週末が 風邪に潰され 呆然と2019年03月31日 22時43分12秒

昨日の風邪を早々に治そうと気遣っていたはずなのに、今日も目覚めと共に熱っぽさや気怠さが感じられて、回復するどころか悪化しているとさえ思えて困惑した。
しかも、目覚めた時刻が早朝5時半と予想よりも3時間も早くて驚いたし、春先と思えない冷え込みに困惑したりと、朝の静けさと対照的に頭の中だけは騒々しかった。

ひとまず目覚めた原因の1つが尿意だったのでトイレへ行き、そのまま起床する事も考えたけれど寒気の酷さから布団へ戻り、体を冷やさないよう気遣いながらスマフォやタブレットを弄っていた。
その内に再び眠気が再燃したので寝ていたけれど、60分と待たずに目覚めるので再び眠くなるまで遊んで、寝ては遊んでの繰り返しを昼近くまで続けていた。

眠れた感触は殆ど無いのだけど、体を冷やさずに休めていた実感ならしっかりと感じられて、体調も解放へ確実に進んでいる雰囲気だった。
朝食に暖かいうどんを食べてから体温上昇と水分補給の影響で一気に回復して、正午を過ぎる頃になれば寒気を殆ど感じなくなっていた。
この調子で進んで行ければ、明日まで不調を持ち越さずに済みそうだと安堵する反面、休日が体調不良で潰される流れに社会人の性を感じて呆れている。