自分だけ 棚に上げての 語り口2017年04月25日 23時23分36秒

職場で流れていたラジオのニュース番組の中で、SNS上に広告収入を目的としたフェイクニュースが溢れていて、しっかりと裏取りしないと危ういと言った話題を取り上げられていた。
一見すると真面目に語っている印象を受けるのだけど、フェイクニュースがSNS上にしか流れていないと思わせる言い回しになっていて、自分等の事を棚に上げての会話となっていたから呆れるばかりだ。

新聞やテレビ、ラジオといったマスメディアは全く裏取りのしていないニュースを垂れ流すばかりか、異なる文脈から切り貼りして問題発言の捏造も繰り返していて、それこそフェイクニュースの原産地と言っても良い状況にある。
そんな元凶とも言えるラジオニュースがフェイクニュースの問題を他人事として語っているのだから新手のギャグにしか思えなかった。
それに裏取りしていない情報をスピード重視で垂れ流す行為は、インパクトンの強い記事を何も考えずに拡散する連中と何ら変わらない。
むしろ、SNS上では誤りや捏造を指摘する声も同様に流れてくるのに対して、マスメディアは何ら修正もしないまま話題の旬が過ぎると投げ捨ててしまうので、情報メディアの質としてはSNSの方が上位にあると言える。

マスメディアはSNSにも劣る情報源と成り下がった理由をしっかりと把握して、問題を改善しないと衰退する一方であると危機感を持つべきに思う。