通勤が 思う以上に 忙しい2019年07月01日 22時43分04秒

通勤ラッシュに出勤したのも久しぶりだけど、ここまで身動きの取れない混雑でなかったはずだと、小首を傾げながらの耐えていた。
俺の記憶にある混雑は駅の改良工事が行われる前で、ホームの狭い場所を行かないと乗れない車両へ乗車していたので、社内の中程まで進めたから苦労しなかったのだろう。
今日はドア付近から動けないままだったので、出入りの起きる度に押し潰される羽目となってしまい、必要以上に苦労させられたのだと推察される。

俺の降車駅は乗換駅としての利用客が多いようなので、多少に奥まった所まで進んで乗車しても降りられそうだから、もう少し楽に通勤できるようになるかも知れない。
今日に関しては手荷物が多かったりと悪条件も重なっていたし、出勤時間も手探り状態だった事も踏まえるなら、遅刻せずに出勤できただけでも万々歳というべきだろうか。
本音を言えば、十分な余裕を持って行動しているつもりが、思っている以上に慌ただしくて焦っていた部分もある。

要するに生活リズムの調整に失敗したという話なので、明日以降に今日の反省を活かして余裕のある出勤リズムを構築していきたい。

少しだけ 余裕を作る 隙がある?2019年07月02日 21時23分51秒

通勤の混雑はほんの少しタイミングをずらしただけで随分と楽になった。
普通なら停車駅の多さから嫌煙する電車立ったけれど、時間に余裕があるからと乗ってみたら押される事もなく、スマフォで遊べる程度のゆとりがあった。
通勤時間に余裕を持っているからこそ取れる選択肢だけど、明日も同じようにできれば生活リズム全体も緩められるかも知れない。

通勤時間にスマフォを弄れるのであれば、早朝に慌ただしく日課の消化を頑張らなくて良くなり、睡眠時間を増やせる可能性が出てくる。
今のと頃は早寝早起きでゲーム時間を確保しているのだけど、それでも足りていない状況なので通勤時間を使えると助かる。
ゲームを減らすという選択肢も考えるべきだけど、楽しみを削りたくもないので何とかバランスを取りたいと思っている。

何のために働くのか、という質問に対して生きるためだと答えるけれど、生きるために楽しみも大切なので仕事以外の意味でも頑張りたい。

報道の 中身が薄く 疎くなる2019年07月03日 22時23分56秒

新しい生活リズムへ慣れていない影響もあって、今週という時間が物凄い長さに感じられる。
今日が金曜だと言われても信じてしまう程度に時間感覚の狂いが生じていて、我ながら酷い有り様だと空笑いを浮かべている。
幸いにして体調を崩していたら、異常な疲労感に苛まれてたりするわけでもなく、1日における濃度が濃すぎる影響なのだろう。
悪い事でないのは確かだけど、充実感を伴っていなくて慌ただしいだけで過ぎ去っている印象が強くて、これで良いのかと困惑している部分もあって落ち着かない。

そして、慌ただしい中で生活している影響で色々と正常に疎くなっていて、ここ数日に至ってはニュースを殆ど見ていない状況にある。
朝のニュースなら食事中に見ているけれど、情報として殆ど中身のない状態なのでテレビ報道の無能さを痛感している今日この頃だ。
もっとも何の中身もない状況の方が捏造報道より良いと思えるのだから、呆れを通り越して悲しみさえ感じる。

願わくば、ラジオニュースくらい聞きたい所だけど、Wi-Fi環境がないので短めの昼休み中にダウンロードすら終わらない可能性すらある。
それにゲームと平行して再生できるほどスペックに余裕もないので、現状ではゲームを引退せずに仕事と両立させるだけで精一杯だ。

出遅れと 焦っていたら 人が居ず2019年07月04日 21時29分24秒

今日はは起床時間を間違えている事へ気付かずにいたので、最も慌ただしい朝となってしまったけれど、それでも予定通りの通勤電車へ乗り込めたので安堵した。
俺が慌ただしいながらも予定通りに出勤したら、同僚の多くが電車の遅延に巻き込まれたらしくて出勤して来なくて、休日を平日と間違えたのでないかと心配になった。
どうやら局地的な大雨の影響で遅延した路線があったらしくて、始業時間を過ぎてから続々と出勤してきたので安堵した。

思い返してみれば、今日の通勤電車は普段と少しばかり様子が違っていたように思える。
普段よりも乗り換えてくる乗客が少なかったり、乗換のために降車する人が多めだったりとちぐはぐだった。
普段なら限界近くまで乗り込んでくるエレベーターに4人しか乗ってこなくて、驚くほどスムーズに目的のフロアまで移動してくれて分単位で早めに到着できた。

普段からスムーズにエレベーターが目的地へ運んでくれたら良いのだけど、昼休みなど何度も足止めされるのでタイムロスが凄まじい。
ストレスと呼ぶほどでもないけれど、楽しくもないので改善してほしいとは思うし、何よりも2階から1階へ移動する程度なら階段を使ってほしい。
停車時間の話よりも1階分だから苦しむ時間も少ないと、無理矢理に載ってくる輩が多くて煩わしい事この上ない。

辛うじて 最低ライン 越えられた2019年07月05日 22時52分15秒

今まではG社長が開発環境作りを担当してくれていたのだけと、今回からは自分でやらなければならないので悪戦苦闘していた。
やってみるとG社長から漏れてきた愚痴の数々と続けて対面する事となり、面倒臭い事この上ないと苛立ちながら取り組んでいた。
Linux系OSは同じ系統と言いながら各所に違いがあって、得られる情報に互換性がなかったりするから苦労する羽目となっていて、この厄介さを絶賛する輩の気が知れない。

恐らくは無料で構築できる上に凝ったことをしないのであれば、簡単に使えるから喜んでいるのだろうけど、その実体は豪華な館の絵が描かれた段ボールハウスだったりする。
しかも、規格が区々なので鍵を取り付けようとしても使えない場合が多くて、骨組みの組み方も様々なので補強方法も選定に苦労する。
そんな状態でも見てくれだけはちゃんとしているので、建てただけで満足するタイプの人間なら絶賛するという感じだろうか。

そんなことを思いながら段ボールハウスを作業場に作り替えようと頑張ってきて、何とか週を跨がずに雛形を作りところまで辿り着けたと安堵している。
満足のできる成果と言うよりも最低限の目標へ到達できたと安堵している感じであり、先が思いやられると軽く天を仰ぎたい気分ではある。
ひとまず最初の一週間を何とか乗り越えられて良かったけれど、思ったよりもダメージもあるので十分に休めるよう心掛けたい。

風邪引きの 休日なのに 忙しい2019年07月06日 21時44分03秒

今日はのんびりと寝ているつもりだったのに、平日と同じ早朝5時に目覚めてしまった上に寝付けなくなって、その上に気怠いと言っていたら風邪の症状まで出てきた。
体調不良なら布団へ戻るべきなのだけど、布団の中だと暑苦しくて汗だくになってしまうので寝心地が悪くて、PCの前に座っていたら悪化する一方という良くなる流れに乗ってしまった。
それでも朝8時に朝食を摂ってから落ち着いてきたけれど、一定以上に回復しないまま夜を迎える格好となっていて、貴重な休日を見事に潰していて溜め息しか出てこない。

こんな体調だからと躊躇もしたけれど、しっかりと栄養のある食事が必要だからとToda氏との昼食会へ出掛けた。
ところが普段に利用している食事処が休業となっていて、ファミレスにするかどうかで悩んでいたら新しい選択肢としてインドカレー屋を提案される。
以前に贔屓としていたインドカレー屋に近しい味との事だったし、スパイスが風邪に効果を発揮してくれると期待して行ってみた。
カレーとしては美味しい方だったし、ナンのおかわり自由も好印象だったのだけど、スパイスが日本人向けに抑えられていて薬膳としての期待を裏切られた印象だった。
以前に贔屓としたインドカレーはスパイスの効果で汗の吹き出してきて、如何にも血行の促進など体調不良に効果のありそうなカレーだった。
それを期待していた自分としては期待外れと言わざる終えないけれど、十分に食べられたので満足している。

その満腹感から来る眠気に付き添えば体調の回復も期待できると考えたのだけど、帰宅途中で本日中に済ませるべき用事として定期券の更新を思い出した。
今日を逃すと払い戻し金額に大きな差額が出てくるので、今日中に済ませなければと折角の眠気に抗いながら気怠さを振り切って走り回ってきた。
しかも、昼食会だけのつもりで出てきたから肝心の定期券を置いてきたので取りに戻る所から始めて、2つの鉄道会社を行き来しての手続きとなるのだけど、途中で身分証が必要になると言われて再び帰宅する羽目となって大変だった。

それでも雨に降られなかっただけマシだったと呟きながら帰宅して、満腹感でなく疲労感から来る眠気に誘われて昼成したりしていたら、夕食時となっていて慌ただしいにも程があると呆れている、

雨の中 買ってきたのに 不満顔2019年07月07日 21時35分42秒

昨夜の時点で聞いた天気予報だと、梅雨前線が本州の南に停滞して北上してこないので、昨夜から降り始めた雨は朝方に終わって昼前に止むとの話だった。
しかし、倍府前線が南下しなかった影響で終日の雨天となってしまい、買い物へ楽に出掛けられると思っていた俺としては残念な天気となっていた。
雨天での自転車が面倒という話もあるけれど、昨日の風邪が残っている状態で雨に濡れながら移動したくなかったし、雨具が役に立たない霧雨が降り続いていただけに億劫でならなかった。

風邪は雨に濡れる予定のない休日なら治せただろうけれど、雲行きが良くなかった上に諸症状で体力の消耗もあったので、風邪薬を服用して沈静化させて片付けた。
何よりも咳のし過ぎが目に圧力を掛けているらしくて、痛みを感じるまでに至っていたので風邪の諸症状を抑える必要があって、2つの意味での風邪薬を服用する事となった。
元より治りかけだった事もあって、朝食で十分な水分補給と体温の上昇に加えての風邪薬が良く効いて、昼前までに随分と楽になってくれた。

午後から買い物へ出掛けてきたのだけど、今朝の朝食時に長らく愛用していたマグカップの側面に亀裂が入っていて、水漏れを起こしていると確認できたので新調する事にした。
ちなみに、水漏れの疑いは月曜から薄らと感じていた事から考えると、先週の日曜に父親が食洗機に対してヒステリーを起こして、無意味に手洗いする意味不明な行動を取っている。
恐らくはその手洗いの際に手を滑らせるなり何かをやらかしたのだと考えて間違えなくて、俺に心労を掛けたばかりか愛用のカップを駄目にするとか迷惑な話だ。

マグカップは地元にあるデパートで購入しているので、同じ品を見つけられるだろうと期待して入店してみると、館内放送から完全閉店の予定と閉店セールが宣言されていた。
俺が子供の頃から在ったデパートの閉店に衝撃を受けたし、閉店セール中だと品薄になっている可能性が思い当たって、嫌な予感がすると呟きながら売り場へ行ってみると、思った通りに欲しかったマグカップが見つからなかった。

仕方ないので他のマグカップから探そうとしたけれど、微妙に大きすぎたり重たかったりと良さそうな品がなくて、如何にも売れ残っているという印象が強かった。
それでもないままだと明日の朝から面倒を被る羽目となるので、妥協できそうな品を探して買って帰ったのだけど、自宅で他のコップと並べてみると大きすぎた印象を受ける。
店で見たのと自宅へ持ち帰った後で別物に見える現象が目の前で起きていて、何か狐にでも化かされたような気分になってくる。

思い切り 出鼻を挫く 不具合が・・・2019年07月08日 21時38分20秒

開発環境の構築が一段落したと思った矢先に厄介な問題を発見してしまい、対応するのにどれほどの時間を要するか分からない事から現状の方式を切り替える事となった。
おかげで使い方を把握しつつあった環境が別物へ変わる事になって、使い方を最初から覚える羽目となって軽く絶望している。
前の環境は無料版だとキーボードでコマンドを打ち込む場面が多くて、マウス操作を苦手とする俺としては嬉しかったのだけど、新しい方だとマウスをフル活用する感じなので四苦八苦しそうだ。

1つの操作を行おうとする度にマウスが右往左往として、アイコンの絵面が何を意味するのかすら把握できないので、純粋に何処へ移動させるのか覚える格好となる。
どういう手順を必要とするのか分かっているので、マウスを何処へ運べば実行できるのかだけ考えるだけで済むから良いけれど、どうにも振り出しへ戻された印象が強くて溜め息しか出てこない。

大雑把な仕組みを把握できているので次の段階へ進むはずだったのに、見事に出鼻を挫かれたという印象が強くて悔しくて仕方ない。
しかも、今日の段階になって大きな不具合に気付くとか間の悪い事この上なくて、心が軽く挫けそうな気分に苛まれている。

あれこれと 悩みが溜まり 疲れ気味2019年07月09日 22時29分19秒

今日からゲームのイベントが始まったのだけど、今まで手数で勝負できるからと余裕でこなしていた種類なので、今回から以前ほどの手数を掛けられない事から若干の不安がある。
上位報酬を狙うわけでないだけ良いのだけど、到達目標までに要する時間が運気によって大きく変動するので、嫌な予感がつきまとっている。

仕事の方でもてんやわんやとしている状況なので泣けてくるし、上手く行かないしても限度があると泣き言を言いたくる。
状況としては一難去ってまた一難、三歩進んで二歩退がるを繰り返している感じとなっていて、勝手を知らずにやっていると言っても辛すぎる。
予備知識の乏しい状況での環境作りが如何に非効率なのか思い知らされている。

普通のライブラリだと思っていたら疑似サーバ形式だったり、予想の斜め上を行かれると何が正しいのか分からなくなる。
そんなこんなを繰り返していた末が現状にあって、知恵熱と別方向で頭の疲労が溜まっていく感じがしていて、血の気の引くような不快感に苛まれている。

長袖を 未だに着込む 朝晩は・・・2019年07月10日 20時40分51秒

ここ3日ほどの朝晩は長袖を着込んでいてもなお肌寒く感じられる気温が続いていて、季節感など何処かへ捨て去ってきたと言わんばかりに狂っている。
おかげで帰宅直後や風呂上がりなどに注意していないと、風邪を引いてしまいそう危うさがあって油断できない。
最初は慣れない生活リズムの影響から体感温度に狂いが生じているのかと思ったけれど、父親も寒いと言っていたので気温の低さは間違えないようだ。

何にしても油断のならない気温が続いているせいで、衣替えする間際に勿体ないと言いながら交換した寝間着は無駄にならなかった。
しかし、再び交換したいと考え始める頃まで使い続けている現状にあって、どうしたものかと悩んでいるから何とも言えない気分だ。
季節の変わり目は以前から厄介だと感じていたけれど、ここ最近は本当に悩まされる場面が多くて嫌になってくる。

本来の季節なら半袖へ衣替えを済ませていて。気温の低い日でも寝る時以外は対して気にする事もなく、就寝する際に肌掛けを掛けるかどうかで調整する程度で事足るはずなのだ。
どちらかと言えば換気が間に合わなくて室温の高いままで就寝時刻を迎える方が揉んだという状況のはずなのに、ここ数日は長袖を着込むタイミングを思案している有り様である。

日中は程々に暑いだけあって、気温変動の大きさに疲れている今日この頃だ。