0時から 右肩下がり 寒い雨2020年10月17日 21時53分35秒

今日は朝から気温の殆ど上がらない陽気となっていて、1週間の気温変動を記録できる温湿度計を確認してみたら、深夜0時が最も高い室温となっていて正午まで順調な右肩下がりとなっていた。
昼近くに少しだけ室温の上昇と横ばいが確認できるけれど、殆ど誤差と呼べる程度に留まっており夕方近くから再び低下の一途を辿っている。

体感的にも朝から寒いままで暖かくならないと感じていたけれど、ここまで見事な右肩下がりだと思っていなかった。
深夜帯へ入ってから風向きが変わったりしたのか、気温低下が落ち着いているように見受けられるけれど、今夜も冷えそうなので寝具を冬場に合わせるべきと判断した。
この後に先週のような微妙な暑さが戻ってくると厄介だけど、週間予報でも季節の逆戻りしそうな予測が出ていないので、タイミングとして悪くないはずだ。

今日は雨天という天気も然る事ながら気温の低さが身に染みる天気となっていて、寒さに慣れていない影響もあるだろうけど秋よりも冬だと言われた方が納得できた。
それでも防寒着を着込むほどでもなかったので冬と呼ぶほど寒くなかったのだろうけど、先週はまだ室温が24度まで上がっていたので落差の激しさに感覚が追い付いていない。
ひとまず風邪を引いていないので体感温度が狂っていて、寒さを正しう判断できない状態へ陥っていないはずだけど、前科が幾つもあるので注意したいものだ。