乱高下 気温変化で 頭痛まで2017年04月18日 23時43分21秒

今朝は長袖と半袖のどちらにするか迷う感じの暑いでも寒いでもない過ごしやすい室温となっていた。
昨日の予報で交通機関へ影響する程の強風と言われていたけれど、明け方を待たずに過ぎ去ったようで何の問題もなく通勤できたが、暖かい風の吹き始める時間帯も前倒しとなったので、通勤時間で既に上着が邪魔になる気温だった。

自転車を走らせている時は吹く風が少し冷めていたので心地良かったのだけど、電車内のエアコンが稼働していないために湿度も温度も高くて乗車した瞬間に眼鏡の曇る有様だった。
そんな感興で汗っかきが平然と過ごせるはずもなく、顔を汗で濡らしながら停車駅毎に開閉するドアから入る外気で涼を取りながらの通勤となった。

日中に掛けて気温が上昇していき、4月の観測史上で始めての3日連続の夏日という記録を打ち立てるほど暑くなっていった。
そのため、会社では早々と扇風機を回しながらの作業となって、おやつにアイスを買いへ行くなど初夏の生活サイクルで過ごしていた。

それだけならまだ良かったのだけど、日暮れと共に気温が10度近くまでさがって、上着を着ないと若干に肌寒いと感じる程度まで気温が低下していき、一日の間で10度も急上昇と急降下を経験させられて、現状は軽く頭痛がしている。
ここ数年で何度となく経験している気温の乱高下だけど、少しずつ変化の激しさが厳しくなっているように感じられる。