思うより 貧血からは 抜け出せぬ2018年02月16日 23時02分24秒

朝の気分としては随分と楽になっているので、出血量が減ってきて貧血か
ら開放されているはずなのだが、意識が引き抜かれるかのような眠気に襲われる。
歩いている時など体を動かしている間に起きないだけ良いけれど、仕事中に頻発するので相当に困ってしまう。
それも直前の作業を忘れてしまう事も多くて、三歩進んで二歩下がる状況を再現しているような感じで、洒落にならない状況に頭を抱えていた。

しかし、帰宅して空室温15度ほどの部屋にいる時はそれほどの眠気に襲われていないので、会社の室温が高すぎて逆上せるような状態にあった可能性も考えられる。
実際問題として仮住まいは妙な機密性の高さを感じさせる部分もあるので、長居する事を考えた時に問題となる要素が幾つか存在しそうな気がする。
何と言っても記録的な寒さに見舞われた時期にガス給湯器が壊れるような借家なので、何かしら問題があるのに隠されている恐れを払拭できない。

何にしても体調を整えないと仕事ができないので、少しでも早く出血続きの状況から脱するよう努力するとしよう。