手荷物を カゴへ入れずに 持つ危険2023年12月02日 22時13分57秒

リビングで暖房を使用していると、熱が頭上に溜まっていて不快なのでサーキュレータを購入しようと思い立った。
そのため、普段通りにToda氏との昼食会を終えてから本屋へ行き、花屋へ行く前に家電量販店へ立ち寄ってみたら、3千円弱で手頃な品があったので購入してきた。

梱包もコンパクトだったから自転車で持ち帰れそうだったので、レジで持ち帰り用に持ち手を作ってもらってきた。
通常であればリュックを背負い、前カゴにサーキュレータを積むべきだけど、衝撃を軽減させたいからとハンドルと一緒に商品の持ち手を掴んで走行していた。

花屋までは速度を出していなかったので平穏に進んだのだけど、自宅へ向かう途中で前方の信号が青へ変わったので、速度を上げれば信号の変わり目に交差点へ侵入できると欲が出た。
速度を上げようとペダルを踏む足へ力を入れた瞬間、自転車が唐突に制御不能となったから心底に驚いたけれど、転倒する手前で地面を蹴ったり手荷物を手放したりしつつ、条件反射だけで体勢を立て直して安全に停車できた。
ほっとするのも束の間で手放されて路上へ転がっていた箱を回収して、ようやっと一息を付ける状態となった。

どうやら足が手荷物と接触してしまい、蹴り上げられた箱がハンドルと接触した影響でバランスを崩したようだ。
既に路上へ投げ出しているので衝撃を気にしても仕方ないと諦めて、リュックを背負って空いた前カゴへサーキュレータを積んで帰宅した。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2023/12/02/9639354/tb