無駄なのか 価値観次第 人による2017年10月01日 22時15分15秒

とあるアニメを鑑賞していると、ゲームを遊ぶ人と遊ばない人が議論を繰り広げていたのだけど、どうにも聞いていて納得に行かない部分が多くて少し苛ついていた。
コミックからのアニメ化された作品なので最終的な結論が既に用意されていて、その終着点へ辿り着くまでの過程として議論展開を構築したのだと想像できて、随分と浅はかな論調だと感じられた。
その中途半端な議論が最終回だったので、どうにも後腐れの大きな終わりとなったので視聴者として残念でならない。

ゲームの価格が高すぎるという話からゲームが無駄であると言われて、その意見へ対して色々と反論というか説得を繰り返していく展開だった。
しかしながら、ゲーム価格の高騰はゲームを構成する音楽や画像、3Dモデルやモーションといった要素の高品質化に伴う開発コストに由来する部分もある。
しかも、ゲーム機が最低基準とする品質を高く設計しすぎたせいで開発の難易度が上がってしまい、開発に掛かるコストが跳ね上がっている場合もあったりする。
そういった部分を説明するのではなく、ゲームが生活において無駄でないと説得する方向へ流れとなっていて、スタート時点から既に大きな疑問を抱えていた。

値段に関してはファッション性の高い衣類とゲーム価格を比較している場面があったのだけど、そこは「ファッションは生活必需品で、ゲームは必要じゃない」と言われてあっさりと引き下がっている。
これも価値観の問題もあるだろうけど、衣類が必要である事は認められても1枚数千円のTシャツが生活必需品であるとは思えない。
ファッション性を追求する事も1つの娯楽であって、お金を何処へ掛けるかの違いだけであって、衣類へ興味のない人間からすればTシャツなど3枚セット1千円で十分であり、それ以上は無駄金にしか見えない。
こういう議論もないまま、ファッションに興味のない人物まで衣類へ掛ける金額が無駄じゃないと納得していたので、行き着く先の答えが決められた茶番だと見えてしまった。

この手の議論は価値観の相違なので歩み寄りがない限りに決着しないため、無理矢理に結論へ向かわせるしかないのだと理解する反面で、もう少し上手くやってほしかったと残炎に思えた。

市販より 処方の方が 良く効いた2017年10月02日 23時20分36秒

今日は先週に日付を間違えて行き忘れた国立病院の眼科へ掛かってから出社する予定となっていた。
通院の主題は経過観察を兼ねた定期検診であり、前回からドライアイの治療という側面が強くなっていて、場違いな印象もあるのだけど症状毎に病院を切り替える暇はないので気にしない。

ドライアイは処方薬のジクアスなら涙の出過ぎで悩むレベルまで改善するのに対して、ドライアイ対策と銘打たれた市販の目薬ではその場凌ぎにしかならないと確認されている。
ジクアスを使い切ってから市販の目薬へ切り替えたのだけど、何時の間にやら涙の出過ぎで悩むことがなくなったばかりか、意図的な欠伸によって涙腺を刺激する真似さえ必要になっていた。
後半になって目薬の使用頻度を1時間ほどに狭める事で安定したけれど、そこまで行くとコストが掛かりすぎるので悩み所となっていた。

そのため、最初はお試しとして処方してもらったジクアスをメインにしたいと思っていて、医師に市販目薬の効き目が今一つ良くないと報告したところ、今回も処方箋を書いてもらえる事になった。
しかも、前回が4本だったのに10本もまとめて出してくれたので、下手すれば市販目薬と同じペースで使っても余りそうな量を出してもらえたので大助かりだ。

今回は毎回に行われる視力検査で目の霞が酷くて普段よりも結果が悪かったので、次回にドライアイが治っていたら視力に合われるはずで、良い結果となる見込みなので期待したい。

政局の 波風ばかり 立ち続け2017年10月03日 23時46分47秒

決められない東京都知事の立ち上げた政党との合流を目指すも、全員を受け容れるつもりはないと突っぱねられた民進党の一部が立憲民主党を結党して、野党の政局が大いに乱れている。
立憲民主党は略称を「民主党」とするらしく、「安倍政権を倒す」と馬鹿の一つ覚えをスローガンに掲げて、名実共にかつて民主党が再結成される格好となるようだ。

俺の記憶にある民主党政権と言えば、政権を取ってみたものの政権運営を知る党員がいないために「野党の方が楽だった」と言い出したり、何の見通しもなく掲げていた公約を果たせせずに「政権公約は守る必要がない」と言い出した政権だ。
しかも、最も大きかった政権公約が消費税の据え置きか減税だったのに、充てにしていた永田町の埋蔵金なる財源が何処にもないと知るや否や、即座に消費税増税を決定した出鱈目な英検だ。
更に言えば、与党側による審議拒否で審議時間を設けないままに採決する正真正銘の強行採決を繰り返した政権でもあり、何処をどう掘り返しても立憲主義を掲げる政党だとは思えない。

大々的に掲げている「安倍政権を倒す」というスローガンは、自分と意見の合わない政党を打倒して排除するとの意思表示に聞こえて、議論する気さえないのなら議会制民主主義を否定しているように思える。
これが立憲主義を守ろうとする人間の言葉なのかと疑問しか湧いてこない。

俺としては政策も何もない烏合の衆が奇妙な人気だけで台頭しそうな政局を掻き乱してくれたので、見事な足の引っ張り合いに安堵さえ覚えている現状なので文句こそない。
しかし、野党がこうも無能ばかりという状況が良いとも思っていなくて、今回の選挙で役立たずが一掃されて強制的な世代交代や入れ替えの起きる事を期待したい。

おねしょかと 間違うほどの 寝汗から2017年10月04日 23時41分50秒

今朝へ掛けての冷え込みが予報されていたにも関わらず、昨夜の就寝時に妙な暑さを感じてタオルケット1枚で眠れそうだと考えるほどだった。
しかし、ここ数日の体調を考えると体調不良から体感温度に狂いの生じている可能性が高くて、念のために合掛け布団を被ってみると胴体だけ熱くて、腕と足が冷えている状態だと確認できた。

普段ならタオルケットと合掛け布団のセットで寝ているのだけど、昨夜は体調の影響から暑苦しかったのでタオルケットを外しての就寝となった。
それでも暑くて寝付けない可能性を心配したのだけど、あっさりと眠りへ落ちての今朝を迎えた。
良く眠れて爽やかな朝だったなら良かったのだが、就寝までに色々と試していたから睡眠時間が足りていないのに、異様な量の寝汗による不快感で起きたので気分の悪い朝だった。
通気性のよい掛け布団と敷き布団を持ってしても不快に感じる寝汗は、寝小便を垂れたのと大差のない湿り方で寝間着が洗濯を脱水で止めたような状態だった。

そのまま冷え込んだ朝の空気に触れていると寒気のしてきそうなので、寝間着と肌着を新しく替えてみたら気分が少しばかり良くなった。
その後も寒気や風邪らしい不調と気温差の激しい天候に振り回される一日となって、どうにか体調を安定させようと努めながら過ごしていた。

帰りになっても熱っぽさなど残っている上に、会社へ忘れ物をしたりと意識の散漫さも目立っていて、依然として不調の中にあるので帰り道で事故を起こさないよう注意したい。

免疫に 陰りの見える この寒気2017年10月05日 23時23分00秒

睡眠時間を増やしているのに体調不良から抜け出せなくて、足下を暖かくしていないと寒気に始まり虚脱感や鼻水に熱っぽさと具合の悪くなる一方だった。
足下を暖めておけば体調の安定こそ図れるのだけど、体調回復のフェーズへ移行するのか眠気が湧いてきてしまい、結局は仕事にならない状況へ陥っていく。

夜も眠気に任せて寝ているのだけど、睡眠時間に対して体調の回復ペースが遅い印象があって、三歩進んで二歩下がるといった調子でしか改善していない。
月曜に比べたら良くないっているだけど、仕事へ影響を及ぼす状態から抜け出せていないので、実感としては大して変わっていない印象しか受けない。
寝汗は今朝も酷かったので免疫活動が行われているようだけど、そもそも免疫力が低下しているのか成果の薄さに年齢の影響という言葉が脳裏を過ぎってゾッとする。

そして、今日は風呂上がりから脳裏に霞が掛かって思考の迷走が続いている。
何を考えるのも億劫という気分なので、早々に寝ようと思う。

道しるべ 先が見えずに 迷うだけ2017年10月06日 23時26分29秒

決められない東京都知事によって結成された国政政党が衆院選公約として、3本の柱と希望への道しるべ12のゼロを発表したのだけど、何か色々と勘違いしているようで呆れる以外に反応の取りようがない。

12のゼロと評された公約の内に「満員電車ゼロ」があるのだけど、鉄道会社を国営化してからでないと始められない話である上に、そもそも実現したとして経済や国民生活に何のメリットがあるのか不明である。
もっと言ってしまえば、満員電車は日本全国で起きている問題でないばかりか、東京都心でも朝方と夕方のそれぞれ2時間にある通勤ラッシュ時間帯だけの話であり、鮨詰め状態に限ると更に短い時間帯となる。
そもそも時間帯を外せば鮨詰め状態の電車へ乗らずに済むので、話の根幹から見ても国政で取り組む必要性のある問題ではなくて、満員電車の何たるかを知らない阿呆が適当な事を口走っている風にしか見えない。

さらに待機児童ゼロ、電柱ゼロなど地方行政と混同している雰囲気の公約まで混じっていたり、花粉症ゼロと全くもって意味の分からない公約まで掲げられている。
もしかしたら、決められない都知事が花粉症の患者で効果覿面と噂のアレルギー抑制剤を国費で無料配布させようとか、私欲のために公約を掲げているのではないかと疑いたくなる話まである。
総じて言うなら、何を目的とした公約なのか向かう先が見えなくて、喜ぶ人が居そうな奇抜な言葉を並べただけの空虚な公約に思えてならない。

そもそも党員からも疑問の声が出て然るべき内容なので、党内でのコミュニケーションが全く働いていない状況が透けて見える。
12のゼロに隠蔽ゼロという項目が含まれているのだけど、公約制定の過程が隠蔽されているのではないかと思ってしまう。
何にしても、何処へ向かおうとしているのか分からなくて、決められない都知事の政党は衆議院選の始まる前に総崩れとなっても不思議じゃなくなってきた。

障害を 理解するなど 無理だから2017年10月07日 23時44分22秒

Twitterを眺めていると時折に、障害のある子供の親が投稿したらしい記事を目にするのだけど、「障害をもっと理科してほしい」という言葉が付け加えられてる。
この言葉が見る度に偽善者の作り話でないかと疑いたくなるほど嫌いで、俺が過敏なだけでなく普通の人も何かしら違和感を覚えていたら、真実を語っているのに蛇足な一言がある事から心へ響かなくなると心配になる。

障害をもっと理科してほしい。
この言葉は障害が理解できる前提で話しているから漏れる一言なのだが、障害者の一人として生きてきた中で思う事として、理解できた気になっている奴ほど迷惑な存在へなる傾向が強いと感じる。
例えば、障害者という単語に「害」が含まれていて差別的だから別の表現をすべきだと言い出す輩が居るけれど、その議論が進んでも障害者支援の向上へ繋がるわけでもなく、むしろ面倒臭いと煙たがられる要因となるデメリットにさえ成り得る。
要するに、障害者を理解しているだとか、見方だとか言い出す輩を全く信用できなくて、偽善者が何か明後日の方向で騒いでいるようにしか見えない。

Twitter上で見掛ける話は障害に由来する事情に対して、知らない人から何らしかの文句を言われて悲しい思いをしたので、障害をもっと理解してほしいといった流れになっている。
まず第一に感じる事として、現代人は周囲への関心が極端に低いので小言を言ってくる状況が既に疑わしい。
それに何よりも、健常者との感覚の違いを理解していれば仕方ない事と開き直っているはずだし、過去に呆れるほど言われて慣れていても不思議でないのに、目くじらを立てるという状況に呆れてしまう。

そもそもに「理解してほしい」と言っている時点で、言っている本人が理解できるはずのない事なのだと分かっていない。
車椅子や全盲といった体験できる障害者でさえも適切な支援を受けられていないのに、特殊な感覚を伴う障害へ対する理解を求めて実るはずがない。
体験できない障害を理解する事は家族であっても無理な話であり、その難しさは赤色を例えや比較のない文章で説明してみれば分かり易いだろう。

極端の話を言えば、俺の見ている赤色は他の人にとって青色として映っている可能性もあるのだけど、同じ部分を同じ色で呼ぶから「赤い」という言葉と認識を共有できている。
要するに、他人の感覚を把握する事は非常に難しくて、障害者を理解する事は同様の難易度を含んでいて、何よりも縁のない一般大衆に理解しろと言い出す事は実に馬鹿げている。

こういう難しさが分かっていれば、こういう事情もあると知ってほしいと思う事こそあれ、障害を理解してほしいなんて言い出すはずがない。
だから、理解してほしいなどと言い出すと偽善者による作り話と見えてしまうのだ。

刷り込まれ 深刻なのに 伝わらず2017年10月08日 21時55分48秒

2020年の東京オリンピックに関連して、東京ビックサイトをメディアセンターとして利用する計画となっていて、改修工事や開催期間中を含めて20ヶ月も長きに渡って閉鎖される。
この閉鎖に伴ってビックサイトを利用していた見本市や展示会が中止を余儀なくされて、大きな経済損失やイベント関連の仕事を請け負っていた会社が倒産する恐れがあると問題視されている。

この話は随分と前から聞かれていたのだけど、つい先日まで最大の同人即売会であるコミケが中止される事を主題として騒がれており、倒産の件も同人誌の印刷を請け負っていた印刷所を指していた。
コミケ関連だけの話として聞いた場合、年に2回しかないイベントで燃焼の殆どを得ていた印刷所が倒産するから助けようと言っているだけに思えて、話が随分と小さく見えて救済の必要性さえ感じられなくなる。
コミケに依存して年に2回しか働いていない印刷所の倒産と言われても、企業努力を怠った結果なので自業自得と切り捨てたくなる。
さらに、そこまでの大きな利益を得るまでの課程を妄想すると、小さな印刷所を食い潰してきた可能性など想像すると、どうにも助けるべき大勝であると思えなくなる。

ところが、詳しく話を見てみればコミケの影響など氷山の一角にすら入らない小さな話であり、それよりも見本市や展示会の設営や警備に当たっていた会社が受ける損害や、商談の場として活用されていた側面から考えても大きな損失だと知った。
状況の深刻さが分かってきたけど抗議デモなどの動きが遅すぎて、ビックサイトの閉鎖はコミケ中止の問題だと定着してしまって、重大な問題だと認識されなくなっているように思える。
俺自身も真相を知ってもなお重要視できないでいて、コミケの事で騒ぎすぎた故に深刻さが伝わらず、根本的な解決の妨げとなっているように感じる。

欲しい品 棚から消えて 捜索へ2017年10月09日 21時24分59秒

3連休の全てを寝て過ごすのも味気ないと思い立って、少しばかりの遠出となる買い物へ出掛けてきた。
遠出となる買い物は毎朝に飲んでいるドリップコーヒーの仕入れなのだが、別に専門店を目指すわけでなく自宅から6kmほど離れたスーパーまで行くだけだ。

欲しい商品は母親が生前に飲んでいたブランドで、メーカーからモカ・キリマンジェロ・スペシャルブレンドの3種類が出ているのに、数年前からキリジャンジェロだけ置かない店が出てきた。
そして、俺の欲しているブレンドはモカとキリマンジェロで、スペシャルブレンドだけ口に合わないという状況なので、何故にキリマンジェロだけ除け者にされるのか理解に苦しむ。
最悪の場合はモカブレンド一本にしてもよいのだけど、今までずっと日替わりで変化を付けているので同じ味の続くと物足りなさを感じて、わざわざ遠くのスーパーまで探し回って販売している店を見つけ出してきた。
今はそれが6km先のスーパーなのだけど、自宅近くに同じ系列の店舗が2つもあるだけに弱化の悔しさを感じながら買いへ行っている。

頻繁に買いへ行くのも面倒なのでまとめ買いしているのだが、前回に仕入れた在庫がなくなったので買いへ行ってきたわけだ。
直行すれば遠いと感じるほどの距離ではないのだが、立地の悪さから他の用事と一緒に片付けようと考え出したら、その瞬間から厄介な買い物と変わってくる。
今回は運動の意味も含めて出てきたので、敢えて遠回りするくらいの気持ちだったので苦もなく、昼食と散髪の寄り道を挟んで10kmほど走っての到達となった。

夏日が戻ってきて気温の高い日だったので汗を額に滲ませながら入店して、コーヒーの陳列棚へ直行するとあるべき位置に欲しい品が置かれていなくて愕然していた。
キリマンジェロが置かれていないだけならまだしも、ブランドから見当たらない状況は全くの予想外だったので軽く混乱して、まとめ買いサイズの棚に新しいパッケージがあると気付くまで随分と掛かった。
しかし、新しいパッケージはモカとスペシャルブレンドの2種類しか置かれていなくて、キリマンジェロが置かれてない状況も突き付けられて二重の衝撃を受けていた。

そこから再びスーパーを巡り歩く作業へ入ったのだけど、何処も新パッケージの2種類しか置かれていなくて、軽い絶望感を抱きながら無駄と思いながら入った店で、旧パッケージの3種類が安売りされていた。
恐らくは大量入荷した直後に新しいパッケージが出たので、在庫処分を始めている印象の安売りとなっていて、次に買いへ来たら売られていない気がしてならなかった。
そのため、普段よりも多めに買い溜めしてきたけれど、次がどうなるのか手近な店の入荷状況を確認して考えるとしよう。

それにしても平日の弁当に使っていた厚揚げ豆腐もなくなったし、俺の買っている物が次々と消えていく気がして、何とも言えない疎外感に苛まれる。

衣替え 済んだ矢先に 夏日だよ2017年10月10日 23時00分10秒

今日は3連休明けの火曜日で今週へ持ち越しとなった作業を思い出しながらの仕事となったのだけど、左目の見え方に邪魔されている上に右目も霞んでいたので読み辛い事この上なかった。
しかも、季節外れの夏日となって衣替えも済んだ時期に半袖を引っ張り出してきたので、どうにも落ち着かなくて体温調節に戸惑っていた部分もあったりと、色々な意味で集中力の持続しない一日となっていた。

そんな季節感の乱れた陽気の中で衆議院選挙の公示日を迎えたのだけど、朝のニュース番組を見ていても政策に関する話題よりも、決められない都知事が出馬するのかどうかを話題に取り上げていた。
野党陣営がまともな政策を提示していなくて、現政権を倒すと騒いでみたり奇抜なだけで実現性のない政策を広げたり、比較対象とならないので仕方ないのかも知れない。
野党を見ていると呆れる以外の感想が湧いてこなくて、こんな連中しか立候補しない状況で民主主義が成り立つのか疑問しか湧いてこない。

そう言いながらも自分が立候補しようとは微塵も思わないので、少ない選択肢の中から真っ当な候補者へ投票するしかないのだが、俺の地元は組織票で決まるから何ともやるせない気分になる。
こういう状況を見る度に現状の選挙制度は民主主義に則っていないと強く感じるのだけど、根本的な解決へ導く対応策も浮かばないので流される他にない。
せめて、組織票が馬鹿げた事しか叫ばない連中に流れない事を祈るばかりだ。