電子化を 始めるべきか 悩み中2020年10月24日 23時48分32秒

最近に蔵書が溢れつつあって置き場所の問題など出始めている事もあり、以前から気になっていたコミックの電子書籍化を本気で考えてみようと考えている。
ただ捨てるのも忍びないし、古本屋へ持ち込むのも何か違う気がするので、残された選択肢として電子化した状態で手元に残して処分する事を考えた次第だ。

Toda氏も一人暮らしで引っ越しを経験する度に書籍の扱いに苦心して、電子書籍化を行っていると知っていたので相談してみたら、おすすめの機器を紹介してもらえたので本格的に検討している。
初期費用で8万円ほど掛かるらしいのだけど、対象となる書籍が3千冊を超えるコミックなので電子書籍として買い直す事を考えれば、十分に元を取ることができる。
問題があるとすれば作業に掛かる時間と手間だけど、時間泥棒だったソシャゲを引退したりして余裕もできているし、正月休みも近いから暇潰しの一貫として頑張ってみるのも良いかも知れない。

そんなことを考えながら三日坊主とならないか心配している部分もあったりする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2020/10/24/9309355/tb