予防策 取らぬ輩に 罰金を2021年01月07日 23時07分28秒

今朝は腹の調子が良くなかったり、寝付きの悪さから寝不足で頭痛もあったりと不調気味だったので、通勤を面倒臭いと感じたので一足先に在宅勤務へ切り替えた。
通勤しなければ片道50分も時間を節約できるので、手にした余裕を仮眠に充てることで業務開始までに体調を整えておけた。

体調の事も然る事ながら、ここ数日に都内の感染者数が異様に増えているにも関わらず、通勤電車でマスクを着用していない輩や大声で会話している集団など、危機感の欠如した愚者が目立っている。
規制疲れという言葉で片付けて良い状況と思えず、飲食店の営業自粛よりも感染予防策を取っていない連中に対して、高額の罰金を掛けるべきではなかろうか。

感染予防策をしっかりと実践していれば、最初の緊急事態宣言が出された時のような収束傾向へ持って行けるはずで、危機感の足りない一部の人間が邪魔して封じ込めへ失敗したのだと、俺は考えている。
最初の緊急事態宣言から感染予防策の不十分な状況で感染したのであれば、各種保証の対象外とした上で罰金も科すことで、否応なしに緊張感を持って予防対策へ取り組めるのなかろうか。
各個人の意識を十分に高めてやれば、予防対策の不十分な店舗から客足が遠退いたり、あれこれと対策を並び立てるより有益な気がする。