窓際の 風に当てられ 風邪を引く2018年07月01日 23時07分37秒

この週末は気温の高いながらも風の良く入る天候だったので、暑さへの慣れが甘い状況でも空調を封印したまま乗り切れた。
今日に至っては夕方に窓から吹き込む風を浴び続けていたら、汗が冷えすぎて冷房風邪と思われる症状が出てしまい、暑さの中で免疫活動の邪魔とならない程度に体を冷ます調整に苦労させられている。
この冷房風邪が目の充血を引き起こしているらしくて、明日に眼科への通院を控えているので治しておきたい。
最悪の場合は風邪薬で症状を抑えてしまえばよいのだが、願わくば夏の暑さを逆手にとって病原菌を駆逐する方向へ持っていきたい。

買い物へ出掛けてから帰宅して、暑苦しかった服を脱いでいる時、窓から吹き込む風の心地よさに気が付いて、ロフトの方がより大きな風音が聞こえる事から行ってみた。
それほど期待していなかったのだけど、行ってみれば扇風機の強設定と同等の風が殆ど間を開けずに吹いていて、絞れるほどに畦を吸っていたシャツも一気に乾いていくほどだった。
体へ当て続けるには強すぎる気もしたのだけど、体の内側から火照ってくるような暑さを感じていたので、そのまま風に体を晒し続けていたら前述の通りとなってしまった次第だ。

猛烈に体の冷やされる感触は汗で湿っているからで、乾いた後なら体を冷やすまで行かないと思っていたら、日射しの暑さに比べて風が冷たかったようで、不覚にも体調を崩してしまったらしい。
よもや2時間ほど出歩いていただけで軽く日焼けするような陽気に、体調を崩すほどの冷たい風が吹き込むとは思いもしなくて、文字通りに不意を突かれた状態だった。

通院で 暑い最中に 出歩けば2018年07月02日 23時56分17秒

今日は午前中に国立病院の眼科へ定期検診で通院する予定となっていた。
今日も朝から暑苦しい日差しの降り注ぐ夏日となって、今回に時間の掛かる視野検査が含まれている事から、最も暑い時間帯に出歩く羽目になる可能性を憂鬱な気分だった。
そして、悪い予感の的中率と来たら神懸かっていると賞賛されたいほどに高くて、久々に日差しで死ぬことがあるのだと思い出させられた。

今回の検査は視力検査でも躓いた上に、視野検査ではさらに手間取る結果となってしまい、待ち時間が長かったので会計の済んだ時点で既に正午を過ぎていた。
検査で手間取った原因は手術を受けた左目の見え方にあって、良くなっている自覚があったのだけど、一点を見つめる事に関してはむしろ見辛くなっていた。

以前から「見る」でなく「眺める」の見方に慣れすぎているとの危機感が検査に現れた気分だ。
全体的な見え方としては見える範囲が広がっているのだが、歪んだり霞の掛かる範囲は臼杵広くなっている。
そのため1つを見ることに関して、見るのに随分と苦労させられる格好となっていた。
おかげで文字通りの四苦八苦となってしまった。

通院後は時間も遅いので昼食を外食にして、弁当を夕食へ回す事にした。
しかし、行きたい店は病院から駅まで向かい道すがらにないため、遠回りする事となったのだけど、あまりの暑さに諦めようかと考えるほど辛かった。
それでも汗を大量に掻いている現状も踏まえて、行きたい店だったので頑張ったので普段より美味しく感じられた。

しかし、そこから駅まで向かう道は文字通りの炎天下で、肌が焼かれていく様を実感しながら走行していた。
さらに駅のホームでタイミングの悪さから長々と待たされた上に、会社までの道程は最も暑い時間帯となっていて、生きた心地のしない日差しの中を歩いていた。
会社の門戸に至っては熱で膨張して開かなくなっていたし、どれだけ暑いのかを呆れさえ感じた。

もう一歩 工夫が足りず 怪我をする2018年07月03日 23時14分04秒

前のリュックが持ち運ぶ荷物に対して大きすぎて偏ってしまい、加重が腰の一点へ掛かって上着を摩耗させていたりと、不具合が出てきたので買い換えてから暫く経過した。
新しいリュックはまるで計ったかのように荷物をきっちりと収められて、買い物で荷物が追加されると隙間無く詰め込まれる状態になるけれど、日常的な買い物であれば問題ない。
他にも細々とした荷物もそこそこの使い勝手で収納できていて、大概の事に関しては創意工夫で解決しているので満足している。

そんな収納に関する問題の1つに財布の収納場所がある。
収納場所は決まっていて、最も大きな収納スペースに1枚の間仕切りが当て、狭い方がノートPCを収める用のポケットとして、拾い方が弁当や水筒を入れる場所として設計されている。
この間仕切りに小さなポケットが付いていて、そこが財布の収納場所となっているのだけど、壁が財布の重さに引っ張られて弁当や水筒を収める時に邪魔になってしまう。
ノートPCやタブレットを収めてやれば財布の加重に引っ張られる事もないのだが、熱気や冷気の籠もる場所に電子機器を収めたくないので未使用となっている。

仕方ないので電子機器の代わりにクリップボードを入れて、間仕切りの上部を挟んで安定させていたのだが、先ほどに指を金具へ引っ掛けて出血させてしまった。
そもそもクリップボードが厚くて硬い事から背負った時の感触が変わったりと、問題もあったので怪我をした事からクリップボードでの補強は諦めた。
その代わりをどうするか色々と考えているけれど、今のところは良い案が思い浮かばないので、暫くは間仕切りの倒れてくる不都合を我慢して使うとしよう。

曇り空 日差し一つで 様変わり2018年07月04日 23時30分13秒

夏日が延々と続いている今日この頃、一昨日に至っては日付の変わった後でも室温が30度を下回らず、体力を回復させる暇のない日々だった。
昨夜は室温こそ高いもののひんやりとした夜風が吹いていたけれど、強風と呼ぶべき風速だったので扱いが悩ましかった。
そのため、冷えすぎたり何だとして落ち着かなくて、一息こそ入れられたけれど休まった感じのしない朝を迎えた。

今日は久方ぶりに雲の多い天気となって、凶暴な日差しから解放されるだけでも、こんなに楽なのかと感じながらの通勤となった。
残念ながら、気温と湿度が高かったので熱中症への警戒を解ける天候でなかったが、日差しに焼かれながら移動するのに比べたら楽だった。
それに朝から遮光眼鏡を掛けるほどの眩しさに晒されると、早い段階で眼精疲労による見辛さを感じる事になるので、その意味でも助かっていた。

帰り道に見かける他の乗客にも昨日までになかった余裕があって、軽い調子の会話がちらほらと聞こえてきた。
昨日は殆どの人がぐったりと静かにうなだれていて、会話を聞いた覚えがない事から考えても過ごしやすい方だったのだろう。
地元に至っては数分間ながら激しい降雨があったらしく、風通しのよい場所は地表の熱気が一気に流されて涼しくなっていて、今夜は快適に眠れそうな気がする。

嘘じゃない そのはずだけど 疑問有り2018年07月05日 23時16分26秒

今朝のニュースで文部科学省のエリート官僚が受託手話医の容疑で逮捕されたと報道されていた。
医科大学へ便宜を図る見返りとして息子の入試試験で加点させたとの事だが、不正入学させる行為が贈賄になるのか疑問に思えたし、卒業しなければ意味を成さないので今一つ納得できなかった。

入試の合否判定において試験の得点以外にも内申点といった要素も加味されるはずだ。
その内申点に親の地位が加点要素として見なされたとしても、受験者の性質を構成する要素として採用されても不正と思わない。
文部科学省の官僚であれば、襟首を正す意味でも教育熱心となっても不思議でなく、その家庭環境へ反発する事なく育っているなら内申点が加算されても良さそうなものだ。
もしも、容疑として挙げられている「入試試験で加点」が内申点であったなら、不正合格と呼ばれるほど悪質な行為だとは思えない。

実際に逮捕されてからの報道なので嘘ではないようだけど、何ともスッキリとしない事件に思えている。
そして、この件についても野党の愚か者が総理大臣の関与も疑われると言い出しそうだと呆れながら見ている。

人の死も 話の種と 集り行く2018年07月06日 23時23分33秒

今日は地下鉄サリン事件を引き起こした死刑囚の死刑執行のニュースが飛び込んできて、ニュース番組が慌ただしく放送内容を切り替えていった。
死刑執行に関する情報の公表されないままに準備から執行まで粛々と薦められた事に対して、報道メディアが知らされなかった事を咎めるような言葉が散見された。

死刑制度の是非は兎も角として、死刑囚であろうと人の死である事に変わりないので、速報としてテロップに流す程度の報道だけで済ませてよいと思っている。
それ故に死刑執行から慌ただしく特集を組んで報道する倫理観に大きな疑問を感じるし、ましてや視聴率を最も稼げるタイミングを逃したと言わんばかりに避難めいた言葉まで漏らして、報道番組に携わる連中に人の血が流れているのか疑わしくなってくる。

何よりも報道メディアに全ての情報が開示されるべきと考えている節に対しても、烏滸がましいにも程がある思い上がりだ。
残念ながらオウム真理教を引き継いだ組織が依然として存在しているので、下手な死刑執行の話を漏らすと大きな事件を引き起こす危険性がある。
そういった危険を考慮した報道体制を取れるのであれば、報道メディアへ事前情報を渡す事も有り得たかも知れないが、これを実現しようとすれば実質的に知らない体裁で居なければならず、公表しなかった時と何ら変わらない。

そうなるとはずなのに事前情報がなかったと、悔しがるような言葉を平然と吐き出すのだから性根の先から腐りきっているとしか思えない。

快適な 天候なのに 引き籠もり2018年07月07日 23時55分02秒

今週はToda氏の不在により毎週恒例の昼食会がなくて、普段なら昼食がてらに外出して買い物などしてくるのだけど、予定がないと出掛ける切っ掛けがなくて見事に引き籠もってしまった。
連日の猛暑から一息を入れられたと言っても、眠りの浅さから蓄積した疲労がそう簡単に抜けるはずもなく、落ち着ける週末に体力の回復を図るのも必要ではあったろう。
だからといって、一日中に引き籠もっている必要があったとも思えず、快適に買い物へ行けそうな天候なのに出不精となっていた事実は、どうにも時間を無駄にしたような気分となる。

実際問題として何かの用事があったわけでもなく、出掛けても近所のスーパーを物色する程度で帰宅した可能性が極めて高いのだけど、引き籠もっているより良いように思える。
何よりも1日2食でも全く空腹感を感じないほどの省エネ生活だったので、体力が有り余っていて寝付けないオチが待っていそうな不安もあり、今日の生活を夕方頃から後悔し続けている次第だ。

夜更かしの原因としては、遊んでいるゲームのイベントシステムに不具合があるようで、Android版だと正常なプレイさえ困難な状態となっている。
その件について運営へ報告を入れているのだけど、担当者が定型文で返信してくるなど危機感の足りない対応をしてきて、イベント開始から間もなく報告しているのに確認されている不具合としても告知されていない。
他のプレイヤーを見ても俺と同様の症状に陥っていそうな数値が散見されて、極端な数値が出ていながら対応しないのかと不信感を抱きだしている。
幸いにしてPC版なら不具合の影響が小さいので、何とかイベントの目標を達成できそうだけど、明らかに不具合で足止めされているフレンドを見ると、自分が不正行為をしているような気分になって気分の悪い事この上ない。

そんな状況に在るせいか、フレンド登録している他プレイヤーのサポートを頑張っていたら、昨夜は思い切り夜更かしになっていた。
正確には平日も遅くなりがちだったので良くない状況となっていて、休日こそ早寝早起きをしたいのに思うままとならない事へ憤りを感じる。

一時の 涼しさ終わり 夏の風2018年07月08日 23時09分59秒

薄着だと肌寒く感じられる日さえあった戻り梅雨も終わり、今日は久しぶりに夏を思わせる30度を越える暑い陽気となった。
暑さが急に戻ってきた印象も多少なりあるけれど、暑い日々の苦痛を忘却する前だったので順応できていて、連日連夜の猛暑続きだった頃を思えば温いくらいだった。
しかしながら、気持ちと体は必ずしも一致している物でもなかったようで、昼過ぎから買い物へ出掛けたり何だとやって帰宅すると、疲労感と眠気が一気に押し寄せてきた。

帰宅した当初はタダの疲労感から派生する一時的な眠気で、放置していればすぐに何処かへ消え去ると思っていたのに、時間の経過と共に転た寝へ引き落とされるほど強まるばかりだった。
このままでは眠気の腫れる所か体制の悪から寝付けずに半端な眠りを繰り返して、眠気と気分の悪さが同居する最悪の状態へ陥る可能性さえ思う浮かんだ。
そうなると面倒なので昼寝してスッキリとさせようと考えたのだが、そのまま夕食時まで眠りこける格好となっていて、結局は睡魔二時間を盗まれてしまった。

基本的に寝不足を拗らせている状態なので昼寝できた事は良かったのだけど、もう少し軽めの昼寝でスッキリとしてくれたら自由にできる時間も増えたろうにと、少しばかり贅沢を言いたくなってきた。
何にしても明日から再び暑い日が続くとか何とか言っているので、休める時にしっかりと休んで寝不足を溜め込まないよう注意していきたい。

立つ雲に 心を擦って 通勤へ2018年07月09日 22時38分59秒

今日は大気の状態が不安定な蒸し暑い日となっていて、空模様を気にしながらの通勤となったのだけど、雨に降られることもなく出勤できた。
しかし、空模様は安定している様子でない事から気の掛かる道中だった。

地元は雲の立ち方を見る限りに道中の雨へ警戒する必要がなさそうで、暑いとぼやきながら自転車を走らせてきた。
会社の最寄り駅へ到着すると、かなりの湿気が籠もった空気に背の高い雲まで見えたので、傘を持たずに来た事は失敗だったかと焦った。
しかし、雲の高さに対する風の弱さから考えて歩いている間に降り出す事はないと判断した。
それでもかなりの大きさを誇る雲に見下ろされると、嫌な気分になって早足となりがちだった。

会社へ到着してG社長に聞くと朝方に雷雨があったらしくて、俺の見た背の高い雲はその雷雨の残り香のような物だったようだ。
会社まで僅かな距離まで来ると、生暖かさの中にひんやりとした風が流れてきて、その感段差は雷雨の元と成りかねないと緊張したが、それも残り香だったらしい。
結果的に取り越し苦労だったのだけど、大気の状態が不安定と聞いていた事もあって、通勤だけでも体力を食い潰された気分だ。

九州や四国で水害が起きていた事もあって、少しばかり警戒心が強まりすぎていたのかも知れない。

災害と ネットのデマは 共にあり2018年07月10日 23時31分15秒

西日本で大きな水害の出ているだけど、ネット上に流れるデマ情報を信じて大騒ぎする輩が出始めている。
例えば、救助隊の格好をした空き巣が出没しているという話が分かり易い所で、未だに多くの家屋が水没している状況なので、空き巣に入っても何か入手できるとも思えない。
まして、大量の土砂に飲み込まれているから的を絞って探しても、掘り出すまでにどれほどの時を掛ける必要があるのか想像もできない。
その労力に加えて土砂ダムの決壊による増水の危険性もあり、生命の危機を犯してまで盗みに入る阿呆がいると思えない。
このようなデマ情報に踊らされた愚者の通報によって、警察の巡回強化といった無駄な労力が注ぎ込まれる事に憤りを感じる。

Twitterでは善意と称して目新しい情報を精査せずに拡散して、混乱に拍車を掛ける連中が多すぎて呆れてしまう。
善意というなら明らかなデマ情報を拡散しないように努めるべきで、余計な話を広めない事こそ善意たる行動であると理解すべきだ。

他にもテレビカメラが来ないから配給が来ないと嘆く被害者の発言も拡散されていた。
配給はテレビ局が行うものでないため、配給の有無と放送されるか否かは無関係であり、捏造しているか配給場所を知らないだけだろう。
しかし、電気も水道も止まっていて何もできないと言いながら、画像付きでTwitterへ投稿していたり、テレビ報道の傾向を把握している点も違和感を覚える。
電気も水道も止まっているならば、どちらもできない状況にあると推察されるので、恐らくは面白半分に被害者を装っているのだろう。