空腹を 堪えながらの 帰り道2016年05月27日 23時55分25秒

今日は社内環境で問題ないのに、本番環境へ持って行くと極端に動作が重くなる処理の緩和策に追われて、当初に予定していた作業が進まなくて残業する羽目となった。
予定分の作業はどのように開発するか決めてあったので、21時前に片付いたから良かったけれど、Toda氏との夕食会はキャンセルせざる終えなかった。
趣味の買い物は店の営業時間が23時まで延びたので立ち寄れて、後ろの予定がない分だけのんびりと買い物できたのだけど空腹感に勝てなかった。
腹が減ったからと切り上げてきたにも関わらず、何も考えずに歩いていたら普段の流れで電車へ乗ってしまい、結局は空腹を堪える羽目となっている。

入院の1週間ほど前から目の負担を掛けないために運動を控えてきたけれど、水曜の通院から解禁となった。
トレーニングメニューは簡易版を考えるのが面倒なので基本を変えず、本来なら3セットのところを1セットだけやってみた。
その結果は早い部位で翌朝から筋肉筒が始まっていて、その日の夕方までに二の腕から背中のほぼ全域と太股にまで広がっていた。
様々な筋肉を使うように工夫したメニューであったけど、その効果を実感来て良かった反面で仕事の忙しい時の筋肉痛は煩わしくもあった。