原因が 分かったけれど 手に負えず・・・2020年10月21日 21時19分59秒

今日は一日中にJavaの開発環境が吐き出すエラーの正体が分からずに迷走し続けていた。
昼過ぎになって上司の環境だと悩みの種となるエラーが発生しないと判明して、そこを足掛かりに何とか原因の究明へ至ったのだけど、解消と呼べるほど進展していない状況にある。

1つのシステムながら複数のプロジェクトへ分割して開発しているのだけど、別システムの機能を呼び出すために張ったリンクから付随する機能として、別プロジェクトで呼んでいるライブラリを勝手に引き込んでいた。
この別プロジェクトから引き込まれたライブラリが衝突してエラーを引き起こして、訳の分からない不具合の原因と成っていた。

こういった衝突を避けるためにプロジェクトを分けていたのに、意図しない形で引き込んだ上に生涯が発生したと騒ぐなど愚の骨頂であり、こういった衝突を事前に解消するのも開発環境の仕事であるはずだ。
それなのに大した情報も出さないで不具合だ何だと騒ぐだけとは、本当に質の悪い開発環境だと溜め息ばかり漏れてくる。
しかも、原因が分かっても衝突の回避できる設定を得られていなくて、ひとまず片方だけ作業のできる環境へ調整して、作るべき物を完成させてから改めて擦り合わせる事となった。

原因が判明しても解消できないという歯痒さに虚しささえ感じる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2020/10/21/9308254/tb