ゆったりと 過ごす予定が 豹変す2016年07月01日 23時19分22秒

今日は午後から通院の予定が入っているために会社を休んでいて、のんびりとした平日になるはずだったのにトラブルが幾つも重なってしまい、出勤している時よりもよほど慌ただしい時間となっていた。

事の始まりは昨夜に父親が入浴しようと浴室へ入った時、窓に張り付いている大量の蜂を発見して、窓を開けた上でシャワーの熱で追い払ったらしい。
その結果として浴室内は水浸しの上に酷い湿度となっていて、数時間後に俺が帰宅した時点でも何事かと唖然とするほどの湿気が籠もっていた。
俺の帰宅した時点では蜂の気配などなかっただけに、後付けされた24時間風呂の機械が故障して水漏れでもしているのかと焦った。
もっとも蜂を追い払うために撒かれた水が埃やゴミと一緒に浴槽へ流れ込み、24時間風呂のフィルターを目詰まり寸前へ追い込んでいたりと酷い有様だった。

今朝になって1匹だけ蜂が入り込んでいるらしい羽音が聞こえるの姿が見えず、換気扇の中に居そうな印象だったので稼働させたまま放置しておいたら静かになった。
この時点になって父親から昨夜の状況を気化されたのだけど、その直後に24時間風呂の循環器が見た事のないエラーを出して停止してしまい、問い合わせてみると致命的な箇所に不具合が出ている可能性が高いとの事だった。
部品の在庫が少なくなっている事に加えて、修理費用も高く付きそうなのでいっそのこと買い換える方向となり、蜂が換気扇に巣くっている可能性に関しても業者を呼んだりする羽目となる。

こういう業者との遣り取りが幾つも重なってくると時間が一気に足りなくなって、仕事で修羅場を経験しているような慌ただしさに置かれて酷く疲れた。

風邪のため 宴席ながら 寝て過ごす2016年07月02日 22時45分20秒

昨夜は日中に慌ただしく動いていた気苦労もあってか普段よりも早い時間から眠気があったのだけど、湿度が高いせいで寝苦しくて窓を全開にしたまま寝ていたら朝方の冷え込みで体を冷やしてしまった。
そのため寝起きから寒気や鼻の愚図りといった風邪の症状に悩まされて、午後からToda氏の所に同窓生数名と集まる予定をキャンセルするか否かと悩む羽目となった。
朝方こそ冷え込んでいたけれど、日中は再び暑さが戻ってきた事もあって体調の悪化も見られず、Toda氏の所で行われる飲み会なら寝てしまっても問題ないので参加する事にした。

Toda氏の所へ集まる時は豚しゃぶや焼き肉といった何かを用意するのだけど、今回は前もっての呼び掛けがあった訳でない突発的な消臭だった事もあってパーティメニューがなく、普段と少しばかりノリの異なる宴会となった。
宴会の最中に流していた動画もまったりとしたアニメだったので、普段なら飲み食いに徹する場面の多い宴会から大きく異なり、アニメの雰囲気に飲まれたのか寝転がる面子が多かった。
俺に至っては風邪気味の影響もあって半分近く寝ていたような感じだったのだけど、扇風機の風が冷たすぎて悪化こそしないものの回復するでもなく、帰り際まで風邪の症状に悩まされ続ける羽目となった。

今はまだ 軽傷だけど 前もって2016年07月03日 22時32分11秒

金曜の通院では障害者低調を申請するべき病状なのか判断するために4種類の検査をまとめて受けてきた。
最初は視野の広さを調べる検査だったのだけど、用意された光なのか眼精疲労によるノイズなのか判断できなかったりして苦労させられた、
苦労こそしたものの検査員の人がこちらの見え方に合わせて予め見るべき光を確認させてくれたりと、最初に掛かった眼科院で受けた機械がランダムに発生させる光を見せられる方式より随分と楽だった。
機械がランダムに発生させるタイプは点滅が早過ぎたり、光が小さすぎたりと健常者を相手にしている印象の仕様となっていて、そもそも見せる気があるのかと疑いたくなるほどやりづらかった。

その後の検査は眼底撮影や網膜の厚さを検証するといった類いで、成されるがままにしているだけだったのだけど、電極を繋いだ状態で暗室に20分ほど閉じ込められる検査があったりと、検査室から解放されると2時間も経過していた。
これだけの検査を一気に受けるとさすがに疲れてくるわけで、久しぶりに何かジュースを飲みたいとか考える程度に消耗していた。

問題の検査結果は網膜色素変性症で確定となったのだけど、他の同じ病気で通院している患者に比べると軽傷で、進行具合が最も大きく出る視野の広さを見る限りは直ちに訓練を始めるべきレベルに達していないとの事だった。
細かい状態を聞いた限りでも子供の頃から自覚していた症状ばかりなので、ここ数年で悪化したという認識ではないのだけど、障害者手帳は申請して通りやすい病気らしく、運転免許を諦めている現状ではデメリットもないので申請する事になった。

迷走を 重ね重ねて くたくたに2016年07月04日 23時16分35秒

今日は仕事の慌ただしさからゲームに手を出せなくて、何やら新鮮な気分を味わいながら泡を吹いていた。
今は課金システムとの連携を行おうとしているのだけど、思うように行かなくて右往左往とさせられている状況で、通信先が細かなエラー情報を流してくれないので迷走している。
失敗しているにしても何の情報も与えられないのでは、思い付く限りの試行を繰り返すしかないのだけど、その内に何を試してどれがまだか分からなくなってくる。

バグがあったりと不具合を修正しながら進んでいるはずなのだけど、どうにも根底にある何かへ手の届いていない感じで先が見えず、軽く心の折れそう気分になりつつある。
どうも適当に生成してよいと思われたハッシュキーがあるのだけど、実は意味があるのでないかと疑われる所まで辿り着いて、そこの担当がG社長だったのでひとまず任せて帰ることになった。

修羅場から 抜ける見込みに 安堵する2016年07月05日 23時10分46秒

今日は猛暑日を記録した昨日から10度も最高気温が下がって、気温変動の大きさも手伝って肌寒いと感じられる陽気となった。
昨夜の内から気温の下がりそうな気配がしていたので、就寝時に冷え込みへ対応できる準備をしておいた事もあり、気温変動の割に風邪など引かずに済んでいる。
どちらかと言えば、暑苦しさから解放されたおかげで良く眠れたので、体調としては回復したくらいなのだけど、今日も仕事が辛くなりそうなので憂鬱な気分での目覚めとなっていた。

仕事に関する憂鬱さは当然のように現実となってくれて、今日も22時過ぎまで残業する羽目となったりと大変だった。
それでも何とか終わりの見える所まで持っていけて、何とか期日前に終わらせられそうな雰囲気となってきた。
明日に修羅場から脱している事を願いながらの帰り道となっている。

心に余裕が手着てきた事もあって放置していた事を色々と思い出して、ゲーム用PCの修理は早々に取り掛からなければ、Windows10への無償アップグレードの危険になってしまう。
そもそもに暑くなってからではインストール作業中に熱暴走しかねなくて、その他の諸々も含めて早急に着手せねばならないのだけど、面倒臭いと感じてしまう部分もあって憂鬱な気分に成ってくる。

修羅場から 抜けたばかりで 次が来る2016年07月06日 23時26分43秒

昨日で仕事で抱えている案件の難所を越えていた事もあり、今日はここ数日と比べるればゆったりと過ごせて、帰宅時間も早めにできている。
しかしながら、定時の間際になって別件の修正依頼が来てしまったので、明日は今日ほど余裕のある生活とならなさそうな雰囲気となった。
詳しく状況を見ていないので何とも言えないのだけど、先方の設定ミスが原因でなかった場合は厄介な事になりそうだ。

先週から手術した左目に痛みのある件について、国立病院の診察で眼精疲労の可能性を指摘された事もあり、できるだけ瞑って休めるように努めている。
その甲斐もあってか慢性的な痛みは弱まってきたのだけど、時折に痛激しくむ瞬間もあるので落ち着かない。
休めている左目を開いてから歪んだ見え方へ慣れるまでの数秒が、見えていないのと大差ない状態になるので悩ましい。
咄嗟の場面で左目の使えない状況が確定するので、危険地帯へ入る前に備えておかねばならなくて、気苦労の増えた憂鬱さに苦笑する他にない。

冷房で 風邪を引かされ 目も痛い2016年07月07日 23時36分12秒

どうにも昨日の通勤電車で冷房が効きすぎていた影響を受けたようで、帰宅する直前から感じていた寒気が悪化して、朝から鼻風邪を引いてしまって終日に気怠かった。
電車で体を冷やす羽目になると容易に想像できたので、長袖を着た上で弱冷房車へ乗ったにも関わらず、冷房風邪を引いた事実に溜め息しか出てこない。

元より汗っかきで冷房を苦手とする体質である事に違いなかったけれど、こうもあっさりと体調を崩してしまうのは情けない限りだ。
せめてもの救いは業務へ影響するほど酷くならなかった事で、修正依頼か少しばかり厄介な状況となるも乗り切れたので良かった。
問題は帰りの電車で再び体を冷やすのでないかとの心配だけど、電車に揺られている時点で寒気がし始めていて、良くないループにはまっている気がしてならない。

風邪の症状は殆ど鼻に集約しているのだけど、どうにも目に悪影響を及ぼしているらしくて、手術を受けた左目が痛んだりと軽傷ながらダメージは大きい。
どうにか過ごせているものの明日も今日と似たような状況になりそうで、既に憂鬱な気分になってしまっている。

たくさんの 汗を流して 回復へ2016年07月08日 23時46分08秒

昨日の冷房風邪は帰りの電車で冷風に晒された影響で悪化して、就寝する頃に寒気を感じる程度までぶり返していた。
寒気のおかげで厚着したままでも寝付けそうな雰囲気だったので、大量の寝汗へ備えての十分な水分を補給して就寝すると、思った以上に寝付きの良さを発揮してくれて、朝方までに体調を随分と回復させられた。

朝は少し冷え込み気味だったの厚着が丁度良かったのだけど、日が昇ってくると一気に温かくなって上着が邪魔になった。
暖かい方が風邪の病み上がりとして嬉しいのだけど、気温の上昇は電車の冷房がきつくなる危険性を高めるため、暑いか寒いかの秒な時間帯で通勤したかった。
そうは言っても朝の時間を簡単に調整できるわけもなく、普段通りの通勤時間に出て行くと理想に近しい気温だった。
電車の冷房も掛かり始めたばかりの緩さだったため、長袖で腕を保護してやれば冷えすぎる事もなく過ごせた。

仕事の方は病み上がりで体力が足りないのか眠気の多かったけれど、仕事が一段落した後だったので影響も少なくて済んでいた。
しかしながら、定時間際になって不具合報告か上がってきて、原因調査も修正も早かったのに確認で手間の掛かる部分だったため、退勤時刻が遅くなったのでToda氏との夕食会は中止となった。
しかし、残業してまで終わらせてきたのでゆっくりと心置きなく眠れるはずだ。

選挙戦 前日までも ひっそりと2016年07月09日 22時39分02秒

明日が参議院通常選挙の投票日なのだけど、俺の地元は組織票で殆ど決まってしまう状況なので選挙戦と呼べる動きが見えなくて、選挙ポスターを除けば候補者の名前を知る術さえない。
昨夜に候補者の一人が駅の入り口でビラ配りをしていたけれど、声を出していなかったので名前を知らないまま通過した状況なので、通行を邪魔しに来ただけにしか思えない有様だった。

夜22時を過ぎていたので拡声器を使えなかったにしても、支援者を含めて声を全く出さない姿勢はどう捕らえれば良いのだろうか。
俺の歪んだ目にはやる気こそ萎えているけれど、格好だけでも取り繕っておきたいので立っているだけに映った。
好感度の変化で言えば、拡声器で騒音をぶつけてくるより良いけれど、興味や関心を引くような何かを持たせるでもなく、目的が見えない分だけ薄気味悪さを感じてしまった。
もっとも好感度がマイナスだったとしても、名前をろくに確認できていないので投票へ全く影響しないのだけど、相変わらずの面白くない選挙に飽き飽きとしてしまう。

数年前までは応援演説が行われていたりしたのだけど、現状の野党は不甲斐なくて烏合の衆と言った印象が強すぎて、そもそも比較対象として良いのかどうかさえ危ぶまれる。
そもそも政党が何のために存在しているのか忘れている気さえして、この状況で投票する事に何の意味があるのかと考えてしまう。
それでも投票しないのであれば、政治に関して一切の文句を付ける権利を放棄する事になるためから投票しようと思うのだけど、選択肢の少なさに悩まされるという状況だけはどうにかしてもらいたい。

買い忘れ 帰宅直後に また出掛け2016年07月10日 23時53分24秒

ここ数日は昼夜の気温変動が激しい影響で風邪の症状と共に目覚める日々が続いていて、気温が昼へ近付くに連れて高くなると汗と一緒に不調が洗い流される感じで回復してくる。
平日と違うところは電車の冷房で体を冷やされる事もないので、回復し始めるとそのまま上り調子に復活していくので気楽に過ごせる。
願わくば、昼夜の気温差が収まってくれたら良いのだけど、その前に強すぎる電車の冷房を控えめにしてくれたら話がもっと早いのに、残念ながら弱冷房車に乗っていてもなお寒いのだから望み薄なのだろう。

午前中はこんなことを考えながら風邪の症状が治まるまで待っていて、回復した午後から参議院普通選挙の投票へ行ってきて、選択肢の少ない中から消去法で候補者を選んできた。
今回は何をやりたいのかハッキリとしている人が比例名簿に載っていたので、政党名でなく個人名で投票できただけマシだったと感じられる。
しかしながら、比例名簿を見ていると真っ当な大人が考えたと思えない政党名が幾つも並んでいて、日本の将来へ対する不安感を募らせながら投票所を後にした。

その後は投票所の近くにある店舗で昼食を食べてから買い物へ出掛けて、一回りしてから帰宅したところで、母親の仏前に飾る花を買い忘れていた事に気付いて、買い物袋の中身を冷蔵庫へ入れてから再び出掛ける羽目となった。
時間帯が夕方へ向かっている途中だったので日射しが目に痛くて、手術を受けた左目への負担が大きくて、買い忘れて帰宅した事を心の底から後悔しながら走行していた。