行き帰り 心配ばかり ゲーム会2017年08月19日 22時44分52秒

今日は午後から大学の同窓生が主催するゲーム会へ参加する予定となっていて、集合が正午12時45分なのだが12時から30分間に参加したいソシャゲのイベントが重なっていて、少しばかり面倒なスケジュールとなっていた。
移動の電車内から参戦する場合は通信環境が安定しない可能性もあるため、予定より到着時間を早めて集合場所からの参加するつもりでいたのに、時計を読み違えてから色々と失敗し続けてしまう。
集合に遅れると最悪のパターンこそ免れたけれど、それも当初に45分も早く到着するつもりだったから間に合っただけで、通常通りの予定を組んでいたらどうなっていたか分からない。

まず最初に寝起きで時計を読み違えた事から、朝食から昼食までの間隔を勘違いして食べ過ぎてしまい、食休みも多めに取っていたせいで大きく出遅れる結果へ繋がっていく。
さらに、予定していた電車を逃したら乗り継ぎの悪い時間帯に移動するはめとなり10分の遅れが30分にまで拡大し、イベントの開始直前に到着するはずが終了直後の到着となっていた。
イベントの終始を電車の中で過ごす格好となって、通信環境に不安を感じながらも無事に対戦できたので良かった。

ゲーム会はいつも通りに楽しく過ごせていて、新しいゲームとしてパターゴルフを遊んだのだけど、対戦しているはずなのに皆で相談しながら攻略する感じになって面白かった。
後半の方はゴルフなのかアクションパズルなのか分からないコースもあったけれど、初見で訳の分からない状況で遊ぶに良いゲームだったように感じる。

そして、帰り道は左右の車窓で景色が一変するような状況となっていて、北側が明るいのに対して南から分厚い雷雲が迫ってきて早々と夜のような暗さとなっていた。
雷による停電で電車の運転見合わせを警戒する心配もさることながら、傘を持ってきていないので濡れて帰るか否かなど悩み所が多すぎて、考える事を諦め掛けている状態だった。
しかし、2つ手前の駅で雷光が空の殆どを青白く染め上げる様子を目の当たりにして、腹に響くような雷鳴も体験したはずなのに最寄り駅を降りると小雨になっていた。

普通なら傘を差さずに出歩かない雨量だろうけど、濡れる事になれている俺にとっては大した雨量でなかったので、そのまま眼鏡の雨除けに帽子だけ被って突っ切ってきた。
小雨が僅かな時間だけの好機だと思ったので、駅のトイレへ立ち寄りたい気持ちさえ後回しにしたのだけど、この判断が大正解だったようで時民へ到着する300m手前から雨足が強まってきて、実質的に濡れたのはこの距離の間だけだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2017/08/19/8650814/tb