近海で 台風発生 冷や汗が・・・2019年06月27日 22時22分17秒

今日と明日の天候に関して、令和初となる台風が発生するかどうかが話題となっている。
しかしながら、注目すべきは四国地方まで流れてきた熱帯低気圧が台風へ変わる可能性にある。
発展途上のまま通過していくので、本州の近くで台風へ変わる事に特別な危険性こそないけれど、今後を考えると大きな危機感を覚える。

俺は驚異と感じているのに、報道は台風へ変わった場合の雨風に関する話と令和初ばかり強調している。
熱帯低気圧を台風まで成長させる気象条件が本州近海にあるという事は、太平洋沖で発生した台風が日本へ接近するに従って勢力を増していき、衰えることなく縦断していく可能性も考えられる。
それこそ過去最大と表される勢力の台風が立て続けに上陸する事もあるかも知れず、想像するだけで背筋が冷たくなってくる。

これが素人の安直な考えで有ってくれたら良いのだけど、最近の報道は必要な話をしない傾向があるので全く信用ならない。
コメンテーターの類いが俺と同じ考えを持ち出して、気象予報士が否定してくれるなら多少なり安心だけど、頭の狂った奴等しかいないので期待するだけ損だろう。

ひとまず今日を無事に帰れるのかどうかから心配するとしよう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2019/06/27/9092545/tb