納会に 初めて参加 孤立せず2019年12月27日 23時17分28秒

睡眠不足が続いていて辛かった今週も今日で終わり、そもそも仕事納めでもあるから長い休みで体調を整えるチャンスでもある。
何よりも体調を整える事が1つの業務でないかと思えるほどに、ここ数日の不調は酷いものとなっていたし、今日は普段よりも本社へ出社する社員が多かった影響なのか一段と職場が熱くなっていた。
こうなると扇子で冷やしていないと頭が逆上せてしまい、意識が朦朧としてくるなど酷い有り様となって辛かったけれど、実質的に半日だけだったので何とか踏ん張ることができた。

午後は大掃除の後に納会という予定になっていて、どちらも再就職する前は接点の少なさから居心地の悪さを感じたため、殆ど参加せずに早々の帰宅を決め込んでいたから勝手が分からなかった。
それでも何かと気に掛けてくれる同僚が多かったので、手持ち無沙汰や居心地の悪さを感じる事なく過ごせた。
何だかんだと言いながらも接点さえあれば、多少の人見知りする性格でも孤立感に苛まれる事態とならないのだろう。

そう考えると再就職する前に感じていた孤立感がどれほどのストレスとなっていたのか実感できて、同時に「人間は1人では生きていけない」という漫画で見掛ける言葉を痛感していた。
そういう意味で言えば、再就職した時に再びの早期退職という事態が心配されたけれど、人間関係を理由にした離職という事態が回避されたと言っても良いだろう。