案件が 不足しており 流される2021年01月20日 23時30分14秒

コロナ禍の影響が出ているようで所属するプロジェクトの案件を取れていなくて、同部署の別プロジェクトへ回される事になってしまった。
仕事があるのなら別段に困らないのだけど、現状だとプロジェクトに関する説明を受ける場の調整など面倒事も多くて、どうなる事かと若干の不安を感じている。
同じ部署なので大雑把な業務内容を聞いているのだけど、扱っているシステムが独自性の高い印象を受ける事も不安材料の1つとなっている。
しかしながら、大型プロジェクトが足踏みしせざる終えない現状なので致し方なくて、培ってきた経験を武器にして乗り切っていきたい。

良く言えば色々な経験を積めているのだけど、たらい回しにされているといった悪い捉え方もできる状況でもある。
何かと使い勝手の良い技術者として扱われている感触もあるので、冷遇されていると思わないけれど、個人的な要望は腰を落ち着けたい。
元よりコミュニケーション能力の高い方でないから、あちらこちらへ連れ回されると目を回してしまうので、願わくば安定したいのだけど許される状況でないらしい。

以前のように客先で孤立した状態から抜け出せなくなるより良いけれど、これもこれで辛いと感じるのだから贅沢な話だろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2021/01/20/9339543/tb