飼い犬の 思い出満ちる 宵の空2008年10月29日 20時10分20秒

G社長のご家族が犬を飼おうとしているという話があってペットショップへ連絡したりしていた。
今もG社長の自宅が社屋として活動しているから擬似的に犬を飼うような態勢となるかも知れないと思うと少し嬉しい気分になる。
それだけの感情で終わるのなら良いのだけど、昔に飼っていた犬の事を思い出してテンションが下がってしまう可能性を思うと複雑な気分だ。

思い出の大半は楽しい内容なのだけど、体調不良が精神の方へも波及しているようで死んでしまった時の事なんかが先に出てきてしまう。
恐らく隣の家で飼われていた老犬が先日に亡くなってしまった事も悲しい思い出ばかり出てきてしまう要因の一つだろう。

とはいえ、悲しい思い出ばかりを並べていたら飼っていた犬達に申し訳ないので少し楽しかった事でも思い出してみよう。
俺が犬を飼っていたのは小学校の頃で 1頭は俺が拾ってきて、もう 1頭は何かの機会に里親から引き取ってきた。
その当時は両親共に仕事をしていたので俺の帰りを待っていてくれるのは飼い犬だけだった。
学校にも近所にも友達と呼べる存在のいなかった俺にとって、家に居てくれる彼等は救いだった。

夏のような日が長い季節は帰宅してから散歩がてらに近所の空き地へ連れ出して遊んでいた。
その当時はフリスビーを取ってこさせたりする遊びは一般的でなかったから、やっていた遊びの殆どが鬼ごっこだった。
遊び方は簡単でリードを放して好き勝手に走り回っている犬を俺も走り回って捕まえるというシンプルな遊びだ。
話は簡単なのだが、俺は足が遅い事も手伝って相当に苦労させられた記憶が今でもハッキリと覚えている。

捕まえられた時の興奮もそうだけどフェイントなどの作戦が上手く行った時の喜びは一塩だった。
しかも、同じ作戦は何度も通用しなくて何個も新しい作戦を考えては試すというのを繰り返していた。
これで足が速くなってくれていたら文句はないのだけど、残念ながら今もまだ走るのは苦手だったりする。

走ると言えば、小学校の頃に体育の授業でマラソンをさせられた時に飼い犬を連れてきて、散歩の時のように引っ張ってもらえないかと考えたことがある。
そういえば、いにに引っ張られると自分でも驚くほど早く走れて、気持ちよかったな。
その時にどれほどの速度が出ているのか分からないが。空を飛んでいるかのような不思議な感覚を覚えたことを良く覚えている。

さまよって 過去へ未来へ ネタ探し2008年09月30日 20時33分14秒

今週は体調が今一つなのに仕事が忙しいという状況で、何とタイミングが悪いのかと溜め息が出てしまう日々だ。
そんな中にあってブログのネタ探しをしようとしているわけだが、調子が悪い時は目に付く物も良くない物ばかりで困ってしまう。

今日なんて無灯火で走ってくる自転車と危うく接触しそうになるという場面が 2度もあって、マナーの悪さに腹が立ったとかそんな話しか無かったりする。
それと帰りの電車で妙に息遣いの荒い巨漢が居て、色々な意味で気味が悪く 1秒でも早く電車を降りたいと思った、なんて事もあったか。
どちらのネタも使えない話ばかりで困ってしまっている今日この頃、こういう日が続くと自分に余裕がないのだと思い知らされて少し疲れ気味になってしまう。

とはいえ、暗い話ばかりを並べていたら精神が蝕まれてしまいそうなので何か話題を探したい。
最初は俺が最初に遊んだネットワークゲームである「ラグナロクオンライン」の昔話でもしようとか考えた。
ところが書き始めて 3行くらいで、最近にネットゲームをやっていた際に鬱状態へ陥ってしまった記憶が呼び覚まされてしまって手が止まってしまった。

細かい事は書こうとしても手が止まってしまうため簡単な言葉で説明させてもらうと、古き良き時代を知っている俺にとって最近のネットゲームは何処か殺伐として見えてしまって、その世界にいる自分が嫌になってしまった感じだ。
しかも、古き良き時代の面白さはそれを教えてくれたラグナロクオンラインからも消えてしまっているという事実が追い打ちとなって、何処までも沈んでしまいそうにだった。

楽しかった思い出を書こうとしても暗い話題へと変わってしまう悲しさを抱えつつ、次なる話題を探してみた。
記憶や思い出の話では先ほどの二の舞と成りかねないので時事ネタを少し探してみると小泉純一郎元総理が政界を引退するというニュースを思い出した。
本当のところ引っ掛かってきたのは引退の報道ではなくて、小泉元総理の功績に関する政治評論家の発言だったりする。

小泉政権で行われた政策について、最近では中身が薄くて口だけの総理だったという言われ方を良く耳にする。
俺は政治に興味が薄い人だから詳しくないが、他の総理大臣はどれほどの仕事をしてきたのかと首を傾げてしまう。
特に最近の阿部・福田といった面々は総理大臣という職を途中で投げ出すような終わり方をしているじゃないか。

そういう意味で見ても、俺は小泉政権は評価されるべきだと思う。
国民に政治への関心を取り戻させたという事実はどんな政策よりも評価されるべきだと思う。


そんなこんなをグダグダと書いていたら何とか間を繋ぐことができたらしい。
ふぅ、明日はまともなネタが見つかればよいのだが・・・・

弁当を 買いに向かえば 初仕事?2008年04月24日 19時56分13秒

今朝も起きがけの体調は良くなくて嫌な感じがしたのだが、通勤の途中から快方に向かって仕事場へ着いた頃にはほぼ回復していた。
おかげでFlashCS3の独学も程良く進んでくれて、何とか公開できる程度の成果を上げることはできた。

現状は思いついたところから順々に手を出している感じで、幾つか見つけたFlashCS3の解説サイトと見比べてみると順序が滅茶苦茶だ。
それでもメニュー用Flashコンテンツをどういう風に作っていくかの作成手順くらいはイメージできるようになってきた。

大雑把な開発手順が分かってきたから、当面の課題は Flashの仕様や開発環境の操作に慣れるといった所になりそうだ。
特に Flashの仕様についてはプログラマが想定する内容と懸け離れている事が多くて難儀させられる部分でもある。
今日もそうだけど、仕様を確認するための実験が続くことになりそうだ。

そんな調子で過ごしていた今日の昼時、いつも通りに近くの弁当屋さんへ昼食を仕入れに行ってきた。
仕事場を出たのは 3人一緒だったのだけどG社長だけデザートを買うためにコンビニへ一人で向かっていった。
というわけで、俺とT社員だけで弁当屋さんに行ってきた。

いつもの用に 3種類の中からどれを選ぶか考えている辺りから弁当屋さんから「もう会社はできたのですか?」なんて質問が飛んできた。
最初はただの好奇心だと思ったのだけど、徐々に「Web制作の費用がどれほどになるのか」なんて話が出てきた。
微妙に期待し始めた頃に弁当屋さんが「うちじゃないけど、ホームページを作ってくれる会社を探している所がある」なんて言い出した。
やたらと「うちじゃないけど」の部分を強調されたのが気になったけれど、ひとまず条件さえ合えば仕事を紹介してもらえるかも知れない。
つまり、そう言う話でである。

正直なところ、弁当屋さんから仕事の伝手を得られるとは思っても見なかった。
ひとまず料金についての決定権はG社長が握っている事にして、費用については言葉を濁してきた。
明日にG社長を連れて行って少し話を聞いてくるつもりだけど、上手くすれば登記手続きが完了したばかりで仕事が得られるかも知れない・

やはり人との繋がりというのは大切にして置くものだな。

落ち葉で焚き火2007年12月07日 21時34分24秒

紅葉のシーズンも終わりに近づき始めた今日この頃、駐輪場から駅へ向かう途中の公園に落ち葉がだいぶ溜まってきた。
踏めばカサカサと乾いた音を立てるし、焼き芋なんぞをやるには良い状態になっている。

ただ一つ不安に感じるのは煙草の吸い殻が落ち葉の中から白い顔を覗かせているのを幾つも見つけられる事だ。
程々に乾燥も進んでいるし、不始末による引火なんて騒ぎにならない事を祈るばかりだ。

それにしても、枯れ葉を見ては「焼き芋」という単語が頭に浮かんで、それから暫く離れないというのは如何なものだろう。
季節の風物詩として思い浮かんでいるなら良いのだけど、俺の場合は少しばかり毛色が違ったりする。
実のところ焼き芋はあったら食べるけど、お金を出したり労力を掛けて作ってまで食べたいとは思わない。

つまり、落ち葉を燃やす事がメインで焼き芋はついでなんだ。
更に言ってしまうと、焼き芋という名目を掲げれば公然と落ち葉に火を付けられる事、それが重要なんだ。

俺が初めて落ち葉で焼き芋をやったのは小学校のイベントだったな。
通っていた小学校は国から緑の多い事で表彰されたくらいに木や花が植えられていて、大量の落ち葉を片付けるのに苦労していた。
そこで焼き芋大会と称して、児童と保護者一同に落ち葉集めと焼却の手伝いをさせる美味しい企画が行われていたわけだ。

普通のイベントならサボっている俺も人より少し火をイジるのが好きだったから焼き芋にだけは真面目に参加した。
ちょっとだけ他人よりも多く火遊びをした経験があってか、俺の班の焚き火は良く燃えていた。
それも近辺の班が合流してくるほど見事な火で、教職員に感心されたほどたっだ。

ちなみに火加減も絶妙だったようで、生焼けの芋はもちろん焦げている芋もなかったと記憶している。
そして、最後に全ての落ち葉を燃やすための種火として俺の作った焚き火が採用されたのも良く覚えている。

そんなわけで、久しくやっていない焚き火をやりたくて仕方がない今日この頃です。

初めてのPCも暴れ馬2007年08月22日 20時12分44秒

俺が初めてPCを手にしたのは高校入学の時だった。
当然ながら、資金源は親なのだけど強請って買ってもらったわけではない。
私立より授業料の安い公立へ入学する代わりに、浮いた金で買ってくれと掛け合ってのことだ。

話の流れ的には「本当な私立に行きたい」というニュアンスで交渉していたのだが、実は公立の方に第一志望があったのは秘密です。

そんな腹黒で手に入れたのはFMVの初期モデルで、時代的にはWindows95が登場した直後だった。
今にして思うと、完全に買い時を見誤った買い物だった。
メモリはOSの推奨 16MBだというのに標準搭載 8MBだった,し、HDDに至っては出荷状態で空き容量 20%前後だった。

何といっても笑えなかったのがCPUだろう。
自宅にPCが届いた時、90MHzは最新鋭だと持ってきた業者が羨ましがっていた。
だけど、翌月には133MHzが当たり前となり、半年もすれば200MHzを越えるCPUが低価格で出回るようになった。

あの当時は完全に性能=周波数という時代だったから、購入から半年足らずで取り残される結果になる。
それでも必死に食い下がって、結局は高校 3年間を乗り切ったのだから大したものだ。

本当に四苦八苦で知っている人が居ないかも知れない CPUアクセラレーターまで使っていたからジャジャ馬を通り越して暴れ馬だった。
それが故に色々と学ぶところも多く、トラブル慣れをしてしまい、1年足らずで学校のPCメンテナンスを手伝わされるまでになっていた。

考えてみれば、今の色々と相談を受ける立場ってのは高校から脈絡と続いているわけか。

俺に渾名を付ける女2007年08月20日 21時40分35秒

昔話を一つ。
雷嫌いの幼馴染みノリコの友達にサチというのがいる。
何の因果か知らないがノリコとは正反対の女の子らしい女の子だ。

小学・中学の人気投票で上位に入っていたと記憶しているので普通に可愛い部類に入る女子だったはずだ。
もっとも、俺の印象としては可愛いというより頭のネジが10本ほど飛んでいるイメージの方が強い。

サチの最も特徴的な癖は俺を呼ぶ時に毎回の違った渾名を使うことだ。
一度として同じ呼び名を使わないのは素晴らしいのだけど、さすがにこちらも呼ばれているのか分からなくなる。
たまに自信作の時に放置すると「無視された」と言って、涙目になるので非常に扱いづらい生物だった。


そんなサチと俺が知り合ったのはもちろんノリコによるところなのだが、最初の会話がまた独特だった。
俺の目を見てサチが最初に言った言葉は「怖いよぉ」だった。
しかも、本気で涙目になっていたから今でも忘れようがない。
さらにそのままノリコの後ろに隠れてしまって、凶暴な幼馴染みから「脅かすな、ボケ」と脳天にチョップを喰らわされる始末だ。

実のところ、小学校の 1年と 2年は毎日のように誰かと殴り合いの喧嘩をする生活を送っていた。
それ故にサチが怖がるのは決して間違ったことではなかった。

そんなわけで、俺に怯えるサチが一つの提案をしてくる。
それが「怖いから渾名を付けてほしい」というものだった。

正直なところ、渾名を付けられるのは大嫌いだった。
小学校入学から 1週間ほどサンリオの某キャラクターと同じ愛称で呼ばれた事がある。
知らなかったとは言え、アレは人生最大の汚点だと今でも想っている。

そういう理由があるからと拒絶の意思を伝えただが、サチ曰く「「渾名で呼ぶと早く友達になれる気がする」そうで引き下がらない。
最終的に、俺が気に入るまで考え続ける事で落ち着いたのだが、そこから例の毎回のように違う呼び方が始まったわけだ。

ちなみに何度か「もうそれでいいよ」と言った事があるのだが「う~~ん、さっちゃん的に今一だから却下~」と一方的に取り下げられてしまった。
今にして想うと、サチもあいつなりの方法で俺を弄っていたのかも知れない。

結局のところ、高校進学で別々の学校に行くことが確定しても俺の渾名が決まることはなかった。
卒業式の前日に「私以外に渾名を付けさせないでね」と約束させれたため、今でも一切合切の渾名は拒否し続けております。

最後にサチと会ったのは成人式の時で、その時は「しゃっちょさん」と呼ばれた気がする。

雷と言えば幼馴染み2007年06月11日 14時16分51秒

日曜日は随分と長いこと雷が鳴っていた。
朝の目覚ましが雷鳴だったかと思えば、昼飯時で腹の虫がうるさい時にも鳴っていた。

自宅周辺は夕立の通り道になっているので、雷そのものは大して珍しくない。
過去に電気を付けなくても雷光で本が読める、なんて状況を何回も経験したことがあるくらいだ。
それでも長くて1時間くらいで収まっていたから、断続的とはいえ半日近く鳴り続けたというのは記録的だ。
おそらく地球温暖化が原因なんだろうが、このところ変な天候が多くて困ったものだ。

俺の脳は雷という単語が登場すると同時に幼馴染みの顔が頭に浮かべるようになっている。
もう何年も顔を合わせていないはずなのに、俺の中での存在感は依然として衰える事を知らない。
まぁ、俺からすれば「唯一の天敵」だったのだから当然とも言える。
まして、その天敵が女だというのだから尚の事だ。

そんな強敵の癖に意外と弱点も多くて、代表例が雷だったりする。
悲鳴をあげたりはしないのだが、机などにしがみ付いて硬直するようになる。
ただし、それは俺が捕縛可能範囲内にいる場合の話だ。

もし俺が近くに居たら、まず間違えなく俺の腕を鷲掴みにしてくる。
傍から見ていると微笑ましい光景に見えるだろうが、俺の腕から血が流れている事を見逃してはいけない。
意図的ではないというのが振り解こうとすると傷が広がった前例もあるので、嘘か真か疑わしい弁解ではあった。

あまりの流血っぷりに冷やかしの声も上がらなければ、一部には青い顔をしている生徒までいたのを良く覚えている。
俺の姿がトラウマになって、雷が嫌いになった奴が居てもおかしくなかったと思うぞ。

ちなみに、幼馴染みをターゲットとしたのには理由があるのだけどさ。
今日はこれ以上は書く時間がなさそうなので、また後日・・・