存在となったので、騒ぎを起こせば何か得するのでないかと邪な事を考えたように見える。
俺から見れば借り手の方が耳障りな虫に集られているとしか見えないのだが、父親は借り手が金の亡者で詐欺紛いの資金援助を求めていたのだと、婚約破棄の理由も金目当ての婚約だと感じたからに違いないと言い出したりと不愉快だった。

何よりも最初の会話が貸し手側への不信感で固まっていたのに、いつの間に借り手側への非難めいた発言へ変わっていて、結局は相手を見下したいだけに思えて呆れるばかりだった。

増えたのに 鯨を捕れぬ 理不尽さ2018年12月27日 23時20分33秒

日本が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退して、商業捕鯨を再開するとの発表された。
このニュースに関する解説を聞いている中で、IWCは鯨資源の保存しながら捕鯨を行う為に設立された組織であった事を思い出した。
調査捕鯨が禁止とされた時点で本来の目的と反する組織になったと呆れて以来、長い月日が流れていく間にすっかりと忘れていた。

捕鯨へ反対する国が捕鯨しようとする委員会へ加盟している時点で矛盾しており、本来なら反捕鯨委員会を別途に立ち上げて協議していくべきだったはずなのだ。
鯨を好んで食べている国が少ないからと、捕鯨の様子を衝撃的に見せ付けて反対する国を増やして、数の暴力による感情論で禁止へ追い込んでいる状況が現状である。
捕鯨の際に流血する様子が悲壮だというのなら、家畜の屠畜も手際が良すぎて残忍に思えるはずなのに、どうして鯨だけ禁止する対象となるのか理解できない。

個人的には何が何でも鯨を食べたいというわけでないけれど、理不尽な理屈で文化が否定される事へ対する憤りを感じる。
そもそも捕鯨に反対する国の中には増えすぎて邪魔になったからと、観光資源としていた動物を虐殺しておいて、素知らぬ顔をしている一方で捕鯨が残忍だと言っているのだから呆れるばかりだ。

鯨の頭数が増えてきた現状であれば、IWCの本来あるべき方向としては捕鯨を行っていくべきである。
それにも関わらず、捕鯨の禁止のみ訴える本来の目的を見失った組織など、それこそ存在意義のない烏合の衆なので解体すべきだし、加盟する理由もないという判断に同意する。

水道は 値上がりするよ どっちでも2018年12月04日 23時48分41秒

水道法改正案が委員会採決によって可決された事もあり、報道メディアがこぞって水道民営化法案が可決されたと騒いでいる。
しかし、報道における解説を見ていると最も重要な事柄に触れず、外国で民営化した際の失敗事例を紹介しながら、実例に学ばないと愚かな法案だと悪評を広めようとしている。
このような報道は完全なる偏向報道であり、国民の心証操作を目的とした悪意しか抱いていないので、報道とすら呼べない情報テロだと言わざる終えない。

水道料金は官庁が主導しようと民間へ委託しようと、どちらにしてもの値上がりが確定している事実を最初に説明すべきである。
つまり、水道法改正案の可否に関わらず水道料金が値上がりするのだが、現状で水道法の改悪だと印象付けておけば遠からぬ未来において、政権非難の材料として有効活用できると目論んでの偏向報道が成されているわけだ。
ここまで悪意に充ち満ちた偏向報道が許されてよいものかと呆れるばかりで、今回の水道法改正案を「水道事業の民営化法案」と銘打っている報道メディアを直ちに解体すべきだ。

そもそもに民間連携を促すための法改正であって、期間を必ず設ける委託なので民営化と呼べる要素が存在しない。
民間企業が参入できるというだけであり、根本的な運営権は現行と代わらないのにどうして民営化だ何だと騒いでいるのか理解できない。

そして、先に述べている通りに現行通りに官庁が運営しても水道料金の値上がりするのだが、民間企業が参入する事によって値上げ幅を抑えられる可能性もある。
現行では値上げ幅を抑える技術の持った民間企業が参入できないので、選択肢の幅を広げるための水道法改正案であって、可決成立から即座に水道料金が値上がりするような話でもない。

何よりも腹立たしい事はこの法案によって水道料金の値上げ幅が大きく抑えられたとしても、その優位性は値上がりという事実に掻き消されてしまう。
知っておくべき事はただ1つ、水道事業はインフラの老朽化による値上げが確定している事であり、水道利用者の多い地域でも2倍に跳ね上がるとの話もあり、過疎化している場所では更に大幅な値上がりとなる。
外国で暴動の起きた7割像に抑えられたら素晴らしい成果と言えるのに、現状の報道だけ見ている人達は暴動を起こすかも知れない。

このような暴動を想像すると、水道料金の値上がりよりも背筋が凍り付くような恐怖を覚える。

優勝を 面白無くす 報道が2018年11月26日 23時55分01秒

大相撲の九州場所は横綱不在の取組表で千秋楽を迎えて、小結が初優勝を飾るという結末となった。
この小結は角界を揺るがす騒動を撒き散らしておきながら、親方が身勝手に畳んだ相撲部屋の出身力士であるため、申し訳ないのだが面白くないと感じてしまう。

そう思わせる原因は力士にあるのでなくて、報道メディアが無責任に相撲部屋を畳んだ元親方を持て囃すと予想されて、その流れを考えると不快になってしまうためだ。
実際の報道を見ていても転属した事が1つの切っ掛けとなって、横綱不在の状況ながら優勝するに足る実力を発揮できたとは言われていない。
転属という苦境の中でも元親方から受け継いだ相撲で優勝したと、そういうニュアンスで話を進める辺りは気持ち悪かった。

優勝した実力を疑っているわけでなくて、小結止まりだった力士が転属した直後の初優勝したのだから、元の相撲部屋が足枷となっていたり合っていなかった可能性を何故に言わないのか。
聞いたところでは秘密主義の相撲部屋で出稽古が行われず、同じ部屋の力士としか練習していないとの話もあって、これが真実であれば実力を発揮できない場面があっても不思議でない。
そういった話も聞いているだけに、元親方を持ち上げて転属先の親方を蔑ろとする失礼な報道に嫌悪感を覚える。

野党だと 報道されず 揉み消され2018年11月05日 23時44分25秒

ネット上で話題となっているにも関わらず、テレビや新聞では全く報道されない事件があるそうだ。
生コンクリート業界を牛耳っていた人物が恐喝未遂容疑で逮捕されたのだが、野党議員がこの容疑者と密接な関係にあるとの情報が流れているのだが、逮捕に関する報道さえも殆ど成されていない。

これは事件が公に知られた時点で野党議員との県警が明るみに出る事が確実であるため、報道関係に強烈な圧力を掛けているのでろうと疑惑が浮上している。
これが事実であれば、疑惑の向けられた野党議員が都合の悪い報道を規制している格好となるわけで、それこそ言論統制と呼ぶべき悪行を野党が行っている事になる。
それはかつて野党から与党を避難する言葉として発せられた行為に他ならず、与党政権が言論の自由が保障して偏向や捏造にまみれた報道を規制しないのに、野党勢力が元老党勢を行っている事になる。

これは本当に由々しき事態であり、真実であるなら直ちに免職させて相応の処罰を受けてもらうべき事件だと考える。
最低限でも説明責任をしっかりと果たしてもらう必要があって、言論統制の実態を解明するためなら報道機関の重役を国会招致して、何時間か掛けて追求する事があっても良いかも知れない。
野党が国会を空転させるために取った手法の数々が、不正にまみれた野党議員へ対して用いられる事を強く期待する。

その男 入国させて 良い者か?2018年10月26日 23時01分20秒

日本政府が解こう制限を掛けているシリアへ物見遊山で入国して武装勢力に拘束された挙げ句、助けてほしいと泣き言を垂れ流していたフリージャーナリストを名乗る阿呆が3年越しに解放された。
そんな下らない人間のどうでも良いニュースが朝のニュース番組を占拠していて、こんな価値を1つも見出せない話題を取り上げる報道メディアに呆れ果てていた。

この自称フリージャーナリストは現地へ行かないと真実を報道できないと仰々しい横断幕を掲げていたのに、多方面へ迷惑を掛けながら伝えられた事は「助けて下さい」という泣き言だけだ。
しかも、解放された直後の飛行機でインタビューを受けている時も、今後について「これからどうなるか、どうしていこうか、全く分からず心配だ」と語ったとあるが、この発言からも何のためにシリアへ入国したのか忘れている。
真実を報道するという大義名分は何処へ行ったのか。
3年も武装勢力と接していたのだから報道すべき真実とやらが山ほどあるはずなのに、それを報道する意欲が微塵も感じられない事から見ても分かる通り、フリージャーナリストとは無職と同義なのだと分かる。
そして、この無職で無能なフリージャーナリストを同類と見做す報道メディアが多数を占めている事実が何よりも呆れる。

拘束されていた時間を地獄だったと語っているのに、肌艶が随分と良くて拷問を受けていたという割に顔へ傷の一つもない。
明らかに言っている事と目に映る事実が異なっている辺りが気味悪くて見ると、武装勢力の洗脳が完了したので工作員として出荷されただけでないかとさえ思えてくる。