免疫に 陰りの見える この寒気2017年10月05日 23時23分00秒

睡眠時間を増やしているのに体調不良から抜け出せなくて、足下を暖かくしていないと寒気に始まり虚脱感や鼻水に熱っぽさと具合の悪くなる一方だった。
足下を暖めておけば体調の安定こそ図れるのだけど、体調回復のフェーズへ移行するのか眠気が湧いてきてしまい、結局は仕事にならない状況へ陥っていく。

夜も眠気に任せて寝ているのだけど、睡眠時間に対して体調の回復ペースが遅い印象があって、三歩進んで二歩下がるといった調子でしか改善していない。
月曜に比べたら良くないっているだけど、仕事へ影響を及ぼす状態から抜け出せていないので、実感としては大して変わっていない印象しか受けない。
寝汗は今朝も酷かったので免疫活動が行われているようだけど、そもそも免疫力が低下しているのか成果の薄さに年齢の影響という言葉が脳裏を過ぎってゾッとする。

そして、今日は風呂上がりから脳裏に霞が掛かって思考の迷走が続いている。
何を考えるのも億劫という気分なので、早々に寝ようと思う。