売り場から 漂う気配 気圧される2018年12月15日 23時18分39秒

俺は相も変わらず髭剃りでなく毛抜きを使って処理しているのだけど、ここ最近は自室が冷えているので手作業を億劫になって怠けていた。
そのため、湯船へ浸かりながら髭の処理を行えば寒くないだろうと昨夜に思い立ったのだけど、寝間着のポケットへ入れたまま浴室へ入ってしまい、そのまま忘れるという間抜けな事をした。
この間抜けだけで済めば笑い話で済んだのだが、風呂から上がって着替えている間にポケットから毛抜きが滑り落ちたらしい。

着替えている時に正体不明の音を聞いた覚えがあるのだけど、その時は毛抜きを胸ポケットへ入れると忘れていたので、何の関心も持たなかったので気のせいだったのかどうかも分からない。
毛抜きが行方不明と気付いてみれば、ちょうど寝間着の上着を着ようとした時の音だったはずなので、毛抜きが何処かへ落ちた音である可能性を疑って探してみたものの見つからなかった。

月曜は歯医者へ行くので無精髭を生やした状態で行きたくないので、大して高い品でもないからと新調してきた。
値段は確かに高くないので問題にならないのだが、売り場が化粧道具に分類されるので化粧品コーナー近くを物色しなければならず、その辺が面倒臭いというか厄介だった。
誰から指さされるほど注目されないので気にする必要もないのだけど、近寄りがたいコーナーという認識に邪魔されて、気苦労を感じながらの買い物となった。
商品が簡単に見つかったから良かったけれど、願わくば頻繁に除きたいエリアでない事に変わりなく、次から無くさないよう注意したい。