緊張の 糸が解かれて 緩みすぎ2016年05月21日 22時52分19秒

艦これの春イベントは昨日中に第6ステージの突破に成功していて、残る最終ステージは難易度毎の報酬に大した差が無いため、低い難易度で気楽に突破しようと考えている。
そのため、第6ステージが苦行を強いられる最後のステージとなり、そこを突破できた事で緊張の糸を解く事ができたので、昨夜は心を穏やかにしながら就寝できた。

ここ数日は艦これのイベントによる心労に加えて、仕事が軽く修羅場となっていた影響で眠りが浅くて寝不足の傾向が強かったので、今日は遅くまで寝ているつもりだった。
しかしながら、朝8時頃に目覚めると布団が寝汗で酷く湿っていて寝心地が悪かった事と、ここ数日の心労から解放された事で熟睡できたらしく二度寝できる気がしなかった。
そのため、寝心地の悪い布団に居残る理由が見つからずに起床する恰好となった。

それなりに気分良く目覚められた日に限って、手術した左目が周期的に繰り返される見えづらい見え方となっていた上に、右目が眼精疲労からか霞んでいたので文字を読むのさえ苦労する有様だった。
そのため、普段通りの事をやっているつもりなのに2倍から3倍の時間が掛かるという有様で、あっという間に午前中が終わってToda氏との昼食会へ出掛ける時刻となっていた。
その後も見え方が良くないせいで1つ1つの行動が間延びしてしまい、気付けば日が暮れる時刻となっていた。