闇の中 仕上げたけれど 不安だよ2019年11月13日 21時36分38秒

仕事の方は何とか第一歩を踏み出せたのか、必要最低限の準備が終わっただけなのか分からないけれど、ひとまず区切りが付いてくれた。
そうは言っても20件近くある内の1つなので前途多難の様相が色濃くて、本当に区切りなのかも分からなくなってくる。

暗中模索でひとまず仕上がった気でいるけれど、明かりの下で確認していないから不安しか残らなくて、それでも次へ進まねばならなくて立ち上がった感じだ。
この先の作業は設計書も未完成と来ているので、そもそも手を着けられる状態にあるのかも不明というから、暗中模索どころの話でないかも知れない。
それでも多少なりと先へ進めないと間に合わないので、やるしかないと溜め息を漏らしながら谷底へ向かって進む他にない。
せめて、底無しの谷でないことを祈りながらの前進だけど、不安と寒気しか感じられなくて嫌になる。

それはそれとして仕事を頑張りすぎたのか、完成疲労と思われる痛みが出ているので、ホットアイマスクの出番だろうか。
明日からも頭を抱える羽目となるだろうから、取り得る対策をしっかりと講じておこう。