未成熟 使い易いと? 馬鹿を言え・・・2019年11月12日 22時27分24秒

体調は腹巻きのおかげで良い方向へ流れているのだけど、仕事で扱っているPythonというプログラム言語が未熟すぎて、凝った事をしようとする度に足止めされる有り様で難儀している。
今日に至っては三歩進んで三歩下がるといった調子が続いてしまい、心の折れそうな焦燥感に苛まれながら踏ん張っていた。

Pythonに関する技術情報を検索していると、そこかしこで便利だと称賛するコメントが見受けられる。
俺はそういった記事で紹介されている技術から更に踏み込んだ事をやろうとして、二進も三進も行かずに煮詰まっているので、全く賛同できないばかりか逆に未成熟で厄介な言語だと思っている。
そもそも初歩的な事が簡単にできるなど当然すぎて何の感想も抱かないし、こういう書き方をすれば良いのかと参考資料として眺めるだけで終わる話を引き合いに、便利だと絶賛されても困惑しかない。

そして、そういった初歩的な話ばかり検索の上位へ上がってくるから困りもので、途中で何を調べていたのか分からなくなるほど混乱しながら技術の掘り起こしを行っている。
Pythonの特に嫌いな点としては様々な書き方ができるのだけど、省略された書式を元の形への戻し方が分からず、分からない為に必要な設定が行えないといった場面も多々ある。
どちらかと言えば、省略形を解いた書式が発掘された時に、こっちで最初から説明されていたら苦労しなかったと溜め息を漏らす事が多い。

どうにか先へ進んでいるはずだけど、予想よりも時間を費やしているので焦りも感じつつある。
作業が進むほどに混乱させられる場面の増えていく傾向を目の当たりにして、若干の絶望感さえ覚え始めている今日この頃だけど踏ん張るしかないのだろう・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2019/11/12/9176158/tb