寒いから 狭めの部屋で 作業する2021年01月12日 21時10分42秒

今日も昨日と同じような寒い一日となる予報だったので、窓が少ない上に狭くて荷物も少ない作業部屋で業務へ当たる事にした。
ここ1週間ほど使用していなかっただけに壁や床の冷たさが際立っていたけれど、厚めのカーペットと着る毛布による防寒もあって室温から受ける印象ほど寒くなかった。
エアコンが室温を17度まで上げるのに30分ほど掛かったけれど、温まってしまえば基本的に静音モードで稼働してくれたから、ロフトがあって天井の高い自室より格段に暖房効率が良さそうだった。

東北地方の寒波によって電力需要が高まっているとの話もあるので、エアコンの設定温度を弱めにしていたけれど、父親が別の部屋でエアコンを使用しているので節電に協力できているのか怪しかった。
もっとも一般家庭の消費電力は工場やに比べたら微々たるものなので、それほど効果があると思えないけれど、雀の涙ほどでも貢献できていたなら嬉しい限りだ。
作業部屋は床へ座る格好でのPC作業となるので、着る毛布を上手に使えば全身を毛布で包めるから寒さに耐えやすく、手先が凍えるギリギリまで室温を下げて過ごしていた。

昼食の間にエアコンを切っておいたら40分ほどで室温18度が13度まで下がっていたので、昨日と同じくらい寒いという予報が正しかったようだ。
暖房費が嵩むことを考えると出勤したくなるけれど、新型コロナウィルスに感染したら医療費と出勤停止で幾らの損失になるか分からないので、今は大人しく引き籠もっていよう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2021/01/12/9337097/tb