急激な 気温変化で 風邪を引く2017年04月19日 23時30分01秒

体調が昨日の気温変動に付いて行けなかったらしく、今日は寝起きから気怠いと感じていたのが出社後に風邪へ発展してしまい、この時期としては珍しい4日連続の夏日と言われる日に厚着で過ごしていた。
暖かくしていたら症状が軽くなったけれど寒気をずっと感じていて、夜の帰宅時まで厚着のまま過ごしていて、時折に暑いと感じる場面もあったのに汗を殆ど掻いていないなど、不調を臭わせる部分が多く見受けられてゾッとしていた。

体調の思わしくなくて安静に過ごしている事を嘲笑うが如く、強烈な北風が入ってきて夏日と言われるほどの暖かい気温が急降下して、ようやく収まったと思っていた寒気がぶり返すなど散々だった。
強風はそのまま帰宅時間まで収まることがなくて、コート以外の防寒具も持ってきていたら楽だったはずだけど、ここまで体調が悪化すると考えていなかったし、気温が低下するのにしても冷房のような急降下とは予想していなかったので仕方ない。
せめてもの救いは強風地帯となる地元が仕事場の周辺に比べて穏やかで、吹く風も少しだけ暖かかったので体を冷やさずに帰宅できた。

昨夜も大して体を冷やした認識がなかったのに今日の状況があるので、明日も似たような状況へ陥るのでないかと心配している。