無駄吠えで 奈落の底へ 落とされた2014年09月08日 22時12分38秒

今週末に父親がレバーを仕入れてくれた事で貧血から脱脂して、月曜の割に気分良く出勤できていた。
このまま調子よく時間が過ぎていくかと思っていたら、午後になって社長の飼い犬ユウ君が郵便配達員に反応して、制止の怒声も聞かずに酷い無駄吠えを繰り返した。
ユウ君は2階のベランダに居て、俺はその真下にある部屋で仕事をしており、周囲の家と間隔が狭い影響もあって真横で吠えているのと大差ない状況だった。

そのダメージは数秒後の耳からの鈍痛となった現れて、それがら全ての音が深いに感じられる状況へ陥っている。
三半規管への影響は痛みの割に小さくて済んでいるけど、真っ直ぐに立っているだけでもバランスを取り続ける必要があり、気を抜くて倒れしまうだろう。
このままでは自転車へ乗るのも怖いし、電車の走行音も不快で気が滅入りそうになっている。

調子の良い所から奈落へ落とされた気分で、社長には悪いけれどユウ君へ対して殺意を覚えるほどに苛ついている。