台風は 上陸せずに 北へ行き2018年08月09日 23時23分28秒

昨日は異様に移動速度の遅い台風13号の関東上陸が警戒されていて、念のために早めの大金した甲斐もあって、大して濡れることもなく帰宅できた。
もっとも関東沿岸で北へ向かって大きく針路を変えたので、一時的に雨風の強まる時間帯が有った程度で過ぎ去っていた。
しかし、ジョギング程度の速度で移動しているために、直前まで上陸するのか否か判別できなかった。

偏西風の影響下へ入れば速度を上げながら北上し始めると言われていて、それまで低速で集中的な被害をもたらすと言われていた。
それ故に警戒を強めていたので花芽の帰宅が無駄足だったと嘆かず、運良く朝の通勤へ影響しなくて助かったと考える方が正しい。
できれば、窓に張り付いた汚れを洗い流す勢いの雨が欲しかったけれど、大気の状態が不安定になれば夕立など期待できるだろう。

台風一過の青空よりも適度に雨の降る天気が望まれて、湿度の高さだけあって雨にならない天候が辛いので、雨の降る日が頻発するようになってほしい。
今年は休みの少ない猛暑や酷暑に加えて雨の日も少ないので、どうにも感覚が掴めずに混乱しているので分かり易い天気へ戻ってほしい。