無駄足を 踏んだ矢先に 揺れがきた2016年05月16日 23時34分53秒

スマフォのSDカードが完全に認識されなくなってしまい、いよいよ寿命がきたのだろうと諦めて帰りに代替え品を購入してきた。
古めの端末だけに新しめの大容量タイプを使えるはずもなく、希少性から価格が高騰している可能性も考えたけれど、幸いにして700円程度で見つかったので良かった。
しかしながら、新しいSDカードへ差し替えてみても認識されなくて、どうやら端末の方に問題があるようで完全な無駄足となってしまった。

今の端末は高い修理費を出すほどの愛着もないし、キャリアに対しても不信感しか抱いていない状況なので壊れたならキャリア変更を考えている。
もっとも他に何か良いところがあるわけでもなく、単純に面倒くさいという感情しか持てない現場が嫌になってくる。
いっそのこと固定電話と一体化してくれたら楽になるのでなかろうか。

無駄足を踏まされての帰り道、電車が発車しようとした所で緊急地震警報が鳴り始めた。
殆どの乗客の持つ携帯・スマフォが同時に鳴り出すので社内は警報で埋め尽くされた。
電車内での体感は震度3程度で5分後に運転再開となったけれど、久し振りな地震警報を聞いた気がする