朝と昼 気温の違いが 凄まじい2019年01月19日 21時48分12秒

今日は休日だというのに寒さから朝6時に目覚めた。
布団の中に居ながら寒さを感じた事から室温よりも体調不良による寒気を疑ったけれど、寝汗の冷たさが主な原因と思われる事から強烈な冷え込みが原因らしい。
昨夜の就寝時がそれほどの冷えを感じなかった事もあり、寝冷えをしないための準備を怠ったりと油断していたので、そのツケを今朝になって支払う羽目となったらしい。

寒さを感じていた影響で目覚めから暫くしてトイレへ行きたくなり、布団から出たくなかったのだけど諦めて、寝床から這い出したついでにファンヒーターを稼働させた。
そして、トイレから戻ると再び布団の中へ戻ったのだけど、室温の上昇と共に再び眠気に襲われて気付けば2時間が経過していた。
やはり室温の低さから睡眠を阻害されていたらしくて、眠れる状況になったら普段の疲れも相まって二度寝となったのだろう。
ファンヒーターを回しながら布団で過ごす事へ矛盾と罪悪感を覚えるも、ここ最近の体調不良を考えれば仕方ないと言い訳しながら、長々と布団の中で過ごしていた。

そうかと思えば、日射しが出てきたから一気に室温が上昇して、明け方の寒さはやはり不調による寒気でないかと疑いすらしたけれど、日の当たらない廊下の寒さで義捐が解消された。
自宅の中で10度近い温度差のありそうな状況になっていて、下手したらヒートショックを引き起こすのでないかと、そんな不安を覚えるほどの寒暖差だった。

そうかと思えば、外へ出ると暖かいくらいの陽気だったし、今日はとにかく寒暖差の激しい一日だった。さ