想像も 土台固めが 大切で2020年09月01日 22時05分13秒

今日はイメージの固まっていない場所を制作する積もりだったのだけど、考えが纏まらないからと既に開発済みのコードを整理しながら、全体像を洗い直す作業へ没頭していた。
土台をしっかりと固めることで次の段階へ進む足掛かりを探す意図と、勢いだけで作っていた部分の精査という2つの意味を含んでいた。

突っ突いてみれば多くの埃が飛び散るような状態となっていて、随分と気合いの入った整理となったけれど、おかげで色々と考えが纏まってくれたので無事に本題となる作業も進んでくれた。
しかしながら、大きな手の掛かる整理を行っていたので、全体を通してみると三歩進んで二歩下がるといった状況が続いて、昼過ぎ14時まで実質的な進捗がなかったと言えるだろう。
そこから持ち直して着実に前進したので問題なけれど、最初から整理のできた状態で開発できていれば不必要だった作業でもあるわけで、全体像の想像できる設計力を身に付けねばと痛感した。

何にしてもそれなりに前進できたから良いのだけど、開発以外にも色々と問題が発生して足踏みさせられた場面も多くて、洒落にならないと呆れる場面もあった。
自分の設定ミスかと思って悩んでいたのに、社内DNSサーバが沈黙している影響で正常に接続できないだけだと判明した時は失笑しか出なかった。

停電に 備えていたら 滝の汗・・・2020年09月02日 21時59分13秒

今日は帰宅してからの天候が急変して、蒸し暑い風が唐突に吹き始めたかと思えば雷雨となって、頭上で壁や天井を震わせるほどの雷鳴が轟いている。
その急変具合から長続きしないだろうと思っていたのだけど、雷鳴の発生源から察するに頭上で積乱雲が発達しているらしく、70分ほど経過した現在も降ったり止んだりを繰り返している。

そんな状況なので落雷による停電の発生する恐れがあったので、万が一に落ちたブレーカーを復帰させる時の負荷を減らすために、10分間の全力エアロバイクへ挑む際に部屋が冷えているからとエアコンを止めておいた。
その結果は本人ですら弾いてしまうほどの大量に汗が吹き出す結果となり、脱水症状にこそ陥らなかったけれど文字通りに絞れるほどの汗だくになってしまった。

10分間の全力エアロバイクを終えたら風呂場へ直行しているのだけど、今日は脱衣所でなく浴室へ踏み入ってから肌着を脱いだ。
そして、脱いだ肌着を軽く丸めて握力で絞れば、汗がボタボタと染み出してくる状態だったので、そのまま洗濯カゴへ入れるのも気が引けるからと洗面台の扉へ引っ掛けて、垂れる雫が排水口へ流れる状態で干しておいた。

入浴後に確認してみると、上から落ちてきた水分が裾の所で溜まっていて、再び握力だけで絞れる状態となっていた。
絞っただけでもマグカップに2杯分くらい水分を越えそうなので、こんなにも汗を流して大丈夫なのかと心配になるほどだった。

早朝の 豪雨で起きて 窓閉めに2020年09月03日 21時53分40秒

せっせと作っていた機能もひとまず形になってきたのだけど、取り扱うデータの大きさも然る事ながら想定よりも随分と実行時間が掛かっているので、比較的簡単にできる範囲で高速化を試みようと思う。
その前にデータを減らした状態で動作確認をしておきたいので、明日は少しばかり慌ただしく動く事になりそうだけど、手空きになって眠気と戦うより随分と良いので頑張ろう。

明日に頑張るための準備として睡眠が欠かせないのだけど、昨夜というか今日の早朝3時半から過去に殆ど経験した事のない豪雨となって、寝惚け眼で換気のために開けていた窓を閉めて回る羽目となった。
その雨量たるや窓を洗浄するための放水だと言われても信じそうな勢いで、風が殆どなくて吹き込んでいないのに壁伝いで落ちる流れの中で跳ねて侵入してきていた。
気付いたのが早かったので水浸しとなる前に閉められたけど、ほんの少し外へ手を伸ばしただけで手洗いをしたような状態になっていた。

中途半端な時間に起こされたばかりか経験の少ない雨量で興奮したのか、布団へ戻っても寝付けなくなって動き回った汗が冷えて悪寒を感じたり、早朝から悩み事と心配事の満載となって溜め息しか出なかった。
結局は30分ほどして雨音も汗も落ち着いてきて眠れたけれど、その40分後に目覚ましで起こされる羽目となって、今日は早朝からリズムの乱される一日だった。
今日こそはゆっくりと眠りたいのだけど、空というか風に昨日と似たような気配が感じられるので、いっそのこと全て締め切って寝てしまおうかと考えている。

置き時計 買い換えたいが 今一つ・・・2020年09月04日 22時15分31秒

今回の案件は自分の中で開発期限を今週中としていたのだけど、予定通りに仕上げる事ができたので安堵していたら、緊張の糸が切れたのか猛烈な眠気に襲われて四苦八苦する羽目となった。
職場の室温が高めだった影響も大きいのだけど、どうにも体の中から発熱している印象が強くて随分と苦労した。
ひとまず来週の作業も振ってもらったのだけど、下手したら1日で終わりそうな内容となっているので、手空きになって再び眠気と戦う羽目にならないか心配している。

仕事の区切りが付いて気楽な気分での帰り道、普段よりも余裕のある寄り道を楽しんできたのだけど、買い物としては今一つで卓上時計を新調したいのに痒い所へ手の届かない商品ばかりだった。
液晶でなくLEDによる電光表示を行う卓上時計に惹かれたのだけど、電池駆動でなくAC電源による給電方式となっていたので断念した。
文字色を7つから選べるといった微妙な機能を切り捨てて、消費電力の少ないLEDを用いれば電池で動かせそうな気がするし、せめて充電方式にしてくれたら買ったかも知れない。

もっと言えば、単三電池4本といった格好でもよかった気がするので、設計者が何故にAC電源でも行けると判断したのか疑問しか浮かばない。
最近の卓上環境と言えば、PCやスマフォ関連でコンセントを多く使っているので、そこで置き時計まで電源を求めてきたら邪魔でしょうがない。
そういった事情の読めない設計者が携わっているのなら、他の機能でも利用者の不便を考えていないなど有り得そうで、購入する気が一気に萎えてしまった。

行き慣れた 病院ならは 気楽です2020年09月05日 22時12分17秒

今日は常用している薬が切れかけている事から耳鼻科へ通院したのだけど、移動距離が半分で行き慣れている事や処置も分かり切っているので気楽だった。
何よりも所要時間が予想通りだったので予定も狂わないし、心配事を抱えるストレスなどもなかったし、午前中を通院に使った事に変わりないけれど心の有り様が随分と違っていた。

通院の後はToda氏との昼食会まで時間が余っているから本屋へ立ち寄って、何か面白そうなコミックがないか物色して暇潰ししていた。
その本屋は冷房が控えめというか相当に弱く設定されているので、立ち読みしているだけでも軽く汗ばんでくる状態となるのが玉に瑕だった。
そこそこに面白そうなコミックがあったのだけど、1巻だけで即座に購入へ走れるほどの魅力がなかった。
もう少し悩んでもよかったのだけど、シャツが汗で完全に変色していたので風に当たりたくて、店を出ることの方を優先したので買わず終いとなった。

昼食会の後に気温の高さから涼む目的で何処かへ行こうかと考えたのだけど、遠出する気力すら溶ける暑さだったので大人しく帰宅する選択をした。
しかし、帰宅すれば父親が冷房を使っていると思ったのに、大人しくしていれば耐えられる暑さだからと冷やしていなかった。

薄着で過ごしている分なら大丈夫だと自室で過ごしていたら、最も暑い時間帯を過ぎているはずなのに何時の間にか室温が3度も上昇していて、久しぶりに脱水症状を起こしかけていて冷や汗を流していた。

天候に 妙な隙間が 在りまして。。。2020年09月06日 21時10分32秒

昼過ぎに買い物へ出掛けようと思ったのだけど、空模様の変化が妖しい雰囲気だったので雨雲の通り過ぎた後に、落ち着いて行こうと様子見をしながら過ごしていた。
しかし、風や空が如何にも雨の降り出しそうな雰囲気なのに、待てど暮らせど雨音が聞こえてこなくて、このまま待ち続けても暗くなりそうなので出掛ける事にした。

頭上の空は薄日の差すような若干の青空だったので傘を持たずに走り出したのだけど、前方から一瞬だけ猛烈な雨の匂いが漂ってきた。
何か嫌な予感がすると思いながら、そのまま突っ切っていくと信号待ちで止まった交差点で前方の異変に気付いた。
自分の足下の地面が濡れた痕跡こそあるものの乾いた路面なのに、信号の向こう側は水溜まりができるほど濡れていた、

以前にもこんな天気の中で通勤した覚えがあるけれど、今日はその時よりも輪を掛けて酷い天気だった。
軽い夕立のような降り方をしているのに眩しさと暑さを感じる日射しも降り注いでいて、眼鏡に付着した雫が乱射して視界不良が凄まじかった。
日光が濡れた路面に反射してくるし、頭上からからの日射しもあるので眩しさ2倍といった状態になっていた。
雨除けと眩しさを回避するために木陰の多い道を選んでいったので、少しばかり遠回りとなったけれど無事に目的地へ到着できた。

帰りは雨も上がっていたし、日射しを背にする格好となったので眩しさもなくて一安心だった。

父親の 性根に見える 実の姉2020年09月07日 21時56分23秒

今朝は父親の煙草による被害で呼吸困難へ陥ってしまい、煙へ汚染されていない浴室へ逃げ込んで3分ほど咳き込んでいた。
何とか落ち着いた所で呼吸を止めたまま自室へ移動したのだけど、1階リビングばかりか2階の廊下まで致死量の煙で汚染されていて、不意を突かれて2度目の被害を被る羽目となった。
自室は汚染されていなかったので生き残れたけれど、再び3分ほど咳き込みながら苦しむ羽目となった。

先月から俺が近くに居る時まで煙草を吸うようになっていて、何時か今日のような出来事が起きると予感していたけれど、ここまで派手にやらかしてくるなら別居も考えるべきかも知れない。
俺が嫌がると分かっていて何処まで許容されるか実験している様子に見えて、そういった行行動は俺が疫病神と呼んで嫌っている実姉と全く同じなので辟易とする。
父親は疫病神の性格を母親似だと言い張っているけれど、俺からすれば父親似で特に悪い部分を増長させた感じだと思っている。
つまり、父親は根っこの部分で疫病神を彷彿とさせる要素があるから、事と場合によっては関係を断たないと生命に関わる可能性さえある。

俺にとって煙草は猛毒の煙であって噎せるだけで済めば良いけれど、今日のように肺が痙攣しているかのような咳き込み方をしたり、過呼吸の症状へ進展する可能性もある。
対処を誤ったりタイミングの悪さで死に至る事さえ考えられるので、文字通りの死活問題だから呼吸も禄にできない環境となるなら、逃げ出すことを視野へ入れて行動するのは当然だ。
普段なら父親を独りにできないからと考える所だけど、煙草が原因と成るなら予てから言い含めているはずなので何も考えずに行動するつもりだ。

背中から 軋む痛みが 広がって。。。2020年09月08日 21時51分52秒

今日はどういうわけか肩や背中の筋が軋むように痛くなる時間が多くて、椅子に座ったまま体を捻ったりして誤魔化しながら過ごしていた、
業務中は息抜きがてらのストレッチで何とか対応できていたのだが、帰りの電車で背中の筋が軋み始めた時はどうしようかと焦った、
肩凝りのような不快感だけであれば我慢するのだけど、純粋な痛みに近い感触だったばかりか放置すると徐々に悪化していき、最終的に何処まで酷くなるのか想像できない恐怖心もあった。

とにかく放置しておける痛みでなかったから焦ったのだが、限界へ達する前に乗換期へ到着したので一安心したのも束の間、ストレッチで解して手から乗り換えた先でも同じような状況へ見舞われる。
今度は降車駅まで遠い位置だったから困っていると、ドア横のスペースが空いていたので移動して、手摺りで痛みの出ている背中の筋をマッサージしてやると、どうにかこうにか沈静化する事に成功した。
ひとまず事なきを得たけれど根本的な解決となっていなくて、マッサージよりストレッチの方が圧倒的に効果が高い事も含めて、帰宅したら真面目に柔軟体操を頑張った方が良さそうだ、

昨夜に少しストレッチをやった覚えがあるので、もしかしたら異常な痛みを伴う揉み返しの類いという可能性が若干に考えられる。
揉み返しにしては痛すぎると思うのだけど、他に思い当たる節もないので可能性の一つとして考慮しておいても良さそうだ。

パソコンを 弄るついでに ストレッチ2020年09月09日 20時44分47秒

昨日に肩や背中の筋が軋むような痛みを経験したのだけど、予想していた極度の揉み返しに類する現象だったらしい。
帰宅してから時艦を取って腰周りから肩へ掛けての柔軟体操で随分と改善したし、今日は昨日のような痛みに襲われる事もなく過ごせている。
何一つとして問題なく過ごせていたわけでなく、血行の悪くなる姿勢を極力に避けるといった対策の効果もあるので、今後はストレッチの時間も増やしていった方が良さそうだ。

最近は作業部屋という広い空間を活用できるようになって、ストレッチを行えるスペースが十分に確保できているので、PCを弄っている合間などに指し込めれれば効率的だろうか。
そういえば、学生時代もテレビを眺めながらストレッチに勤しんでいた覚えがあるし、PCと向かい合いながらの柔軟体操はしっくりとくるかも知れない。
元々は軟体動物と呼ばれた柔軟性の高い体だったはずなので、根気よく解していって肩凝りや何かから解放されたら万々歳だ。

思い付く形で少しずつ、今もキーボードを叩きながらストレッチをやっているのだけど、意外と両立できるものだと感心している部分もあったりする。
椅子に座っている方がPCを弄りやすいのだけど、床に座っている状態ならストレッチと両立できるから一長一短といった所だろうか。

常用の 軽い薬も 不足気味2020年09月10日 21時05分41秒

常用している薬が無くなりそうなので土曜日に耳鼻科へ行ってきたのだけど、市場在庫が少なくなっているとの事で通常なら3週間分を出してもらえるのに、今回は1週間分しか処方してもらえなかった。
処方箋では1日3回のところを担当医の許可を得て1日1回にしているので、実質的に3週間分だけど毎日の服用していると1月も保たない事になってしまう。

無くても重大な疾患へ直結する事こそないのだけど、調子が徐々に悪くなっていくと実感できるだけに悩ましくて、1回の服用で何日くらい好調が維持できるのか実験しながら過ごしている。
2日ほど連続して飲み忘れた経験があるけれど、その後に飲み続ける生活へ戻すから1回の服用で何処まで回復するのか不明で、色々な不安を抱えながら挑んでいる状況にある。

それにしても珍しくも何ともなくて、市販薬に含まれている事さえある薬までも在庫不足に陥るとは、新型コロナウィルスによる影響がゆっくりと波及していて驚くばかりだ。
じわりじわりと詰め寄ってくる雰囲気が何とも恐ろしいもので、次はどういった影響が出てくるのか想像できなくて、溜め息しか出てこない憂鬱さを感じずにいられない。