鍋に合う 寒さの中で 宴会を2017年04月01日 23時21分38秒

今日は午後からToda氏の自宅に同窓生が集まって豚しゃぶの鍋を突きながらの宴会の予定となっていて、召集の掛かった当初は鍋の時期として少し遅いのでないと言われていた。
しかしながら、木曜から真冬並みの寒さまで冷え込んでから今日まで気温の低い日々が続いており、予想外に鍋の美味しい季節感に包まれての宴会という流れになった。

季節感が鍋と合っている事は喜ばしいのだけれど、朝の冷え込みが厳しいという状況はとても喜べるものでなくて、早起きする理由がなかった事もあって朝9時まで熟睡していた。
ストーブの灯油を補充せずに来ているので、今更に給油するのも余った時に面倒だから暖かい布団の中で過ごしているつもりが、枕元まで持ち込んでいたタブレットが早々にバッテリー切れを起こして、やむなく起床する羽目となる。
昼に近くなって多少なり気温が上がっているものの、ストーブなしで過ごすのが辛いと感じる気温の中で午前中を過ごしていたので、寒さに耐えかねて少し早めに身支度を始める事となる。

自宅を早めに出てきたので待ち時間が発生すると見込んでいたのだけど、電車でくる面子が早めの電車で向かっている事から集合が前倒しとなっていたらしく、殆ど同時に集合という流れとなった。
そこから買い出しが始まっての宴会という流れはいつも通りの慣れたもので、今回は比較的に少なめの量としたので満腹で苦しくなった腹を抱えての帰宅という事態にならなかった。

宴会の途中で熟睡する面子も少なくて、その代わりに何かと議論めいた会話が多かったような印象を受ける。
良いようによっては会話が弾んでいたとなるのだけど、そこはかとなく新規プロジェクトの会議が開かれているような状況になっていて、技術者の集団といった雰囲気があって面白かった。
議題は雑談や世間話の中から拾われていて、運送業と通販サイトの関係や、JASRACが音楽教室などに著作権料を請求する方針についてなどの時事ネタが主だった。

話の傾向がどうであれ楽しい会話だった事に間違えなくて、良い息抜きになったと意気揚々に解散という運びとなったのだが、夜風の詰めただが身に染みる帰り道だった。
帰宅後も冷え切った自室で暖房を使わずに記事を打ち込んでいて、そろそろ限界と感じるレベルに手足が冷たくなってきた。
これが本当に4月の気温なのだろうか・・・

のんびりと 布団で過ごす はずなのに・・・?2017年04月02日 23時45分16秒

日中の気温は春らしさを取り戻してきたものの、朝方の冷え込みが4月と思えない厳しさになっているので、暖房の用意ができていない状況では布団から出たくなくて、寝床へタブレットを持ち込んで暖かくなるまで過ごしてしまう。
宴会の翌日は食べ過ぎの影響で動き回る気分にならない時が多くて、ここ数日の冷え込みも考えると布団から出ないだろうと予想して、昨夜の内から枕元へタブレットを持ち込んでいた。
しかし、昨日の宴会は食べ過ぎる事もなく終わった上に朝から晴れたおかげで暖かくて、正午まで動かないだろうと思っていたら10時頃から起き出す予想外の展開となる。

早い段階で布団から出ただけならゲームをやるだけなのだが、しっかりと空腹感も湧いてきたので堕落して過ごすつもりだったのに、着々と外出の準備が整っていく流れに戸惑いさえ覚えた。
今年の花粉症は薬が良く効いてくれて殆ど影響を受けていないので、花見ついでに出掛けてくるという選択肢もあったのだけど、現在の咲き具合はお世辞にも見頃と呼べる状態ではなかった。
今週の冷え込みがなければ咲いていたかも知れないけれど、人が布団から出られないように桜も蕾へ閉じこもったままとなっている。
折角に出掛ける状況ができているのに、外へ出る理由だけが伴っていなくて折角の機会が腐っていくようで、凄まじい損を被っているような気分になった。

折角だからと買い物ついでに出掛けてきたけれど、桜の咲き具合はまだまだ物足りなくて走り回る気分になれず、母親の仏前に飾る花と平日の弁当に使用する食材の買い込みだけして帰宅した。
帰宅した直後から喉に痛みを覚えるようになって、夜に掛けて順当に悪化の一途を辿り、食事中に塩分が染みるなど酷くなる一方だった。
発熱や咳といった症状もなくて、喉だけが荒れている状態で何がどうしたのか良く分からない。

ゆっくりと 不調の波が 広がって2017年04月03日 23時53分26秒

昨日の夕方から始まった喉の痛みは今朝になっても沈静化していなくて、それ以外に何の不調も感じないので通常通りに出勤した。
午前中は特に何とも無かったのだけれど、正午を過ぎた頃から頭が重たく思考も回らなくなってきて、気怠さまで感じるようになると仕事の手が動かなくなった。

発熱などの症状もなく喉の痛みばかり目立っている状況は相変わらずで、何が原因なのか分からないまま翻弄されている。
今年のインフルエンザは自覚しづらいとも聞いているので、もしかしたら感染している可能性を疑うのだけれど、それにしては症状が軽すぎる気がするので通院を躊躇っている。
明日も似たような状況にあるなら、朝一番に耳鼻科へ立ち寄る事も考えるべきだろうか。

このところは正体不明の不調が多くて悩まされているのだが、やはり歳の影響なのだろうか。

今日もまだ 静かな影が 離れない2017年04月04日 23時28分53秒

今日で左目の術後1年となるのだが、目のことよりも日曜から続く不調が気になって仕方ない。
喉の痛みは引いてきたので回復へ向かってくれると期待したいのだが、気怠さに関して言えば悪化した印象が強くて苦労している。
それでも回復へ向かっているように見えるので様子を見つつ、場合によっては週末を待たずに通院する事も検討するつもりだ。

今年のインフルエンザは症状が軽いと聞いているので、万が一の可能性を考慮しつつ観察しているけれど、さすがに軽すぎるとの見解となっている。
後は先月に松屋の新作メニューを食べている途中から腹痛になり、それから胃腸の調子が崩れたままとなっている事も懸念材料として挙げられる。
ここ数日に関しては空腹時に胃痛を感じているので、腸内で出血して貧血へ陥っている可能性など考えている。

何にしても不調をどうにかしたいのだけれど、原因の分からないままでは対処のしようもなく回復を待つのみとなっている。
明日は爽やかに目覚められることを切に願うばがりだ。

長かった 不調の峠 越えたかも2017年04月05日 23時01分15秒

今朝は凄い寝汗を掻いた状態で目覚めて、布団から出た直後に湿った体が冷やされていく感触に身震いしていたけれど、冷え込みが緩んでいたおかげで凍えるまで行かずに済んだ。
それでも背筋などに悪寒が走ったことは確かなので、その後は重ね着をして体を冷やさないよう注意していた。
不調の峠に寝汗を掻くことが多いので、日曜から続いている正体不明の体調不良も収束しそうな兆しが見えて、ようやっと一区切りが付くと期待しながら出勤した。

体調は期待した通りに快方へ向かっているけれど、長引いていただけあって一筋縄に片付かないようで、時折に酷い咳の出る場面もあった。
咳の大きさだけなら最も大きかった印象があるほどで、目に掛かる負荷から痛みが出たりと本調子には程遠かった。
ひとまず胃腸から動き出してくれたので分かり易く、このまま週末の予定へ影響しない程度で回復してほしいのだが、幾つかの病気を併発している事も考えられるので期待しないでおこう。


体調不良から脱しそうな予感に気分の良くしての帰り道、よりにもよって乗っていた電車で人身事故が起きてしまって車内で待たされている。
混雑しているからと冷房が掛かり始めたのだけど、体を冷やさないか心配しながらなので気苦労から精神的に疲れてきた。
これでぶり返しでもしたらどうしてくれようか。

真剣に 取り組む故に 耐えられず2017年04月06日 23時46分39秒

今日のニュースは復興大臣が会見の咳で記者に対して暴言を吐いたとの報道で盛り上がっていて、国会でも野党が辞任要求という馬鹿の一つ覚えを振りかざしていた。
この会見を見てみると大臣から怒鳴られた記者は7分も質問し続けており、一人で長々と問答を要求しながら「責任」という言葉を歪曲して解釈して、大臣を無責任だと中傷して起こらせている。
この会見場には他の記者もいたのだろうが、大臣を怒らせてくれたらネタにできるとでも思っているのか、長い質問を止めさせようとする動きが全く見られない。
司会役も同様だったようで、大臣は孤軍奮闘の末に無責任と中傷されて怒りを爆発させた流れとなる。

この復興大臣はアニメ柄のネクタイを着けている事があり、何事かと調べてみれば福岡の復興に協力しようと支社を建てたアニメ製作会社があり、そこへ訪問した際の贈り物を身に着けているとの事だ。
話によりと孫に笑われる事もあったそうだが、注目を集めて良い宣伝になるからと何度も着けているそうで、笑い物にされても復興の小さな手助けになるなら構わないとする姿勢は、本気で復興に取り組んでいるのだと窺える。
この本気で頑張っている大臣だからこそ、被災者に対して無責任だと中傷されて本気で怒ったのではなかろうか。

しかも、過去に何度も似たような騒動を繰り返して起こそうと衝突していたとの情報もあり、場を乱す事しか考えられない輩は排除すべきだと感じる。
曲がり間違っても1人の記者が会見で7分も質問し続ける状況などあっていいはずがない。
しかし、テレビやラジオは質問者の問題行動に触れていないのだから呆れてしまう。

有るはずの 歯抜けた本を 捜索へ2017年04月07日 23時07分25秒

明日は主催者の自宅で行われるオフ会へ参加する予定となっていて、毎回に何かしらコミックを持って行っているので今回もそのつもりでいた。
明日の午前中が慌ただしくなりそうなので前もって準備しておこうと考えたのだけど、持っていくつもりのコミックが1冊だけ歯抜けになっていて何処に埋もれているのか探していたら、何時の間にやら1時間もの時間が過ぎていた。
しかも、汗と共に体を冷やしてしまって下手をすれば風邪がぶり返しているかも知れず、何をやっているのかと呆れるばかりだ。

それだけして探し回ったのに目的のコミックは見つからず終いとなっていて、何処へやってしまったのかと首を傾げるばかりだ。
行方不明となっている前の巻を見ていると、知っている話への導入部で切れているので買っている事に間違えなくて、何処かに埋もれて存在しているはずなのだが、何処にあるのか検討も付かないという状況になっている。
なまじに持っている冊数が多いだけに、行方知れずとなったら探し出すのに苦労してしまう。
もう少し整理できたら良いのだけど、増え続けている状況では整理を繰り返していく他になくて、そこまでの気力が持たなくての現状なので改善はなかなか難しそうだ。

緩やかな 空気の中で 食っちゃ寝て2017年04月08日 23時31分49秒

今日は何度も参加している主催者の自宅で行われるオフ会へ行く予定があるのに、花粉症の薬がなくなりそうで耳鼻科へ行かねばならず、朝から慌ただしくなる見込みだった。
それなのにオフ会へ持っていくコミックが見つからずに夜更かししてしまい、起床からして予定よりも2時間も遅くて大慌てで耳鼻科へ向かう羽目となった。
耳鼻科でも予想より待ち時間が長くなってしまい、薬を受け取った時点で正午を過ぎていた上に朝食を抜いたので空腹に耐えられず、昼食を食べてから会場へ向かう格好となった。

海上へ到着すると先に到着していた参加者の1人が仕事の過渡期で疲労困憊らしく横になっていた。
所々で食べ物の匂いに釣られて起きては会話へ参加するも、大半の時間を寝て過ごしている状態に疲労度が窺い知れる。
寝ている人が居た影響なのかオフ会は全体的にゆったりとした雰囲気で、いつもに比べると濃い会話の回数が少なくてオフ会というより、友人の集まりで寛いでいる雰囲気になっていた。

前回の宅オフでフィギュアをポーズの参考にしたのだけど、写真だけでは無理のある態勢に見えると言われて、所有するモデルだったので持参した。
そのままニコニコ生放送のカメラ正面に鎮座してもらい、マスコットの如くにカメラ目線で立っていてもらったのだが、今一つ反応が薄かったので寂しかった。

そんなこんなで緩やかな雰囲気ながら、ゆったりと心を癒してもらってきた。

花見する 気分になれぬ あの姿2017年04月09日 21時46分39秒

金曜から地元の桜が見頃となっているのに薄暗い空模様が続いていて、今日に至っては花散らしの雨が降ったせいで桜並木を走ってみれば、路面がピンク色に染まり始めていた。
花が来週末まで保ってくれるとは思えないので、今年はまともに花見をしている暇がないまま終わりそうな予感がする。

平日に青空の覗く日がありそうな気もするのだけど、今年は出勤前に慌ただしく桜を撮影して回る気分になれそうにない。
あまり綺麗に咲き揃っていない事も原因の一つだけど、一部の桜が意図の分からない枝打ちで見窄らしい姿を晒しているため、その木を思い出すとどうにも気が削がれてしまう。

桜並木の細道を大型トラックが抜け道として通った際に桜の枝を何本も居ってしまい、随分と派手に枝を切り落とす羽目となった過去もあるのだけど、今回はそういった被害に遭っていた様子を確認していない。
それなのに枝と呼ぶには太すぎて、それこそ幹を切って太い枝が残されたとでも言い表した方が良さそうな切られ方で、一本の立派な桜が横に曲がって伸びる盆栽のような姿となっている。
何よりも川へ向かって倒れ込むような格好となっていて、花を付けていなければ強風に薙ぎ倒された朽ち木と間違われそうな格好のため、最初に気付いた時は絶句するほどの衝撃を受けた。

正直なところ、あんな無様な姿を晒すくらいなら根元から伐採した方が良いのではないかとさえ思える。

アルミ製 丈夫なケース 見つかった2017年04月10日 23時44分17秒

先週末に帰り支度を整えている時、うっかり遮光眼鏡の入った眼鏡ケースを置き忘れてしまった。
原因としては眼鏡ケースが黒色で焦げ茶色の机と同系色であるため、俺の目では識別できずに鞄へ入れた気になったせいだった。
以前にも似たことを繰り返していたので注意しているのだが、どうにも防ぎきれないので見えないという根本的な問題を解消したかった。
それと付属してきたケースは最近の流行物だそうで、横から見ると流線型で省スペース仕様の革製ケースとなっていて、荷物の詰まった鞄へ押し込むと潰れてそうな柔な作りで心許ない。

色の問題と強度の問題から眼鏡ケースの買い換えを検討して探してみると、BOXYというブランドがアルミ製の丈夫な眼鏡ケースを出していて、馴染みの店で取り扱っているようなので寄り道してきた。
色としては最も目立つシルバーが欲しかったに在庫切れ立ったが、明るめのグレーが残っていたので購入してきた。
通販サイトのレビューを見ると大きめの眼鏡では入らないと言われていたので、会計の前に試させてもらうと計ったかのような収まり具合だった。

丈夫さはプラスチック製よりも堅そうなので問題なさそうだし、それほど場所も取らないので満足できそうだ。
そもそもに小さくても荷物の隙間に入り込んで探しにくくなるだけなので、邪魔にならない程度に大きい方が持ち歩く場合に実用的だろう。
何にしても希望に合う品が見つかってくれて良かった。