寒いけど 面倒なので 火を入れず2017年11月01日 23時22分59秒

ここ数日は日が暮れてからの冷え込みようが厳しくなってきて、夜中に暖房を入れていない自室で過ごしていると足先が凍えてくるようになった。
そろそろ暖房に火を入れるべきかと思うのだけど、灯油を入れてくるなどの手間を面倒臭がって室内用の防寒具を着込んで堪えている。

我慢して押し通せる限度を超えつつあるので、今日か明日にでも暖房の用意をしようと思うのだけど、どうにもまだ面倒臭いという気持ちの方が勝ってしまう。
以前は布団の冷たさに堪えかねて、室温と共に寝床も暖める名目で暖房に火を入れていたのだけど、ここ最近は布団がそこまで冷えない上に布団乾燥機という文明の利器もあるので、就寝直後の苦痛を感じずに済んでいる。
それ故に寒さが限界なら温い布団へ逃げ込めばよいと考えるために、暖房を使うという意識が遠退いている印象がある。

灯油ストーブを使っているので消した時の匂いなど考えると、使い始めの一歩が重たくなるのは常なのだけど、風邪を引きそうになっているので注意したいところだ。

連休と 聞いて慌てて 混乱す2017年11月02日 23時09分36秒

定時を過ぎて今日の業務が終わって明日の話をしていると、流れていたラジオ番組も終了して野球中継へ切り替わり、実況アナウンサーが挨拶の中で「明日から三連休」と言い出したので、G社長と2人して軽い混乱状態へ陥っていた。
俺が祝祭日を把握してない状況ならカレンダーを普段から見ないので珍しくもないのだが、今日はG社長まで見落としていたからアナウンサーの一言がなければ、明日に何も考えず出勤していた可能性さえある。
しかも、連休を把握しないままに明日の仕事に関する相談までしていたので、いきなり連休入りだと言われたので何事かと混乱したという流れだ。

休日である事を忘れていたものの、今週中に終わらせるべき案件を既に片付けていたので仕事に関する混乱は回避できたけれど、仕事が残っていた時を考えると背筋に冷たい汗を感じる。
明日のつもりでしていた相談も次に取り掛かる新しい案件に関してなので、週明けから着手するのでも問題なく回るのでよかったけれど、万が一の場合を考えると本当に危なかった。
やはり祝祭日くらい把握する癖を付けるべきだと思うのだが、カレンダーを必要とする場面がないので理由もなく見るという行為はどうしても習慣付けられない。

今週に関しては先週末にToda氏と金曜の祝日に関して、夕食会をどうするのかと相談していたので忘れ去っていただけに、衝撃が大きくなっていた。

暖かな 靴屋の跡地 唖然とす2017年11月03日 23時42分22秒

今日は金曜の祝日だけど週末となるので、Toda氏との昼食会が開かれる予定となっていた、
日中は上着を着ていたら暑いと感じるほどに暖かくて、窓から差し込む日射しが日向ぼっこのように心地良く感じられて、呼び起こされた眠気のせいで遅刻しそうになった。

昼食会の終わった後は満腹感と心地良い陽気の相乗効果で眠たかったけれど、久々の気持ちよく過ごせる休日を寝るだけに費やすのも勿体なく思えたので、自宅へ帰らずに買い物へ出掛けてきた。
数ヶ月前から靴の新調を考えていた事を思い出して向かっただけど、いつもの靴屋が更地に変えられていたので唖然とさせられた。
今回に潰れていた靴屋もその前に使っていた店の閉店を切っ掛けに辿り着いているので、近場で思い当たる範囲の靴屋が全滅した事となる。
デパート中にテナントとして入っている店ならあるのだけど、俺の探しているメーカーはあまり置いていないので、狭い売り場に置かれていると思えなかった。

そのために在りそうな地域を巡るというサイクリングと大差のない買い物となって、小さなショッピングモールの一角に靴屋を見つけたけれど、探しているメーカーは取り扱っていないようで使えなかった。
自社ブランドを中心とした陳列だったのだが、困った事に靴底へクッションを入れるなどされた厚底の靴ばかりで買えなかった。
俺は夜盲症の発動した状態で足の裏の感触が重要になるので、クッションの入っている靴は使えなくい。
折角の自社ブランドなのだから、色々なニーズへ応えた商品を取り扱ってもらいたいものだ。

左目が 白く曇って 頭痛まで2017年11月04日 21時16分38秒

今日は手術した左目の見え方が今までに経験した事のない状態となっていた。
簡単に言えば、視界の一部が眼鏡の曇りと勘違いするほどに白く濁ってしまい、白内障でないかと心配するも数分で正常化したかと思えば、再び白くなったりと散々だった。

朝10時から歯医者へ行ってきて、そのまま昨日の続きで靴屋探しに行くつもりだったのに、走り出して数分で左目の異常へ気付いて遠出できる状態にないと諦めて帰宅する羽目となった。
思い返してみれば、ここ数日に目の奥が痛む場面を多く経験している事も踏まえて、今回も視力の回復する過程で起きる変化の一つであると推測されるだけど、一見すると壊れたように見えて気が気でない。
一応は左の視界中央に見えていない部分が縮小している印象があるので、このまま悪化の一途を辿る事はないと思うのだけど良い気分ではない。

左目の状態に影響されたのか頭痛まで重なってきて、気力もなければ眠気ばかり沸き上がってくる始末で、今日は一日中に寝ていたような気さえするほど時間を無為に過ごしていた。

快晴に 靴屋を探し 当てもなく2017年11月05日 23時20分54秒

連休へ入る前は日曜だけ雨天になって寒くなるとの予報だったと記憶していたのに、蓋を開けてみれば快晴の空から降り注ぐ日射しで暖かい休日となっていた。
天気の良い日に引き籠もっていると夕方に後悔する事も多いし、昨日に靴屋探しは空振りに終わっていたので、今日は午前中から出掛けようと考えていたのに昼過ぎからの外出となった。

具体的に何をしていた訳でもなく、単純な怠け心からの出遅れというから情けない限りだけれど、左目の見え方が安定してきていても不安もあって気乗りしないのもまた事実だった。
それでも怠けていると外出する時に必要な見方を忘れそうなので、訓練の意味も含めての外出だと自分へ言い聞かせるのに時間が掛かった格好だ。

出掛けてみれば元より自転車で走り回るのが好きだっただけあって、ペダルを回して進む事に何の苦痛もなかった。
しかし、普段に走らない道へ入ってからは案の上に路面状態を確認するのに神経を磨り減らしつつ、靴屋がないかと確認する手間まで挟まってくるので想像以上に疲れた。
店の在りそうな場所を巡るという当てが在るのか無いのか分からない旅路は、暫く引き籠もってばかりで体力の衰えているので易々と熟せる行程でなかった。
どうにか帰宅するまで走り通せたけれど、目的だったはずの靴屋は影も形も見つけられないままだったというか、在ったはずの店舗まで消えていたので非常に嫌な予感がしている。

少し離れたデパートにテナントとして入っている事は確認できたけれど、駐輪料金がぼったくり価格なので行きたくても入れなくて、いっそのこと会社近くで購入する方が手っ取り早いのでないかと考え始めている。

提供の 根本が既に 腐り気味2017年11月06日 23時27分33秒

2ヶ月ほど前にAmazonの提供する認証システムを使っての開発案件があって、資料不足の中で四苦八苦しながら実装したのだが、どうにも上手く動いていないようで改修の手を加える運びとなった。
この認証システムは提供されるドキュメントがとにかく信用できなくて、少しでも凝ったことをやろうとしたら頭を抱える羽目となる点が良くない。
しかも、開発フォーラムで同様の問題に引っ掛かった先駆者の話を見つけても、少し古いと言うだけで使えなくなっている場合も珍しくなく、使わせる意志があるのか疑いたくなるほどに酷い状況にある。

それ故にもう触りたくないとさえ感じるほどに苦労させられて、上手く動作していないと聞かされた時は軽い絶望感を味わっていた。
しかも、問題の根幹がAmazon側のサーバに有るようなので、こちらとしては対応のしようがなくて唖然とするばかりだった。
ひとまず安定しているらしい方式へ切り替えて様子を見る事になったが、その別口を実装するための必要な機能を見つけるのに半日を要して、頭も目も痛くなって月曜から随分と消耗してしまっている。

客先の要望なので頑張るけれど、次の案件では別の方式を採用すると言い出しそうな予感しかしない。

運転に 便利を求む 愚かしさ2017年11月07日 23時51分58秒

最近になって自動ブレーキ搭載車のCMを多く見掛けるのだけど、運転手から運転免許を取り上げるべき場面ばかり紹介されていて、見ているだけで苛立ちを感じるほどになっている。
自動ブレーキは前の車両が急ブレーキを踏んだ時や飛び出しへの対応など、他者に起因する危険を回避する役割としているはずなのに、危険な運転でも大丈夫だと言い出している事が腹立たしい。

それに自動ブレーキは作動に関して条件があるので、危険な運転が習慣になっていた場合に大惨事を引き起こしかねない。
しかも、事故を起こした場合に最も安全な場所にいる人物が運転手であり、十数人を死傷させて起きながら加害者だけ無傷で済む場合さえある。
CMを見ていると、自動ブレーキが危険な運転を助長するように思えてならず、導入しない方が世のためになりそうだと思えてくる。

せめて、自動ブレーキが作動すると同時に警察へ通報する仕組みも同時に組み込み、ドライブレコーダーの映像を危険運転の証拠として送信して欲しい。
本来であれば、自動ブレーキの作動する状況は事故の際に限定されるはずだから、事故発生の通報が自動化されるに過ぎないのだから何の問題もないはずだ。

それにしても自動車メーカーが本来の役割を見失っている現状こそ、何よりも恐ろしくて腹立たしい。

頸椎を 伸ばしてやれば 良いらしい2017年11月08日 21時40分54秒

このところに首周りの凝りが酷くなっているのに、マッサージの効果が薄いというか根幹に触れていない印象で、すぐに悪い状態へ戻ってしまって難儀していた。
首を回せなくなる症状なら過去に経験しているのだが、今回は左右へ動かす分に問題ないけれど、後ろへ反らすと痺れるような痛みが走る状態となっていた。
過去に似たような痛みを感じた経験ならあるのだけど、ストレッチやマッサージといった普通の対応で収まっていたので、今回のような長引くパターンは初めてとなる。

今までが自然と改善していた凝り方なので原因を特に調べた事もなく、何処をマッサージやストレッチで解してやればよいのか試してみても、一時的に改善しても忘れた頃に戻っているので難航した。
1ヶ月近くも掛かった調査の末に、どうやら首が縮こまるか何かしているらしくて、頸椎を伸ばしていると良いと分かったけれど、首の牽引は一人でやろうとしたら難しい処置なので、どうしたものかと悩まされた。
素直に接骨院へ行くという手段も当然に有るのだけど、通院なら医療費の免除を受けられる地元で掛かりたい所だが、平日の通院はどう頑張っても無理があるから自力で何とかしたかった。

やりたい事としては首を締まらない形で引っ張りたくて、ロフトから垂らしたロープと頭を包む器具を組み合わせて、体重を利用した牽引などできないかと模索していたら、良さそうな健康器具へ辿り着いた。
首に巻いたチューブを膨らませる事で、下から持ち上げる格好で頸椎のストレッチを行う仕組みになっていて、首を吊る格好より随分と簡素な器具で目的を果たせそうだった。
近場で買えそうな店舗が見当たらなくて、できるだけ早く欲しいと通販で注文したのだけど、通販サイトからの発送でないせいか来週末の到着見込みとなっている。

敷き布団 勿体ないけど 買い換えか?2017年11月09日 22時27分13秒

敷き布団を購入した当初に裏表を逆にしていたせいなのか、半年ほど経過した時点から体重の掛かる部分ほど弾力が失われて、布団の上を歩いても分かるほど劣化していた。
それでも面布団よりは格段に良いし、蒸れにくい仕様も活きているので使い続けていたのだけど、ここ最近は劣化が更に進んでいるらしくて腰回りと頭の沈み方に差がありすぎて、上半身が軽く起き上がったような姿勢となりつつある。

この状態で枕を使うと、首が項垂れるような角度になって息苦しくなるので丸めたタオルで代用しているのだが、寝返りで横向きになった時の支えがなくて寝違えてしまう。
そのため寝返り回数が減っているのか、寝起きに全身の凝りを感じる朝が多いように感じられて困っている。
購入して間もない故に勿体ないと感じるけれど、健康に被害が出ているのであれば贅沢であっても買い換えを考えるべきだろうか。
もう少し様子見したいと思っていたけれど、どうにも悠長に構えている状況にないような気がしてきた。

首に関しては注文している器具で可動域が広がってくれたら、枕がなくても寝違えにくくなる可能性もあるけれど、体に合わない寝具を使い続ける事がストレスと成り得るので、品探しだけでも進めておいて良さそうに思える。
しかし、こんなにも早く買い換えることになるとは思っても見なくて、必要に迫られたと言っても調査不足だったと言わざる終えなくて、同じ轍を踏まないよう善処したい。

流行語 間違えだけど ノミネート2017年11月10日 23時36分18秒

昨今の流行語大賞は「流行してないのに流行語大賞」と小馬鹿にされていて、マスコミが気に入って多様化した言葉が選ばれる傾向が強くて、世間で流行した言葉と言えない状況が続いている。
俺はそんな状況もあって流行語大賞が好きでなくて初めて耳にする言葉が選ばれる事さえあって、何処で流行していたのか説明してほしいもんだと興味さえ持っていない。

そんな下らない流行語大賞の候補が発表されたのだけど、その中に安倍総理が国会で使用した事から広まった「忖度 (そんたく)」が入っていた。
この言葉が流行語大賞にノミネートされる事は予想に難くなかったのだけど、報道の中で真逆の間違った意味が辞書に載っている解釈かのように紹介していたので腹立たしい事この上なかった。
流行語大賞が言葉を大切に扱う精神の欠片でも持ち合わせていれば、流行こそしているけれど間違った意味の解釈で通っているため、これ以上に間違った用法が普及しないように候補から外す決定を下しているはずだ。
それができていない現状を見ると、消耗品のネタとして軽く見ているとしか思えなくて苛立つばかりだ。

ちなみに、忖度とは「他人の気持ちを推し量ること」が本来の意味であり、思いやっての行動に悪意や下心といった邪念の混じっていない事を示す。
安倍総理が最初に使用した際も下心のない行動であったと主張するために忖度という言葉が使ったのに、邪な心でしか会話のできない阿呆が真逆の意味を広めてしまい、間違えた用法が普及してしまっている現状だ。

その良くない状況に流行語大賞が再び間違った意味を広めようとしているわけで、大して面白くもないので流行語大賞そのものが消えてしまえば良いのと考えてしまう