暑すぎて 喉の渇きが 止まらない2018年08月11日 23時33分26秒

今日は母方の親戚が墓参りのついでに自宅へ訪問してくれるとの事で、昨夜に屋内の大雑把な掃除を済ませたので、朝から墓掃除へ出掛ける予定を立てていた。
そのため、平日と同じ時刻に起床してゲーム関連の日課を一気に片付けて、父親と今日の予定を大まかに確認してから墓掃除へ出掛けてきた。

相談の内容は親戚がこちらへ来る時に子連れで来訪する場合もあって、我が家は基本的に飲み物を自作するので何を買ってくるべきかという話題が主題となる。
この会話も殆ど毎年のように繰り返されていて、子供を連れてくるのか連絡のあった際に確認してくれないので、余計な一手間を掛ける羽目となる。
最近の子供でもジュースしか飲まないわけでもないし、家庭によっては飲み過ぎないよう制限している場合もあるので、ジュース類を特別に揃える必要性もない。
こういう話を毎年に繰り返しているのだけど、どうにも覚えてくれない。
子供を連れてくるか聞いてくれたら、最近の子供はジュース以外も飲むという話をせずに済むのだが、言うだけで済むのだからと諦めている。

毎年の通過儀礼を済ませて墓掃除へ向かったのだが、朝9時と思えないほどの強い日射しに照らされて、自転車で風を切りながら走っていてもなお熱さに逆上せそうだった。
当然ながら墓掃除をしている時に風がなくなるのでより一層に暑くて、普段通りに1時間以上を掛ける丁寧にやっていたら、熱射病へ掛かる恐れを感じたので簡易の掃除へ切り替えた。
せめて、雲でも出てきて日射しを隠してくれた楽なのに、快晴の青空から絶え間なく日光が降り注いでいて、生命の危機さえ感じるほどの暑さだった。

移動時間を含めて40分ほどだったはずだけど、帰宅すると喉の渇きが収まらない妙なスイッチが入っているらしく、一日分の水筒を飲み干した上に予備の1本まで飲んでも足りなかった。
さすがに妙だと控えたけれど、そのまま夕方頃まで妙な状態が続いてしまって、熱中症を発症し掛けた影響なのかも知れないと恐怖していた。