散髪で 記憶もサッパリ 切り落とす・・・2021年01月04日 22時51分13秒

今日が冬休み最終日となるので明日からの夕食に使う食材の買い出しや、年末に混雑していて行けなかった散髪のために出掛けてきた。
年明けから1度も外へ出てかったので若干の心配もあったけれど、思ったほど体が鈍っていなかったので安堵しながら通勤ルートを通って、駅ビルにある床屋へ行ってきた。

明日が仕事始めという会社も多そうなので混雑していると覚悟していったのだけど、意外と空いていて待ち席も2人しか座っておらず20分と待たずに散髪代へ案内された。
長い待ち時間を想定していたので逆に早く終わりすぎて拍子抜けした気分となってしまい、帰り際に鯛焼きを買って帰るはずがすっかり忘れていた。
せめて、スーパーマーケットで買い物している時に思い出せば、腹の調子を改善するための食物繊維として餡子が使われた和菓子で代用したのに、帰宅するまで綺麗さっぱり忘れていたので後悔しか残っていない。

昼過ぎから胃壁の爛れているような鈍痛が続いていて、胃腸を掃除してくれる食物繊維の多い食材を欲していて、餡子が最も分かり易くて手軽なので鯛焼きを買うはずだった。
それを忘れた結果として今も胃壁から鈍痛が続いていて、この調子だと明日は腹痛を抱えての仕事始めとなりそうで、勘弁してほしいと嘆きながら夜を過ぎしている。