危ういが 無事に乗り越え 週末へ2020年06月26日 22時15分59秒

昨日を休暇にして多くの睡眠時間を確保した甲斐もあって、今朝の体調はなかなかに良好だったものの終日にフル稼働できるほどの体力がなくて、勤務時間の終盤に睡魔との格闘を余儀なくされた。
睡魔に襲われた時間帯は馴染んでいない開発環境に悪戦苦闘していた頃合いだったので、純集中力が途切れた飽きの影響も大きかったのだけど、頭の回転率が落ちた故でもあって最初の発端が何だったのか不明瞭だ。
むしろ、全ての要素が同時多発的に起きたと言った方が説得力がかんじられて、一日を休養に充てたからと言って諸々の改善策として機能するわけでもないのだと思い知らされた。

それでも何だかんだで今週を乗り切れたのだから良かったと安堵していて、昨日と同じようにしっかりと休養のとれる週末であってほしいのだけど、今日がすでに寝苦しい夜となりそうで溜め息が漏れてくる。
いっそのこと冷房を疲れる作業部屋で寝てしまおうかと考えたけれど、エアコンを稼働したまま眠ると風邪を引きやすい体質なので、できれば扇風機だけで凌ぎたい。

体調不良の根幹は胃腸の衰弱にあるようで、食事の後に軽度の拒絶反応など見られた事から今日の食事を全て軽めにしている。
その割に空腹感を覚えない様子からしても胃腸が弱っているのだと確認できて、恐らくは就寝中に冷やすか何かしたのだと推測される。
寝苦しいのに腹が冷えるという現在の微妙な気温が本当に厄介で嫌になる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2020/06/26/9261993/tb