年末へ 近付くほどに 気が滅入る2014年12月01日 22時26分33秒

いつの間にやら月日が流れて12月となっていて、今年も無気力から抜け出せないまま自己嫌悪の年末となりそうだ。
疫病神の存在する限りは精神的に落ち着くはずもなく、心の安定なくして諸々のバランスが取れるわけもないから仕方ない。
仕方ないと諦めて綺麗に割り切れたなら少し良くなった可能性もあるけど、俺はそんなに器用でないし、何より疫病神の愚行も留まる所を知らないのでどうしようもない。

こんな愚痴ばかり吐き続けている内は何ともならないと分かってもいるけど、毒を吐かずにどうにかする術と言われても、邪魔な疫病神を殴り飛ばすくらいしか思い付かない。
それで解決するなら何の躊躇いもなく、血の繋がりという薄っぺらい関係など切り捨ててやれるだけど、父親が望まないので我慢する他にない。
俺が出て行くという選択肢に関しても、父親の身を考えると取れない状況となっていて、百害あって一利なしの存在である疫病神を追い出す以外に手のない現状である
しかし、親の脛へしがみつきながら稼ぎを趣味に投じているクズが独り立ちするはずもなく、この絶望的な状況が何時まで続くのか苦悩するばかりだ。

疫病神の愚行の中でも最悪だった大掃除の時期が今年も近付いて、過去の怒りが再燃してきて苛ついてしまう。
何よりも再び同じ愚行が繰り返された時を何度も思考して、殴り殺す場面まで簡単に想像できるまでとなっている。
殺意すら持たずに条件反射の域で殴り飛ばすイメージが何時に現実と変わるのか、恐れる半面で楽しみにしている自分が存在する。

こんな調子で心の安定など夢のまた夢なのだろう。
今年も疫病神と呼んで嫌っている実姉が家を出ていく気配はない。

出社して 風邪を発症 ちょい辛い2014年12月02日 22時58分26秒

朝方は何の異常も感じていなかったのだけど、出社してから徐々に風邪の症状が現れ始めて悪化の一途を辿り、昼頃からグロッキー状態へ陥ってしまう有様だった。
グロッキー状態といっても程度としては軽い方で済んでいて、時折に意識の霞む場面に遭遇しながらも作業を進められていた。
症状の最も辛い時間帯は定時後からの1時間だった事もあって、体調不良の割に業務への影響が最小限となった事は幸いだったと言える。

風邪の原因は昨夜に細々とした掃除など行っている際に、汗を冷やしてしまった影響であろうと推察する。
入浴の前だったので風呂で暖まれば問題ないとの考えが甘かったか、自覚する以上に体の芯を冷やしたのだろう。

体調が落ち着くまで休んでから会社を出てきたので、順調に回復してくれたら明日に復活できそうなのだけど、今日は冷え込みが厳しくて帰り道で悪化させそうな予感がする。
防寒具は揃えてあるのだけど、元より最低限度の装備しかしないので心許ないと感じてしまうが、無い物ねだりをしても仕方ないので突っ切るしかない。

この国は 民主国家か 疑問だよ2014年12月03日 01時05分39秒

衆議院総選挙が告示された影響もあって、インターネット上でも選挙の話題が見受けられるようになった。
インターネットを積極的に活用する世代は比較的に若い事もあり、選挙へ行かないとする発言か多いかと思いきや、投票の意義について語っている発言が意外と多かった。

その中でも目立っていた発言としては「若い世代が投票へ行かないために高齢者福祉を重視した政策が大木なり、その結果がさらに若者の投票率を下げる」がある。
これに対して、年金において1人の若者が3人の老人を支えている状況から、全員が投票したとしても高齢者が3倍の票数を有しているとの指摘もあり、確かにそうだと納得すると同時に絶望感を覚えた。
既に破綻している年金制度を切り捨てようとしても、3倍という圧倒的な数と対立しなければならない事となり、現役世代が高齢者の尻拭いを押し付けられる現状の打開は本当に絶望的である。

こういう事を考えていくと投票する意味が分からなくなるけれど、それでも与えられた権利を放棄して、政治に文句を言う資格を失いたくない。
しかし、投票する候補者がいないという現状も困ってしまうわけで、この状況は民主主義に基づく選挙なのがと疑いたくなる。
候補者がいないなら自ら立候補するなり、擁立するなりの行動を起こせばよいのだけど、現状の政党政治では高い支持を受けた議員であっても1つの議席にしか成らず、巨大な政党に飲まれるか潰されてしまう。
この状況もまた民主主義と呼べるのか疑わしくて、政党という大きな意志による独裁政治でないかさえ思えてくる。

先に振れた年金も生活保護の制度も強制的に徴収して分配される状況だけみれば、共産主義の理念に近い構造となっている上に、一部の人間だけが得していて不平等なこと極まりない。
こうして考えてみると、本当に民主主義国家なのかと疑わしくなってきて、思うほどに悲しくなってしまうから困る。

逮捕時の 様子に対し 疑問あり2014年12月04日 23時27分27秒

今朝のニュースを見ていると、危険ドラッグを使用した男性が隣の部屋へ侵入して、寝ていた隣人の女性をナイフで切り付けるという事件が報道されていた。
被害者の通報により犯人は即日逮捕された後、病院へ移送される際の様子が放送されていたのだけど、異様に気分の高揚している様子が窺えて、気味の悪いと感じさせる異様な雰囲気となっていた。
幻覚作用のある薬物を使っているのだから正常であるはずもないけど、その異様な様子に対して伝えられた犯行の異常性にギャップがあるように思えた。

女性が鍵を掛け忘れていたとの事なので、部屋への侵入する所までは錯乱状態でも可能だろうと思えるのだけど、その後に台所から刃物を持ち出して寝ている女性の枕元へ立ち、異変に気付いた女性へ奇声を上げながら襲い掛かったとの事だ。
移送中の幼児退行でもしているような状態のまま、他人の部屋から刃物を持ち出して、異常性を被害者が確認するまで待機してから斬り掛かるという行動は冷静さを感じさせられる。
しかも、通報により駆け付けた警察官は自宅へ戻っていた犯人を発見して逮捕しており、他人の部屋へ侵入するような錯乱状態で帰宅するという発想へ至るのか疑問を感じる。

もしかしたら、危険ドラッグの影響で正常な判断のできる状態になかったとして減刑を求めて、犯行後に危険ドラッグを使用したのでないだろうか。
犯行当時は正常な状態で異常者の演技をしながら犯行へ及び、帰宅後に危険ドラッグを使用しながら警察の逮捕を待ったのでなかろうか。
こんな回りくどい事をする理由は良く分からないけど、どうにも放送された際の様子と犯行の詳細にギャップが気になって仕方ない。

寝違えた 首が痛くて 四苦八苦2014年12月05日 23時53分22秒

首を寝違えたらしく今朝から首の回せる範囲が極端に狭く、無理に動かそうとしても酷く痛んでしまう。
随分と派手に痛めてしまったらしくて、日常生活の中でも痛む場面が多々あるばかりか悪化する有様で、どうにか安定する姿勢を模索して気遣いながらの一日となった。

キーボードを打つにしても一苦労という有様で、普段の何倍も疲れる状況の中で四苦八苦させられて、昼休みに仮眠を欲するまでの疲労していた。
仕方ないので軽く寝ようかと思ったのだけど、どの姿勢でも句碑から激痛が走って寝付けなくて、半端な睡眠を重ねた影響で眠気が増大するばかりだった。
これで眠れなかった話が終わってくれたなら良かったのだけど、首からの痛みを無視させるほどの眠気に襲われて、3回ほど首に悪い姿勢で目覚めて苦悶する場面を経験した。

3回の睡魔で眠気が晴れてくれたから良かったけれど、あのまま続いていたら文字通りに身動き取れなくなっていたかも知れない。
ひとまず自転車を走らせられる程度まで回復してけれど、どうにもペットボトルから水を飲むのに苦労しそう状態なので、今週末はまともに動き回れないと覚悟した方が良さそうだ。

候補者の 声も聞けずに 投票か?2014年12月06日 23時47分22秒

前回の選挙では候補者の声が一度も聞かれないまま投票日を迎えて、名前と顔写真に政党名が記載されただけのポスターを見ただけ投票する事となり、自分の票が軽視されているようで不愉快な思いをした。
平日に仕事で地元から離れているため、候補者の声を聞く機会は休日の今日と明日しかないのに、広報車の1つも見掛ける事もなく夜となっていて、この調子だと今回もポスターだけで判断させられる羽目となりそうだ。
一票の格差に関する問題もさることながら、候補者の立候補した者として最低限度に果たすべき誠意が欠落している状況も改善してほしくて、現状のままでは形ばかりの民主主義に見えて仕方ない。

今回の選挙ポスターは少しだけ主張が記載されていて、「集団的自衛権は戦争を引き起こす悪報である」と書かれたポスターがあったので、1人だけ候補から外せただけでも良い方だろうか。
その1人を外すと残る候補者が2人となるので、ある意味では選びやすくなったとも言えるのだけど、以前は10人近く出馬する選挙区だったはずなのに、今では多くても6人と落ち込んでいる状況も含めて溜め息しか出てこない。
何度も言ってしまうけれど、有権者を馬鹿にしているのかと言いたくなる状況に愛想が尽きそうだ。

現在の増税しなければ財政破綻すると言っている現状で、悪いと最悪のどちらかを選べと言われているような選挙を行うことに意味があるのだろうか。
もっとも財政破綻に関しては国内向けに言っている事で、対外的には財政の持ち直しと安定を宣言しているし、選挙を繰り返す余裕がある状況から見ても、増税の必要性はないのかも知れない。
そういう発想へ至っていると、経済政策の是非を云々と言っている今回の選挙に対して更なる疑念を抱いてしまう。

風邪らしく 自室へ籠もり ウトウトと2014年12月07日 22時41分06秒

今日も寝起きの悪さから昼近くまで寝ていた事もあり、起床した時点で室温が16度と比較的に高めとなっていたので、暖房を使わずにPCへ向かっていたのが障ったらしく、昼食を食べ終わった頃から何やら寒気がし始めた。
正確に言えば、昼食の納豆うどんで体を温めたはずが手先ばかりか背筋も冷たいままで、そこまで冷え込んでいないのに妙だと思い始めてみれば、目の充血や鼻の愚図りといった症状に気付いて、寒気がしているのだと自覚するに至った。
寝起きの悪さも体調不良による影響という可能性もあるのだけど、室温16度が低かった可能性は捨てきれなくて、日曜の休日は弾き始めた風邪を治すために養生するだけで終わってしまった。

そんな状態もあって一日中に自宅で過ごしていたのだけど、ただの一度も選挙に関わる動きを感じるのないまま夕暮れとなって、来週に週銀総選挙があるという実感が湧いてこない。
恐らくは駅前まで出て行けば演説しているのかも知れないけれど、有権者の方から動かなければ何一つとして見えてこない状況というのも妙だと感じる。
今はインターネットなどで情報収集が行えるので、真面目に取り組もうというなら調べようもあるのだろうけど、演説と文面では伝わる物に大きな違いがあるわけで、候補者は積極的に行動してほしいものだ。

被害者に 矛先向ける 愚か者2014年12月08日 22時46分49秒

カップやきそば「ペヤング」に異物が混入していたとして、写真がTwitter上へ投稿された事から始まった騒動が続いている。
保健所も通報から監査が入った結果、製造工程での混入を完全に否定できないとの判断されて、製造メーカーへ対して自主回収を指導する事態となった。
製造メーカーは異物が混入するはずがないと主張を変えないまま、消費者の不安を取り除くためという名目から、異物が混入したとされる製造日の限定しての自主回収を発表した。

この騒動に関して、異物の混入していたと投稿した被害者へ対して、騒動を無闇に拡散すべきでなかったと非難する輩が出没しているらしい。
騒ぎを大きくした事が罪だと言っているのだけど、それは説得力のある説明ができながった製造メーカーに原因も責任もあるわけで、被害者に対して非難の声が向けるという行為はお門違いだろう。
製造メーカーのHPに工場の様子を写した写真が掲載されており、清潔感の高さから異物の混入が何かの間違えだと信じられたら良かったのだが、実際は真逆の感想しか持てなかった故に買い控えを宣言する人が大多数を占める結果となる。
この工場内の様子1つを取ってみても、保健所の監査による報告を見ても、食品製造メーカーとして清潔感をアピールできなかった事に根本的な問題が存在する。

俺が工場内の写真を見てみた際の感想も良くなくて、設備が全体的に古めかしい印象で衛生的な環境と呼べるように見えなかったし、何処かの町工場と言われても信じそうだった。
食品工場としての清潔感に欠けることは保健所の監査でも指摘されてされており、騒動を起こしたのも大きくしたのもメーカーの責任であり、何処まで行っても被害者は被害者でしかない。 

被害者を避難する者が居るとするなら、製造や販売に関わる人物ではなかろうか。
第一被害者を悪者へ仕立て上げることで、商品イメージを回復させたいという浅はかな考えと辻褄が合ってくるように感じる。

音漏れは どうしてこうも 不快かな2014年12月09日 23時24分35秒

イヤホンからの音漏れはどうにも不快で我慢ならない。
好きなジャンルの曲でない場合が殆どだからというだけでなく、一部分だけが漏れてくるので音楽として成立しておらず、耳障りという印象しか与えないのだろう。
全ての音が漏れる大音量を垂れ流している輩もいるけど、それはそれで音楽を押し付けられている気分になるので面白くない。

好きなジャンルか否かに加えて、聞きたい気分であるかどうかも楽しめるかを決める要素であり、音楽を自分勝手に押し付けて良い道理などない。
そんなに何かの音を聞いていたいというなら、電車の走行音でも聞いていればよいだろう。
走行音なんて雑音は聞きたくないと言うのだろうが、イヤホンから漏れてくる音は電車の音にも劣る騒音でしかない。
走行音を拒否するような輩が他人に騒音を押し付けてよい道理はなく、節度を持った音量でタノシむか諦めるかしてもらいたい。

電車の走行音もリズムを刻んでいるので、何気なく聞いていると眠くなってくる所があって、これは即ちリラックス効果がある証拠でなかろうか。
雑音と決めつけるから不快に思うだけで、意外と心地よく聞いていられるかも知れない。

沈黙が まともに見えて 困り顔2014年12月10日 22時31分16秒

俺の選挙区から日曜に行われる衆議院選挙へ出馬した候補者は3人だけとなりそうで、誰の講演も広報車も見掛けてない状況が続いている。
選挙ポスターしか情報を得られてない状況なのだが、その僅かな主張も非常に困った内容となっていて、目立った事を何も書いていない候補者が最もまともに見える有様だ。
以前にも記事で書いたように、1人目は「集団的自衛権は戦争の引き金となるので行使すべきでない」と主張しており、物事を正確に把握する能力が欠けているか、他者を非難する事でしかできない人物と見受けられるたので論外だ。

2人目は「景気回復にはこの道しかない」と書いてあるけど、その手法に関しては何も書かれていなくて、増税か減税か軽減税率の導入か何なのか分からない上に、何かを盲目的に信じている口調なので恐ろしさを感じる。
経済は生き物であると言われるほど変化が激しくて、世界経済も不安定な状況から方針転換も必要な場合も考えられて、盲目的に何かを突き進めようとする姿勢に恐怖を覚えてしまう。
しかも、先述の通りに具体的な方針が全く示されていない事を踏まえると、何をしでかそうとしているのか全く読めなくて恐怖心と不信感ばかり増大していく。

政策について何も言わない方が真っ当に見えるという状況に呆れるしかなくて、これこそまさに悪いか最悪かを選ぶ選挙と言い表したくなってしまう。
ここから状況が打開されるとも思えなくて、ここまで何処へ投票するかで困らされる選挙を実施する必要があったのかと疑問を感じる。