割引が 喜びづらい 時に来る2018年11月01日 23時28分30秒

会社の夕食用に弁当を取っているのだけど、月初めに1ヶ月分の料金をまとめ払いさせて貰っている。
弁当屋さんは個人経営なのでクレジットカードが使えないので現金払いなのだけど、最近の会計で現金を出す場面がめっきりと減っているので小銭に困る事も多い。

現金払いの頻度が少ないので大量に現金を抱えてしまうと、そのまま持ち続ける羽目となる期間が長くなるため、会計の際に使える小銭を積極的に出している。
その結果として財布の中に小銭が殆ど入っていなくて、集金の場面で金額を揃えるのに苦労するという事態へ遭遇してしまう。
集金と言っても即日に支払わなくても待ってもらえるので、数日中に小銭を作って揃えれば良いのだけど、普段と真逆の事をしなければならないので地味に苦労する。

そんな状況にあった先日、小腹が空いたので軽食を買いへ行ったついでに小銭を作ろうと考えて、品選びで翌日の分も含めて少し多めにして端数を作った。
これで必要な小銭が作れる算段が付いたと会計へ向かうと、ポイントカード割引が適用される日だったらしく、釣り銭が5円しか帰ってこなかった。
安い買い物ができた事は嬉しいのだけど、何故に小銭を作りたかった今日なのかと恨めしかった。
しかも、暗算で端数の出るよう計算して買い物カゴへ入れた苦労も無駄になったわけで、嬉しいはずの割引が悲しくなるタイミングで適用される運の無さに項垂れるしかなかった。

結果として、自宅に転がっていた小銭を持っていって無事に集金を払えたけど、何ともかんとも言い難い気分だった。

朝方に 背中が冷えて 眠れない2018年11月02日 23時21分43秒

これまで平年よりも高い気温のまま来ていたのに、今週へ入ってから最低気温だけ平年並みまで落ち込んでいるため、寒暖差の激しさも手伝って異様に寒く感じられる。
通気性の良い敷き布団へ変えている影響もあって、朝方に背中が冷たく感じられて熟睡できていない印象が強いのだけど、来週から再び高めの気温へ戻ると言われているので対応に困っている。

例えば、敷き毛布の類いを引っ張り出しても邪魔になる可能性が高いと考えると、出すなら寒い方へ流れてからにしたいと思ってしまう。
それに暖かくし過ぎて寝付けなくなったり寝汗を冷やしたりすると、それはそれは非常に厄介な体調不良を呼び込む事となるので避けたい。
とりあえず、毛布でなくタオルケットを重ねて敷いたりと簡易の対応で今日を乗り切ってしまえば、気温が上がってくるとの事なので大事に至らないと期待する。

寝ている時の寒さにも困っているけれど、入浴後から就寝までの時間も体を冷やしている傾向があるので注意したい。
そうは言っても風呂上がりで体が火照っているため、防寒着を着ると汗ばんでくるので程良く保温しなければならないのに、そんな絶妙な調整ができるほどの備えがないので対処し切れていない。
この就寝までの時間に体を冷やしてしまう事も熟睡の妨げとなっていて、中途半端な季節感が早々に終わってほしいと願うばかりだ。

ドタバタと トラブル続き もう眠い2018年11月03日 23時30分02秒

今日は午後から職場でもG社長の自宅へ同窓生が集まってのゲーム会が予定されており、そこへ参加して遊んだら帰宅して晩飯を食べたら一日が終わっている。
というシンプルな休日になるはずだったのに、蓋を開けてみれば何かとドタバタとした一日で妙に疲れている。

まず最初に寝起きの体調が良くないらしく起きられず、日射しが出てきて暑さから寝ていられなくなるまで布団の中だった。
そこから起き出しゲーム会へ参加する前にゲームの日課を片付けようとするも、眠気が酷くて時間ばかり過ぎていくので朝食を済ませて体温の上昇と確実な覚醒を試みた。
結果として眠気こそ晴れたのだけど、代わりにトイレへ行く回数が大いに増えたので、結局はやりたい事が満足にできないままだった。

どうにも本調子まで持って行けなかった事を悔やみながら出掛けたのだけど、電車へ乗り込んだ所で腰に着けたケースへ収まっているはずのスマフォが見当たらなかった。
携帯を携帯し忘れて留守番させてしまったと気付いたけど、取りへ戻る気力もない上にタブレットだけ持ってきているので、何とかなるだろうとすっぱり諦めた。
しかし、連絡手段を失っている状況なので少しばかり厄介な状況も生まれたけれど、無駄に歩く距離が増えた程度の面倒事で済んでくれた。

ゲーム会では基本的に文字や識別の類いが認識できない場面も多くて、ゲーム機が進化するほど視覚的に見辛くなる傾向が強くて悲しくなってくる。
昔懐かしのぷよぷよですら識別できないので、単純に見慣れていないだけでなく、色彩的に視力が付いていけないのだと推測される。
悲しいやら悔しいやら、遊べるゲームが少なくて申し訳ないやらと、反省しながらの帰り道となったので普段よりも道のりが長く感じられた。

そして、帰宅するとリビングと台所を仕切る時に使うカーテンがあるのだが、そのカーテンレールが外れているとの事だった。
その報告自体はありがたいのだけど、言い方が「壊れているので使用禁止」との事だった。
設置したのも修理するのも俺なのに、何故に父親が使用禁止を洗顔するのかと少し苛ついた。
その苛立ちとを燃料にカーテンレールの修理を行っていたので、今日はもう本当に疲れてゲームの日課も放り出して眠りそうな予感がする。

散髪で 待たずに切られ 快適に2018年11月04日 23時42分01秒

昨夜に猛烈な眠気へ誘われて就寝したはずなのに、早朝4時に起きてしまうなど熟睡と呼べる良質な睡眠を得られていない。
その割に眠気が頻繁に襲ってくるのだから、体としては睡眠を求めている様子で色々と矛盾している気がしてならない。

早朝に目覚めたおかげで諦めていたゲームの日課を1つ消化できたのだけど、それ以外に起きる原因が見当たらない辺りをみると、ゲームが気になって起きてしまった可能性が若干に残る。
そこまで熱心に遊んでいるつもりがないのだけど、凝り性とも呼べる性格を持っているので少なからず影響していたのかも知れない。

日中は土曜に消化できなかったアニメを視聴しながら暖かい格好で過ごして、午後から散髪や枚数の少なくなった靴下の買い足しへ言ってきた。
散髪に関しては未だかつてない空き具合となっていて、券を購入した時点で既に空きがあったので、そのまま案内されて待ち時間ゼロという快適な散髪となった。
俺が散髪台に座っている間に何組か入店しているので、偶然に空いていただけのようだ。

買い物を済ませて帰宅すると再び睡魔へ襲われて、夕食まで転た寝を繰り返していた。
何にもかくにも昨夜と同様に眠たくて仕方なくて、今日こそはスッキリと熟したいと願う今日この頃だ。

野党だと 報道されず 揉み消され2018年11月05日 23時44分25秒

ネット上で話題となっているにも関わらず、テレビや新聞では全く報道されない事件があるそうだ。
生コンクリート業界を牛耳っていた人物が恐喝未遂容疑で逮捕されたのだが、野党議員がこの容疑者と密接な関係にあるとの情報が流れているのだが、逮捕に関する報道さえも殆ど成されていない。

これは事件が公に知られた時点で野党議員との県警が明るみに出る事が確実であるため、報道関係に強烈な圧力を掛けているのでろうと疑惑が浮上している。
これが事実であれば、疑惑の向けられた野党議員が都合の悪い報道を規制している格好となるわけで、それこそ言論統制と呼ぶべき悪行を野党が行っている事になる。
それはかつて野党から与党を避難する言葉として発せられた行為に他ならず、与党政権が言論の自由が保障して偏向や捏造にまみれた報道を規制しないのに、野党勢力が元老党勢を行っている事になる。

これは本当に由々しき事態であり、真実であるなら直ちに免職させて相応の処罰を受けてもらうべき事件だと考える。
最低限でも説明責任をしっかりと果たしてもらう必要があって、言論統制の実態を解明するためなら報道機関の重役を国会招致して、何時間か掛けて追求する事があっても良いかも知れない。
野党が国会を空転させるために取った手法の数々が、不正にまみれた野党議員へ対して用いられる事を強く期待する。

奥歯から 銀歯が外れ 落ち着かず2018年11月06日 23時15分42秒

昨夜に歯磨きを行っている時に歯間ブラシを使っていると、奥歯の隙間に何か大きな物が挟まっている感触があった。
それを取り除こうと動かしたら余計に挟まっていく感触があって、水で濯ぎ落とそうと試みたら挟まっている感触が軽減するも、取れた気がしなかった、
仕方ないので再び歯間ブラシを使うと挟まる感触が強まってしまい、何が何やら分からないと小首を傾げていた。
物は試しだと糸ようじを持ち出してみたら、あろう事か銀歯が外れてしまった。
挟まっていたのでなくて外れそうに成っていた故の違和感らしい。
そして、濯ごうとした時に奥歯を噛みしめたので押し込まれて、違和感が軽減したのだろう。それでも元通りと行かないので違和感が残ってしまい、糸ようじでトドメを刺すような外してしまったわけだ。

外れた銀歯を試しに元の位置へ押し込んでみると、思ったよりしっかりと収まってくれた。
昨夜はそのまま就寝となったのだけど、このまま安定してくれるとも限らないので、歯医者へ寄ってからの通院となる旨を連絡しておいた。
そして、今朝に歯医者へ行ってみると休日の朝よりも混雑していて、何事が起きているのかと唖然とさせられた。
俺の行っている歯医者は完全予約制でないので、飛び込めるかと期待したけれど90分待ちも有り得ると言われて、諦めて明日に予約して出直す事とした。

そんなわけで何時に外れるとも知れない銀歯を差し込んで過ごしていたけど、何かを食べようとしたら必ず取れてしまう。
何回も取れたり押し込んだりを繰り返した影響もあり、徐々に外れやすくなっていて就寝中が心配になってきた。
残りは明日の朝までなので何事もなく行くとよいのだが、何となく嫌な予感がして落ち着かない気分である。

混雑の 波が来る前 そそくさと2018年11月07日 23時53分03秒

今日は取れてしまった銀歯の処置をお願いするため、歯医者へ掛かってから出勤する流れとなった。
昨日の朝は外れた銀歯を元へ戻すと安定して定着したので、予約しての出直しでも良いと判断した。
しかし、昼頃から接着剤の役目を果たしていた何かを失ったらしく、徐々に外れる頻度が上がってきたので、翌日へ回したことを後悔していた。
それ故に歯医者へ掛かれる事に喜びすら感じながら、予約時間よりも早めに自宅を出ていた。

この早めがかなり良い選択となっていて、俺の受付が終わった直後にバスを使って来院した患者が列を成して、もう一歩が遅ければ30分は確実に待ち時間が増えた事だろう。
とりあえず次回の通院も早めに行動する方が良さそうだ。

取れた銀歯の下は虫歯が進行しているそうで、久しぶりに痛みの伴う治療を受ける羽目となった。
銀歯が以前から浮くなどしていて、その隙間から唾液に乗って雑菌が侵入したのだろう。
古い詰め物が劣化するなど当然の事なので致し方ないのだけど、褒められる歯磨きを間に付けて虫歯と無縁になれると期待していたので残念でならない。

久しぶりなだけあって堪えられるはずの痛みが顔に出てしまい、何とも言えない敗北感を抱えたりとした。
来週も歯医者の通院が確定したので、暫くは朝の慈顔が慌ただしくなりそうだ。

昼過ぎに 風邪が始まり 苦労中2018年11月08日 22時42分30秒

今朝は特に目立った体調不良を感じられなかったのに、昼過ぎ15時頃から寒気を感じ始めて定時の18時を過ぎると、風邪の症状が本格的に現れてきた。
その後に弁当を食べたり仮眠したりとしたけれど、体調悪化のペースすら落ちないので回復を待たずに帰宅の途へ着いた。

体を動かしたことで多少なり楽になったけれど、汗が出ているので下手すると冷えて急激な悪化を招きかねない。
綱渡りのような状況に怯えながらも上着を緩めず、電車の中でも背中から滑り落ちる汗を感じながら過ごしている。
乗っている電車は途中駅から車内温度が下がる傾向にあるため、乗った長後が暑いからと緩めたら体を冷やしかねない。

とにかく考えられる最前を尽くしながら帰宅して、明日へ響かないよう風邪を直したいのだけど、外気がかなり冷たいので難しそうだ。
朝からの体調不良なら経験も多いのだが、夕方から始まる風邪は珍しくて勝手が分からなくて厄介だ。
とにかく自宅まで無事に辿り着くことを最優先に行動するつもりだ。

病み上がり とにかく眠く 何時までも2018年11月09日 23時34分30秒

昨日の風邪は就寝中に峠を越してくれて、寝汗の酷さを除けば予想より遙かに良い体調で今朝を迎えられた。
体の冷えに伴って不調の影が忍び寄ってくるので、完治でなく病み上がりの体調と言った位置づけにあるようだった、
それでも暖かくしておけば平穏に過ごせるのだから随分と気楽なもので、油断して汗を冷やすなどしないよう注意しながら過ごしていた。

出勤中は電車内がサウナのような暑苦しさだったおかげで体調こそ良かったけれど、上着を脱いでもなお阿蘇の吹き出す温度だったので、電車を降りてからの行動をしっかりと計算しておく必要があった。
そんな苦労の甲斐もあって体調を崩さずに出社できたけど、心労のせいか病み上がりのためか分からないけれど、ひたすらに瞼の重たい時間が多くて苦労させられた。
定時18時を過ぎてから強烈な眠気が何度も訪れて、時折に記憶の飛ぶような事態も何度となく経験させられた。

この眠気を乗り越えた先に完治があってくれると嬉しいのだが、どちらかと言えば電車の中で感染した病原体を駆逐する反応という方が納得できる、
何にしても今日は早々に布団へ入って完治を目指すつもりではいる。

乾燥機 羽毛がふっくら 蘇る2018年11月10日 23時04分14秒

以前なら寝汗の酷い朝でも寝間着こそ濡れていても、布団の中に閉じ込められた空気までは湿っぽくなくて、通気性の良さを実感していた。
それなのに、昨日の朝は寝汗による湿っぽさが寝間着のみならず空気にまで及んでいて、購入した当初の感動を思い出して羽毛トンの劣化を実感するに至った。

寝汗が原因で体を冷やして体調を悪化させる事も十分に考えられるので、最悪の場合に買い換えも考える必要も考慮に入れつつも、それよりも布団乾燥機を試すべきだと思い至った。
こちらも購入当初に羽毛布団がふっくらとさせてくれて感動した記憶があり、思い返してみれば春の始まった頃から一度も使っていない。
今年は台風の多い日も続いていたし、ここ最近を振り返ると体調不良が治らずに延々と続いているので、例年よりも羽毛布団が湿気に晒される場面が多かったかも知れない。
そう思い立って、昨日の出掛ける直前に最長モードで布団乾燥機を仕掛けて、日中の暖かさも加えてじっくりと羽毛布団を暖めておいた。

その成果は布団へ潜り込む時からはっきりと分かって、羽毛布団の重さも違えばゆっくりと体を覆っていく感触も復活している。
これなら羽毛布団を買い換える必要性を感じられないし、久しぶりにすんなりと眠りへ落ちられて熟睡もできたので、体調の回復も助けてくれるのでないかと大いに期待できる。