結局は 週末二日 潰された・・・2019年11月24日 20時45分15秒

昨日に雨の中を自転車で走り回った影響が大きく出てしまったらしくて、今朝は起床した時点で既に昼近くとなっていた。
午前中に片付けたいゲームの日課さえ間に合わなかったけれど、十分に眠れたという意味では良かったのかも知れない。
しかしながら、寝起きに若干の頭痛を感じていた事を考えると怪しさがあったので、プラスもマイナスも相殺されているといった印象だった。

寝起きから感じていた頭痛は遅めの朝食を食べてから少しずつ解消されたけれど、結局は疫病神の起こした厄介事で週末の2日間を潰された事となって腹立たしい事この上ない。
それでも1つだけ収穫と言える話があって、疫病神が未だ占拠しているゴミ部屋の片付けについて、父親から了承を得られた事が非常に大きい。
自力でなく業者を呼んでの片付け、つまり処分しても良いだろうと考え直してくれたわけで、あの化粧臭い部屋で段ボールを広げるスペースにさえ苦労する中で作業する苦行も必要ない。
適当な業者を探して電話して、一斉撤去として回収してもらって料金を支払えばよいのだから楽なものだ。

良い話を引き出せて安堵するものの、今週末に予定していた用事が物の見事に潰されてしまった。
買い物に関しては特に面倒臭くなっていたけれど、16時頃になって母親の仏前へ飾っている花を買い換えねばならない事を思い出して、飛び出すように出掛けてきた。
家を出たついでに他の買い物も行くべきかと考えたけれど、空が暗くなり始めている事に気付いて背筋を冷たい汗が伝っていった。
昨日もそうだったけれど日の短さが予想より遙かに短くなっていて、焦ってペダルを踏み込んでいたはずなのに、花屋から帰ってくるだけでも精一杯だった。

こんなにも行動時間に制限の掛かる時期となっていたとは想いもしなかった。