来年は やるべき事が 増えそうだ2015年12月01日 23時52分35秒

いつの間にやら12月、今年も残すところ1ヶ月となっている今日この頃だけど、俺としては目立った感傷もなく奮わない体調のまま過ごしている。
来年は会社に変化が起きる予定なので不安もあるけれど、何とかなるだろうと深く考えないよう心掛けていている。
やるべき事をやるしかないのだから、深く考え込んだりしてとストレスを溜め込むだけで、何ら良い結果を及ぼすとも思えないから開き直るに限る。

疫病神と呼んで嫌う実姉が嫁いでから1年となるのだけど、数年に及んで刻みつけられた苦痛の日々は呪いのように染み着いて、未だに尾を引いているのだから困ったものだ。
それに疫病神の使っていた部屋は今もゴミ置き場のように片付かないままで、もう少しで約束の1年となるので処分していく予定だ。
その家庭で疫病神の記憶を抹消できたら良いのだけど、この呪いを簡単に排除できるのか疑問が残る。

せめて、帰宅する事への抵抗感だけでも薄れてくれたなら、睡眠時間などの生活リズムも改善するはずなので、少しでも早められるよう努力しよう。

治るかと 放置していた 目の病気2015年12月02日 23時45分31秒

今夏の健康診断で視力検査を受けていると、左目の視界だけ中央が歪んで見える症状に気付いた。
ネット上を調べてみるとストレス性の症状と出てきた事もあり、半年ほど放置してきたのだが改善の兆候が見えなくて、そろそろ病院へ行くべきかと考え始めた。
今まで眼科へ掛かった事がないので、病院探しという面倒なところから始めなければならず、どうにも億劫で先延ばしを繰り返している現状にある。

ひとます地元の大学病院と連携している医院を探したいのだけど、夏に軽く調べた限りでは総合病院ばかり引っ掛かってきて、億劫さに拍車を掛けられてしまった。
それに眼科のある総合病院も内科などへ掛かった際の印象が悪く、医者も日替わり当番制なので今一つ信頼できない雰囲気がある。
他に選択肢もないようなので行くしかないけれど、いっそのこと大学病院へ行ってしまおうかと悩んでもいる。

地元の大学病院は基本的に救急や手術を重視するので、外来を基本的に受けなけて、通常であれば紹介状を持参していくような病院となっている。
以前に食中毒をやらかした時に駆け込んだ経験があるけれど、朝一番に診察券を出すも午前の最後まで待たされる羽目となっていた。

ここ数日は目の痛みも感じられるようになったし、早々に動き出した方がよいのかも知れない。

滞納の 責任全て 本人に2015年12月03日 23時31分15秒

ここ最近に奨学金の返済を滞納している輩が急増しているばかりか、利率が重たいだの何だのと言い訳を並べて、返済義務の法規を正当化しようとする愚か者まで現れた。
さらに集めた記者の前で「学ぶために借金を背負わせる社会に、誰が明るい未来を期待できるのか」などと語る愚者まで居たらしく、ネット上では非難の的となっている。

寄せられる言葉と言えば「返せないなら最初から借りるな」「大学へ行かずに就職したら良かった」「借りた物は返せ」といった具合だ。
稀に養護する側の言葉も見掛けるのだけど、「貧しい家庭の子供は教育を受ける機会さえ与えられない社会に問題がある」と頓珍漢な事を言っている。
義務教育として9年間、さらに高校も無料化という話も出ている昨今において、教育の機会が与えられないとの物言いは有り得ない。

大学卒業は高き学歴を得るための贅沢であって、貧しいというなら諦めて就職の道を選ぶべきである。
学歴は後から取りに行くこともできるのだから、先に就職して自らの学費を工面してから挑戦したらよい。
そもそもに入学資格へ年齢制限を設けていないのだから、教育を受ける機会は常に開かれた状態にあると言える。
さらに言えば、貧しい家庭の子供へ教育の機会を与えるための制度が奨学金制度なわけで、その返済を滞納する行為は恩を仇で返す卑劣な所業であろう。

どうせ奨学金で入閣した後は禄に勉強もしないで遊び呆けた挙げ句、何の目標もないまま就職活動へ突入した末に失敗したため、収入が足りなくて返済できないのだろう。
奨学金で入学したのであれば、首席で卒業する程度の目標と意気込みを持つべきであり、そうすれは就職先も研究職を初めとして選択肢が幾つも出てきたに違いない。
擁するに怠けたツケが返済する時に重たく伸し掛かっているだけの話で、自業自得だと吐き捨てる以外の感情を持てない。

こういう輩のしわ寄せが後輩となる者達の足枷となるわけで、社会を破難している本人が状況を悪化させる張本人なのだから始末が悪い。
馬鹿げた事を宣っている暇があるなら血反吐を吐きながら働けと言いたい。

借りた物は返す。
結んだ契約は守る。
こんな常識すら知らない輩が、大学で何を学ぼうというのか。
身の程知らずにも程がある。

価値あれば 対価を払う 当たり前2015年12月04日 23時50分21秒

昨日の話題に出した奨学金の返済滞納者もそうだけど、価値ある物へ対して対価を支払う感覚のない輩が増えているように感じる。
ソーシャルゲームへの課金を馬鹿にしたり、違法ダウンロードを正当と主張しなりする者は当然として、必要以上に安値を追求する消費者や生活保護の不正受給者も同様に思える。
「ただより高いものはない」という言葉もあるように、無料であっても宣伝効果などの意味が隠されていたりして、何の価値もなく提供される物など存在しない。
その辺を理解していない輩が多くて、馬鹿げた主張を平然と並べ立てるから呆れてしまう。

一見すると無料に見えるサービスが溢れている現状から錯覚しているのだろうけど、その誤った認識が正されないまま成長してしまう社会を見ていると、それなりに苦労させないと有り難みが分からないのではなかろうか。
以前に問題となった給食費の滞納問題に関しても、子供に罪がないからと滞納している児童へも配給されていた事から返済の意思を示さず、そのまま卒業してしまう事例があった。
給食は1人分を数十円という価格で提供されていて、それなりに影響バランスも考えた献立も作られており、家庭では再現不可能な高水準のシステムとなっている。

その極限まで絞られた飛鷹さえも滞納、要するに無価値と言い張るのであれば、子供が可哀想だの何だと言わずに滞納者の子供だけ弁当を持参するよう言いつければ良かった。
毎日に弁当を用意する手間だけ考えても給食の価値を時間できるし、弁当代わりにコンビニを利用させても栄養の偏りなど問題になってくる。
そんな苦労を半年でも味わえば、給食費を滞納しよう等と思わなくなったのではなかろうか。

大学の奨学金も真面目に勉強していたなら、その教育へ対する感謝の気持ちが芽生えて、しっかりと返済していこうという気分になるのではなかろうか。
大学時代を遊び呆ける楽しい時間だとか思っている輩からすると、面白くもなく受け手すらいないのに授業料を取られて、その返済を求められる事が馬鹿らしくなっているのでなかろうか。
大学での生活が価値ある物であったなら、その場へ通わせてくれた奨学金への感謝から返済義務をしっかり果たそうとする心理が働きそうなものだ。

急激に 冷え込む朝の 難しさ2015年12月05日 22時21分41秒

布団の中に居ながら寒いと感じるほどに冷え込む朝も増えてきて、昨夜も敷き毛布を使うか否かで悩んでいたのだけど、深夜になっても日中の暖かさが室内に残っていて暖房を使わずに過ごせていたので、寝床の暑さを変えずに就寝した。
布団を暖かくし過ぎると寝汗が酷くなったり、蹴り飛ばした挙げ句に凍えて目覚める事もあるので控えたのだが、今朝は明け方から急激に冷え込んだ影響で寝床に居ながら凍えて目覚める羽目となった。
冷え込む前は若干に暑かったようで僅かながら寝汗を掻いていた影響もあり、体の芯まで冷やしたようで寝起き早々から熱っぽさなど風邪の症状が出ていた。

週末の朝から風邪を引くという嫌なパターンに陥った今朝だけど、昨日からデレステのスタミナ管理が肝となるイベントが始まっていたので、凍えたとはいえ早起きできた事を喜んでいたりもした。
もっとも風邪を引いている状態でプレイが安定するはずもなく、思うように動かない指に呆れながら奮闘する羽目となるも、リタイアせずにポイントを獲得できたので良かった。
そこから室温を上げながらPCに向かっていたのだけど、体調が時の経過と共に悪化していく様子を実感できたので、朝食を普段よりも多めにしつつ風邪薬も服用しておいた。

風邪薬が効いてきて鼻水や咳が落ち着いたところで歯科医へ向かったのだけど、ほんの一歩の出遅れから40分も待たされる羽目となった。
その上に2つ前の順番だった患者が当日分の診察が終わったところで、入れ歯が割れたとか何とか言い出した事から、診察台へ映ってからの待ち時間が倍増した。
結果的に歯科医だけで90分も掛かってしまい、風邪を引いた事を含めて運の悪さが目立っていると溜め息が漏れてきた。

そんな憂鬱な気分で向かったToda氏との昼食会へ向かう。
ホタテフライは通常なら貝柱のみなのだけど、今日は仕入れが良かったのか縁側付きの大ぶりなホタテが使われていて、久しぶりに見掛けたメニューに二人揃って同じ注文をした。
縁側付きのホタテフライは噛み切りづらい面もあるけれど、貝柱だけでは味わえない歯応えと味わい、何よりもボリューム感もあって縁側のある方が好きなのだが、ここ2年ほど見掛けなかったので上機嫌になった。

帰宅後は自室で過ごしていると不意に意識の途切れる場面が多くて、風邪気味の体調と満腹感による相乗効果かと思っていたのだけど、どうやら部屋を長く締め切っていた影響で酸欠気味だった判明する。
室温を犠牲にしながらの換気で随分と楽になったけれど、眠気の中で頑張っていたゲームは笑えないほどの運気が薄くて、7割の確率で引くはずの外れを30回以上も連続で外したりと散々だった。

目の疲労 あまりに酷く 不安がる2015年12月06日 23時10分47秒

今日は朝から酷い頭痛で溜め息を吐き出す気力さえ湧かなくて、寝起きからして既に満身創痍といった心境となっていた。
そんな心境でも義務感からデレステを起動したのだけど、連続で4曲をプレイさせられる仕様のイベントなので一気に体力を奪われた気分だった。
それから転た寝しながら艦これのデイリー任務を進めていたのだけど、どうにも目のかすみが酷くて姿勢が前屈みになりがちだった。
走行している間にデレステのスタミナが回復したのでイベントへ再び挑戦したのだけど、眼精疲労の酷さから視野の端がしっかりと見えない上に動体視力も低下していて、ミスを連発してリタイアへ追い込まれる散々な結果となった。

こまで眼精疲労が悪化した経験を持っていなくて、以前から視界の一部が歪んで見えている件もあって不安に駆られて、三発へ出掛けるついでにドラッグストアで高めの目薬を購入していた。
眼精疲労への効果があるとする飲み薬もあったけれど、腰痛などの含めた全身の疲労へ対する効能として含まれている格好だったので、集中的に治療したいからと目薬の方を選択した。
両方を買い揃える手段もあったのだけど、どちらも安い金額ではなかった上にどれほどの効果があるのか不明なので諦めた。
本来なら眼科へ掛かるべきなのだけど、歯医者で時間を取られると他の病院へ行けなくなるので現状では難しい。

その歯医者は年内に終わるかとの期待は絶望的に打ち砕かれつつある。
本来なら既に治療している歯の神経は全て取り除けているはずなのだけど、依然として冷水の凍みる感覚や噛み合わせによる痛みを感じていて、どうにもしぶとい神経があるらしくて次の段階へ進めていない。
今日も問題の歯が酷く痛んでいるので次も神経の除去に掛かり通しとなりそうで、そうなると年内に全ての治療が完了する見込みはなくなってくる。
せめて、体調へ影響しているらしい神経を不活性化する薬剤の使用が終わってほしいのだけど、それも来週以降となる見込みとなっている。

急激な 冷え込みようも はねのけて2015年12月07日 23時37分50秒

今朝は一段と厳しい冷え込みに襲われたけれど、布団の枚数を増やしておいたおかげで凍えることなく寝ていられた。
その分だけ寝起きの辛さが割り増しとなっていたけれど、デレステがイベント中なのでスタミナを無駄にしないためと、気合いを入れたら意外と素直に起きられた。

デレステの早朝プレイはレベルアップによるスタミナ回復もあって、寝起き早々から随分と頑張る羽目となったけれど、その分だけ順位を上げられた。
現状の位置なら第一目標の10万位以内は硬くて、次の5万位も十分に狙えそうな雰囲気にある。
今回はラストスパートを掛けられなくて、時間を掛けての地道なポイント稼ぎが物を言う仕様なので、俺は日中に自然回復するスタミナをフル活用できるので有利らしい。

ランダム選択となる指定曲を確実に物としていきたいのだけど、日曜に不調の中では失敗してしまう事もあると証明されている。
俺にとっては体調の維持がイベント攻略の要となるのだけど、今日の寒さは床から這い上がってくる感じで、暖房を掛けていても昼過ぎまで軽く凍えていた。
その影響なのか定時間際から熱っぽさが感じられるようになり、眠気が襲ってきたりと不穏な気配を漂わせている。
風邪に発展しないことを切に願うのだけど、帰りの電車で要らないウィルスなど押し付けられそうで怖い。

冷え込みは夕暮れからさらに厳しくなっていて、暖かい社内で掻いた汗が猛威を振るいそうな事も不安材料となる。
俺の体質によるところもあるのだろうけれど、もう少し外の空気を取り入れてほしいと思ってしまう。

風邪薬 飲むか否かで ちと迷う2015年12月08日 22時15分49秒

今日は昨日よりも冷え込んで寒気を感じながらの目覚めとなるも、気象時点はまだ風邪の症状が出ていなかったけれど、通勤途中に悪化しそうな危うさを抱えていた。
いやな予感を拭い去ろうにも最近の体調から考えれば、殆ど確信しているに近い状況となるので大人しく風邪薬を福吉手出掛けてきた。
この選択はやはり正しかったようで、玄関を開けてみれば手袋が必須なほどに冷え込んでいて、自転車を走らせると風の冷たさに寒気を覚えていた。
会社へ到着する頃は風邪薬が効いているはずなのに気怠くて、何もせず来ていたらどうなっていたのか考えたくなかった。

仕事場へ入るとT社員がマスクを着用していて、風邪を引いたとの事で珍しいこともあるものだと驚かされた。
T社員まで風邪を引くほどに急激な冷え込みだったのなら、俺のような不健康体が不調に見舞われても当然に思える。
その事も含めて風邪薬を服用してきて良かったと安堵していた。

日中は軽い眩暈など感じながらもふつうに過ごせていたのだけど、夕暮れ時に風邪薬の効果が薄れたのか気怠さが眠気へ転じて、軽く目の回る場面も経験しながらどうにか乗り切れた。
そんな披露した体での帰り道、電車内で無遠慮に咳をする老人が目立ったので、防衛のためにリュックへハントしも入ったままのマスクを引っ張り出した。
新品なのに臭いがしたりと気分の良くないマスクだけど、老人から何かしら感染させられても面白くないので我慢するほかになかった。

これで明日までに回復していてくれたなら良いのだけど、どうなるかは今夜の冷え込み次第かも知れない。

先送り できぬ事態に 陥った2015年12月09日 23時34分57秒

自宅の無線ルータは2年ほど前から沈黙する場面が増えてきて、今朝になって電源ランプさえ点灯しない有様となった。
電源プラグの接触不良まで確認してけれど、通電する状態でも安定しなくてルータ機能を発揮するまでに至らなかった。

最近は接続機器が増えてきた影響で性能的な限界も感じていて、既に新しいルータを購入してあるので大騒ぎする事態でこそない。
しかし、面倒臭さくて後回しにしていた作業を強要される状況は面白くなくて、事もなく片付いてくれる事を願いながらの帰り道となっている。
今回は今までと異なるメーカーのルータを選択している事も、入れ替えを後回しにしていた理由の1つとなっていて、ただでさえ苦手なネットワーク絡みの設定に今から頭が痛い。

せめてもの救いは体調が回復傾向にある事で、昨日に防衛のために電車内でマスクを着用していた事が良かったらしく、今朝は風邪などの症状に悩まされていない。
昨夜は帰宅してから父親のノートPCを弄っていて、冷たい床へ座り込むなどしていた事からも、今朝の不調を覚悟していただけに何事もなくて驚いていた。
やはり電車という密閉空間での混雑は何かとリスクか大きいのだろう。
そもそもインフルエンザと思しき症状が見受けられるのに、マスクすらせずに乗車してくる輩までいるのだから、自主的に防衛しないと常に体調を崩す結果となるのだろう。

なにはともあれ、面倒事は体調の良い時に片付けた方が良さそうだ。

夜更かしで 酷い寝不足 蝕まれ2015年12月10日 23時20分13秒

昨夜は帰宅してから壊れた無線ルータの交換作業を行っていたのだけど、何だかんだとあって深夜2時過ぎまで掛かってしまった。
しかも、歯磨きや入浴などの就寝準備を後回しにしていたので、寝床へ入ったのは深夜3時頃と大幅に遅れてしまい、今日は当然のように寝不足な朝となった。

体調を崩していなかった事が不幸中の幸いだったけれど、極度の値不足は下手な風邪よりも悪さする場合もあって、何かしている時に意識の飛んでいる場面が幾らかあったらしい。
気付けば時計の針が随分と回っていて、寝坊したわけでもないのに焦りを感じるほど出遅れて、ペダルを必死に踏まなければならない場面なのに力が入らなかった。
それどころか道中の記憶が薄い箇所まである始末で、夜更かしが体調へ及ぼすダメージを痛感させられる一日となった。

寝不足の影響は精神面にも波及していて、ただでさえ苛立っている時に電車の乗車待ちへ割り込もうとする阿呆が居て、顔面の原型が分からなくなるほどの怒りを覚えた。
その怒りの炎はそれこそ一日中に沈静化することがなくて、未だに思い出すと拳を堅く握り締めては仕留めておくべきだったかと考えている。
こちらが手を出しづらいと決め込んでの行為は、それこそ人を馬鹿にしているような態度に見えて、些細なルールさえ守れない阿呆が小馬鹿にしてくれるなと怒り心頭なのだ。
あの場で存分に躾ておくこそ社会貢献になりそうなもので、やはり原形の無くなるほどに殴っておくべきだったのかも知れない。

ここまで苛立ちを継続させてしまうのも寝不足の影響だと思うのだが、ここまで根に持ってしまうと怒りが邪魔して眠れなくなりそうだ。