また出費 自転車までも 買い替えに・・・2020年06月07日 22時37分09秒

緊急事態宣言の出される直前に散髪へ行っているのだけど、髪が伸びてきた邪魔臭い上に寝癖の心配も必要な長さとなっていて、煩わしさまで感じてきたので多少の面倒があっても切ってこようと決意した。
昼過ぎに出掛けて床屋へ行ってみると、待ち時間が未だに150分を超えていたけれど予想済みなので予約して出直す事として、母親の仏前に飾る花を購入してから自宅へ戻って時間を潰していた。

自室で時間を潰していると眠たくなってきて転寝していると、父親が階段を上がってくる足音に起こされた。
煙草を吸うためにベランダへ行こうと移動してきたのだけど、今日の風向きだと換気のために開けた窓から煙が入ってくるので、不快な思いをするよりも予定より早く外出しようと寝惚け眼で動き出した。

この時点で移動時間を除いても70分ほど早く着くので遠回りしてながら寄り道していこうと考えた。
そして、何処で何をするかと考えながら移動している途中で何かに衝突する感触と共に、自転車の後輪が大きく跳ね上がって車体ごと前転しそうな体制になってしまった。
衝突した障害物に引っ掛かって前転せずに済んだけれど、元の体制へ戻れそうもないので自転車を横へ投げ捨てる格好にして、大きなけがをせずに済む体制で着地した。

改めて確認してみると、歩道に設置された車止めの支柱へ突っ込んでいて、そんなことになった原因は伸びた草に飲み込まれて隠れていた事に加えて、車両が突っ込んだのか斜めに曲がっていた。
見え辛い状態であるにも関わらず曲がっていた車止めがトラップとなっていて、居眠り運転と言わないまでも注意力散漫な状態で走行していたので引っ掛かってしまったわけだ。

打撲程度の軽症で済んだけれど、自転車のアームが大きく曲がった影響で前輪ブレーキが掛かりっぱなしとなっていて、前を持ち上げないと動かせない状態となっていた。
自宅まで前輪を持ち上げながら運んで、ドライバーセットを持ち出してブレーキを解体して、ひとまず床屋の予約時間が程よく迫っていたので散髪へ行ってきた。

その後に自転車屋へ行ってきて、修理しても他の問題個所が出てくる可能性が高いので、新車を購入した方が最終的に得となりそうだった。
以前にも似たような状態へ落ちった時も同様だったので、その場で現行の後継機を注文したら珍しく在庫があるそうなので、明日に納車してもらえる運びとなった。
ただし、新型コロナウィルスの影響で営業時間が短縮されていて定時に退勤しても間に合うか微妙なので、午後半休を取得して納車してもらう方向となりそうだ。

代車を出してもらったけれどライトが心許ないといった問題もあるので、長く使いたくないという理由もあって早々に新車へ乗り換えたい。
何よりも乗りなれない自転車で今日の帰りだけでも違和感の多さに戸惑っていたから、この自転車で来週末まで生活しようとしたら何かしら事故を起こしそうで怖い。