涼しくて 眠れるはずが 眠れない2018年08月16日 23時27分59秒

昨日は暑さの和らいだ夜となって安眠できると思ったのに、湿度の影響なのか体内へ熱の籠もる感触があって寝苦しく、仕方ないので寝付くまで扇風機を回す事にした。
扇風機を回しっぱなしだと明け方に体を冷やしすぎる危険があるため、オフタイマーを設定しておいたら発動から間もなく目覚める羽目となる。
しかも、扇風機を再び回しても布団まで寝苦しい熱が籠もっていて、再稼働だけで解決しない不快感に四苦八苦とさせられた。
どうにか寝付いたと思ったら、明け方に体を冷やしすぎて寝起きから鼻風邪と思われる症状が出ているし、寝やすいはずがむしろ眠れずに頭痛のするほど寝不足になっていた。

寝起きから気分の悪かった事に加えて、左目から久しぶりに鈍痛が発せられていて文字通りに踏んだり蹴ったりの朝となって、軽く苛立ちながらの出勤となった。
そんな状況下で遊んでいるゲームの新しいイベントが始まったのだけど、大きすぎる胸に自己中心的な性格という俺の嫌いな要素を詰め込んだ新キャラが登場して、体調不良もあって怒りさえ覚えるほどの嫌悪感だった。
こんなキャラのために時間を費やしたくないのだけど、どうにも投げ出すという選択肢を取れない性分なので、必要最低限だけと言いながらプレイしている。

そんな乗り気でないゲームを進めながら、盆棚の片付けなどに追われていたら日付変更線を跨いでしまい、必然的に夜更かしする羽目となって何とも言い難い気分になっている。
その一方で運気だけ上向いていると言うから、変な形で帳尻合わせが成されている気分だ。