昨日の 不安の影が 風邪となる2017年12月01日 23時17分28秒

昨夜から風邪っぽい不調の影に不安を感じていたのだけど、今朝になって現実の風邪として発症していて喉の痛みが酷くて終日に辛かった。
今週中に片付けたい案件もあったので踏ん張ったけれど、半日ほどで完了する見込みが定時近くまで掛かってしまった。
症状としては気怠さと喉の痛みなので比較的に軽い方だけど、ゆっくりと体力を奪っていく質の悪さもある風邪で、集中力の妨害と眠気の重さが一級品だった。
おかげで帰宅した直後は体力が底を突いたように気怠くて、ブログの記事を考える気力など何処にも残っていなかった。

自らの 怠け心に 腹が立つ2017年12月02日 23時00分30秒

今朝も酷い寝汗と共に歯医者へ遅刻しないために仕掛けたアラームに起こされて、湿った体を冷え切った空気に晒しながら布団から這い出す行為に気合いを必要とした。
風邪の症状は随分と軽くなっていたけれど、病床の中に居たせいか睡眠時間の割に疲労感が抜けていなくて、色々とやる気の湧かなくて歯医者へ行くために起きたはずなのに到着が遅れてしまった。

その影響で歯医者の待ち時間が長くなってしまい、自分の愚かさに苛立ちを覚えるという酷い矛盾が精神を侵したようで、その後に無気力状態へ陥る場面が頻発するなど情緒不安定となっていた。
本来なら楽しい息抜きとなるはずのゲームが、どうにもこうにも面倒臭いと感じてしまうイベントの連続となっていて、外出するのにも左手首が治らなくて行動範囲が短くなっている。
こんな状況で気分転換もできずに悶々としているため、ちょっとした事で情緒不安定となってしまうのだろう。

色々と悪条件が重なってくると、悪い状況から抜け出せなくなる。
さてはて、どうしたものかと言いながら、時間を無駄にしているのだから呆れるばかりだ。

苛立ちの 八つ当たり先が 左手に2017年12月03日 23時31分31秒

風邪の治りが遅くて苛つきに加えて、艦これのイベントも思うように進まなくて鬱憤も溜まってきた今日この頃、左手首も湿布を貼ってやったりテーピングで可動制限を掛けたりと、それなりに治療しているのに良くならない。
こうなってくると面倒臭いと吠えたくなってくる性分であり、何より痛いにしても堪えられないほどでもないので、甘やかしてやる時期がもう過ぎたと一変して無理矢理に可動域を拡張する処置へ移った。

これで治る事もあれば悪化する場合だってあるのだけど、駄目だった時の不安を考える事さえ億劫になっていたので、試すだけ試してやれと激痛とならない程度に曲げたりして可動域を広げていった。
何だかんだで痛みと向き合いながら筋を伸ばしていくと、それなりに可動域が広がっていったので打撲によって動かせない以外の理由もありそうだった。
何にしても丁重に扱ってもならないのなら、強引な手段へ出るしかない。
どうにもこうにも面倒臭くて仕方ないので、なるようになれと吐きすぎてながら処置を繰り返していた。

一時的には良くなるのだけど、暫くすると戻ってしまうので再び加圧するという繰り返しで、やり過ぎないようにだけ注意しながらも気遣いなどせずに強引なストレッチを敢行した。
寝起きが特に酷い事となるので就寝時だけ湿布を貼ろうかと思うが、我ながら手荒な事を平然とする物だと呆れている。

左手の 悪化は避けられ 安堵する2017年12月04日 23時10分01秒

昨日から痛みの引かない左手首の対応を安静維持の甘やかしから、少し強引に可動域を広げていく方向へ切り替えたので、その影響が今朝になって現れると覚悟していた。
無理に動かした事で酷く悪化して動かせなくなっている事も覚悟していたのだが、湿布を貼っておいたおかげか予想よりも良い状態で朝を迎えられている。

捻挫に起因すると思われる痛みもあるのだけど、それ以外に関節の筋が硬くなっているために動かすと痛む面もありそうだと感じて、多少に無理して動かした結果なので試して良かった。
逆に悪化するような事態となったなら素直に整形外科を受信するなり考えていて、単純に無謀な行為へ出たわけでないけれど何らしかの確信があっての事でもなくて、良い方向へ流れてくれて逆に驚いているほどだった。
良い方向へ流れたと言っても日常生活における支障が軽減しただけで、本当に良くない痛むが消えているわけではなくて、前進でこそ有っても大きな進捗でもない。

この変化で調子に乗って動かし過ぎると、今度こそ悪化する事態となるので注意したい。

左手の 悪化は避けられ 安堵する2017年12月04日 23時10分01秒

昨日から痛みの引かない左手首の対応を安静維持の甘やかしから、少し強引に可動域を広げていく方向へ切り替えたので、その影響が今朝になって現れると覚悟していた。
無理に動かした事で酷く悪化して動かせなくなっている事も覚悟していたのだが、湿布を貼っておいたおかげか予想よりも良い状態で朝を迎えられている。

捻挫に起因すると思われる痛みもあるのだけど、それ以外に関節の筋が硬くなっているために動かすと痛む面もありそうだと感じて、多少に無理して動かした結果なので試して良かった。
逆に悪化するような事態となったなら素直に整形外科を受信するなり考えていて、単純に無謀な行為へ出たわけでないけれど何らしかの確信があっての事でもなくて、良い方向へ流れてくれて逆に驚いているほどだった。
良い方向へ流れたと言っても日常生活における支障が軽減しただけで、本当に良くない痛むが消えているわけではなくて、前進でこそ有っても大きな進捗でもない。

この変化で調子に乗って動かし過ぎると、今度こそ悪化する事態となるので注意したい。

進まない 何をやっても 返り討ち2017年12月05日 23時35分08秒

艦これの秋イベントはようやっと最終海域まで到達したのだけど、討伐すべきボスと遭遇するために未だかつてない数の手順を踏む必要があり、ギミックを解除する作業が1ステージ分に相当しそうな量となっている。
そんな数あるギミック解除の手順は攻略サイトで大まかに3段階で説明されており、1段目は構成メンバーの選定でルートが変わる方式で要領を掴めれば簡単に進められた。

続く2段目は進行ルートを開拓するために幾つかのポイントを攻略するのだが、目標へ至るまでの戦闘回数が異常に多くて最終海域の攻略中で最難関とも噂されていた。
1発で突破できたという人も居たりする中で、俺は100回に届きそうな試行を重ねても目標で勝利できないどころか、到達する事さえ叶わずに精神を磨り減らし続けていた。
それこそ仕事に影響するほどの疲弊する有り様で、難易度を引き下げて挑戦しているのに絶望の二文字しか見えない運の無さに言葉も失っていた。

そんな焦燥した気分での帰り道、何気なくAndroid版でログインして挑戦してみると、同じ難易度で挑戦していると思えないほどスムーズに攻略が進んで、損害を殆ど受けない目標地点へ到達してくれた。
ここで運気を使い果たして撃破に失敗するシナリオも想像したけれど、あっさりと撃滅してギミック解除へ成功したから拍子抜けしていた。
ここまでのギャップが生じると、運の無さ以前に運営が設定を間違えていたのではないかと疑いたくなった。

ひとまず次の段階へ進めて良かったと安堵するも、気力がないので続きは明日以降にする。

坂道を 下った先が 寒すぎて2017年12月06日 23時44分55秒

今日の帰り道は思わず襟を立てたくなる寒い夜道となっていて、手袋も着用すべきか迷いながらもリュックから引っ張り出す事を面倒に感じて、素手のまま自転車へ跨がって走り始めた。
体温が冷たい空気に奪われて指先に痺れを感じるまで悴んだけれど、ハンドルを強く握り締めたり信号待ちの間にポケットへ入れて暖めて誤魔化しつつ、自宅まで何とか堪えられそうだと無駄な達成感に浸っていた。
しかし、自宅の近くまで来た所で下り坂の先が一段と冷たい空気に支配されている事を不意に思い出して、下り始める前から背筋だけ冷たくなっていた。

かといって、自宅まで残り数分の距離まで来ているので、今更に自転車を停めてリュックから手袋を出しても意味のないと諦めて突き進んだ。
坂の上でさえ限界の一歩手前という寒さだったのに、下った先は体感温度で3度ほど冷たい空気が溜まっていて、坂を半分ほど下った時点で既に痺れが痛みに変わるほど凍え出した。
ブレーキを握るのに握力まで弱まっている有り様に危機感を覚えつつも、この時間帯に歩行者を見掛ける機会が全くないので、そのまま走り通してきた。

自宅の玄関へ入ると暖房が掛かっているでもないのに暖かく感じられて、外気がどれほど冷たいのか実感させられた。
手を見ると笑ってしまうほどに赤くなっていて、ここまで凍えたなら指先に力が入らなくなるのも納得だと言えるほどの見事な赤さだった。
坂の上だけなら兎も角として、坂の下は手袋を装着しないと危険なレベルの冷え込みらしいので、明日は到着せずに防寒を固めて帰宅するようにしよう。

まだあると 思っていたら 閉幕に・・・2017年12月07日 23時43分28秒

艦これのイベントが思うように進んでいないせいで、他のゲームへ掛ける時間が減っているので取りこぼしなど出そうだと不安がっていたら、案の上にやらかしてしまった。

イベントステージを攻略した際に得られるポイントを使い、限定ガチャから特殊な装備品を集めるという趣向のイベントがあったのだけど、開催期間を確認し忘れて最大数の確保する前に閉幕してしまった。
ガチャを回すためのポイントは少なからず持っているはずだけど、確実に入手できるほど溜まっていなくて、景品の残りが260個のところ70個を引けるかどうかなので、俺の運気では引き当てられる気がしない。
何が何でも欲しいという類いでもないけれど、持っていると何処かで役立つはずなので確保したかったのに、もう2~3日は続くと勝手に思い込んで取りこぼしの危機に直面している。
しかも、現状はメンテ中なのでラストチャンスへ賭ける事もできずに悶々とした気持ちで待たされている。

そんな状況を生み出す元凶となった艦これは難易度を下げたのに詰まっていて、未だにクリアできてない悲しい状況にあるから困ってしまう。
今週末は予定があって時間を取れない見込みなので、早めに終わらせたいのに運の悪さが光っていて進まない。
苛立ちばかり募っている状況に疲れ果てている。

イベントの 憂いが晴れて 安堵する2017年12月08日 23時58分05秒

限定品を回収し終わる前にイベントが終了してしまったと嘆いていた件について、検索で引っ掛けてきた情報が誤っていたようでイベント期間が残っていた。
おかげで無事に限定品を回収し終わったので良かったが、昨夜はメンテナンスで状況確認のできない状況に苛立ってしまい、満足に眠れないまま朝を迎えてしまった。

そんな寝不足状態で出社して、仕事の合間に艦これのイベントを推し進めていた。
というのも、週末に主催者宅で行われるMMD関係のオフ会へ参加する都合から攻略に時間を割けそうになく、イベント期間が11日までの予定なので急がないと本当に取りこぼしてしまう状況だった。
そのため、今日中に終わらせないと厄介な事になるので、今まで一度も使った事のないイベント報酬などで入手した課金アイテムを持ち出して、強引に撃破しようと試みて無事に突破できた。

ひとまずゲーム関連の憂いが晴れて良かったのだが、遊んでいるゲームの1つがアップデートの直後から異様に重たくなって、オートモードでないとまともに進行できない状況となってしまった。
何事かと苦情の連絡は入れたけれど、そう簡単に直るとも思えないので暫くはオートモードでしか遊べなくなりそうだ。

久々の 宅オフ参加 癒やされて2017年12月09日 23時15分10秒

今日は久しぶりにMMD関係のオフ会へ参加する予定となっていたのに、朝から左目に白い濁りが出ていて見え辛かったり、昨夜の帰り道で体を冷やした影響から風邪っぽさがあったりと、調子の悪さが目立っていた。
それでも参加を危ぶむほどの重たい症状もないので、念のために風邪薬を服用したり、目薬の使用頻度を上げるといった簡単な対応がそれなりに効果を発揮してくれた。

左目の手術を受ける少し前から、PC性能の影響でニコニコ動画をまともに見られなくなってからMMD動画も殆ど視聴しておらず、参加する資格があるのかと若干の疑問も感じていた。
しかし、これまで何度も参加している主催者の自宅で行われるオフ会、宅オフだったので殆ど友人宅へ集まる雰囲気だから参加する気になれた。
そうでないとニコニコ動画が中心だったボカロやMMDから殆ど離脱した状態にある身の上としては、オフ会へ参加しづらいという気分が少なからず感じてしまう。
嫌いになったわけでないから何時かは戻りたいのだけど、ひとまず左目がもう少し良くならないと難しそうで、その間に大きな改革でも起きて古き世良き文化の再燃となってくれたら嬉しいと思っている。

宅オフという名の座談会でも似たような話もできたし、何だか入院という単語を漏らす人も見受けられて、何とも不思議な一体感に癒やされるような一日だった。
代わりにMMDに関する話題が少なかったのだけど、それ故に離脱気味の俺でも参加できたのだから、喜ぶべきなのだろうか。